カウンター アクセスカウンター 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

令和日本の行方 

fuji hinode 2020

bard-Lin

 ≪転載 始≫ 
令和日本の行方

 日本・中国・韓国のカオス

中国の古代史を書いている途中で、長らく筆を休めていました。
日本をめぐる国際情勢は、相変わらずカオスです。
EU情勢はイギリスのブレグジット問題のせいで先行き不明ですし、アメリカの財政ひっ迫も好転する様子は伺えません。ロシア情勢も相変わらず不透明です。

日本の近隣に目を向けて見ますと、中国は、習近平総書記が独裁体制を強化しようと躍起です。
「一帯一路」を「旗印」にして、世界制覇を構想しているわけです。
中国は、今やアメリカと競い合う「世界の二大覇権国」となりました。   
これに対して、欧米がどの様に対応してゆくつもりなのか、五里霧中です。どちらが覇権をとるにしても、日本は今以上に、両国の熾烈な応酬に翻弄されることは必至です。


韓国の文在寅大統領は、日本を敵視する以外には、国をまとめる方法が無いと見えて、日本をだしにして、中国的独裁体制を作ろうと猪突猛進しています。

日本の安倍・麻生体制も殆ど独裁体制の様相を示しています。
この独裁体制は、日本国民にとって良い方に向かうでしょうか。

ほとんどの国民は、この体制での前途を悲観しています。なぜなら、此の両巨頭は、庶民の生活の実情や苦労などとは無縁の世界で生きている方々だからです。では、この安倍・麻生体制よりマシな人材が得られるかというと、それも、全く期待できないので、、わたくしは、閉塞感で打ちひしがれています。
(katakuri注:現実を見ると本当に閉塞感でいっぱいになりますね。)

令和」時代
令和の時代が今年2019年5月1日から始まりました。

「令和時代とは」を予測してみますと、
これは、日本にとって、「零」か「和」かの両極端に曝される時代だと言えます。
つまり、日本民族は、第二次世界大戦前夜のような、「四面楚歌」「背水の陣」に再び立つであろうということです。

現代の日本人の知恵を総結集しても、この窮地を逃れる術は「零と断言できます。

なぜ、このようなことを断言できるかと言うと、「預言者たちがそのように預言している」からです。
「預言者は、そのようなことを見通しているから預言している」のであって、国民が自分たちで解決できるのであれば、預言と言う助言は必要ではないのです。

アメリカやイスラエルが、預言を利用して国を運営していることは明らかです。

トランプ米大統領が5月21日から26日まで、任後初の外遊でサウジアラビア、イスラエル、バチカンなど中東・欧州を歴訪したことなどもその一環です。
参照: ↓
 私の過去ブログ 


日本が自力で「零になるという窮地を逃れうるか」を知るためには、
いくつかの前提を把握していなければなりません。

1、欧米イスラエルの「預言利用」の実態と日本の関係を知ること。
2、欧米イスラエルの「預言利用」と現今の日本の指導者との関係を知ること。
3、「預言の本質」をしること。
  
この、三者を知ることから始めなければなりません。


まず、現今の日本の指導者、つまり、「安倍・麻生体制」とは、すでに、75年も昔に「計画されていた」「吉田学校」の目指していた体制のことであることを知る必要があります
次に、「安倍・麻生」両氏の宗教を知る必要があります

そこで、まず、「安倍・麻生体制」とはから、書きはじめてみます。

「吉田学校」は日本を制覇

ウィキペディア(Wikipedia)より引用してみます。
吉田学校(よしだがっこう)は、吉田茂(麻生元首相の祖父)が自らの政治基盤を支え、後身を育てるために集められた国会議員のグループを指す。
吉田と同じ官僚出身が多数を占め、吉田学校出身者の多くは吉田の引退後も戦後日本を牽引した。のちに首相となった池田勇人や佐藤栄作らが代表例である。
ウィキペディア(Wikipedia)には、吉田学校のメンバーがずらっと載っていますので参照してください。
Wikipedia 

わたくしは、偶然にも赤坂プリンスホテルの旧館二階に出来た「十日会」という岸信介氏の派閥事務所に勤めていました。
安倍晋三氏の祖父にあたる方の事務所です。
山口県出身者や縁故で採用すると、よけいな摩擦が起こるので、「他の代議士が新聞広告で秘書募集した中から、第二第三候補を見繕って寄こしてもらう」、といったおおざっぱな採用事情によって私が採用されたのでした。
岸信介氏の個人事務所は、日石ビルにありましたが、そこへは、一度も行ったことがありません。

岸派の派閥事務所「十日会」は、その後、福田赳夫氏に赤坂プリンスホテル旧館2階の事務所ごと委譲されて、「党風刷新連盟」と名を替えましたが、そのとき、岸信介氏のこの措置を不服とした川島正二郎氏が、ただちに、派閥の半数以上?を率き連れて、御堀端のパレスホテルに分封されましたので、一時は、「東風刷新連盟」は、閑古鳥というありさまの時もありました。

しかし、さまざまな選挙(総裁公選 衆参議員選挙 都知事選挙 県会議員選挙・・・・)のたびに、福田赳夫氏の「東風刷新連盟」の方が、じりじりと勢力が増してきました。それは、「財力」の差であろうと思いました。福田赳夫氏の財力ではありません。
岸信介氏の財力です。
何から何まで桁外れのように思いました。 

赤坂プリンスホテルの別館が、佐藤栄作氏の総裁公選のための記者対応会場になったりしましたので、自派の代議士さんばかりではなく、他派の代議士さんも、「お金」をもらいに派閥事務所に来訪されました。渡すのは「小切手」などではなく、全て、現ナマでした。
代議士さんの中には、「ワシは、この派閥に属すつもりはないが、くれるというものは貰って行く。」とか、「なんだ、田中角栄のほうが気前がいいじゃないか」とか話す先生もおられました。
今だったら、隠しカメラや録音機が大活動したでしょうね。

第二は、人事です。
大臣、政務次官、国会議員、県会議員、等々のポスト・・・から、叙勲にいたるまで・・・多くの嘆願を見てきました。
こうして、人事のネットで、仕分けられて、次第々々にいつの間にか、政敵が淘汰されていったのでしょう。

第三は、予算です。
今でも、わたくしたちは、国家予算の殆どを把握できていません。海外に垂れ流す金、各種の事業計画に流れる金が特殊な機構で流れている面が多いように思います。
一級河川、ダム、港湾、高速道路、空港、防衛、そのほか、もろもろの事業には、関係省庁や関係業界などの便宜・利益を図って働き掛ける「族議員」といわれる国会議員がいて、このシステムが、日本のあらゆる「美」と「徳」を損なう元凶となっています。

第四は、許認可権

第五は融資。これにも、族議員がついていることが多かったように思います。

第六は情報を握って、すなわち、インサイダー
正規の検察や検事ルートの情報は勿論のことでしょう、が、ほかにも、
赤坂プリンスホテルの事務所には「藤田小女姫(こととめ)のようなのも来て、代議士たちを占っていました。その1回分の料金は、わたくしどもの年収の半分ほどだといううわさでしたが、代議士ともあろう方々がどうして、こんな怪しげな女に身の上の相談するのか不思議でなりませんでした。

第七は、マスコミ操作。藤田小女姫が産経新聞社の一室を事務所にしていたといいます。
後に、「中ピ連」の榎 美沙子も産経新聞に第一情報を流していましたしね。
この中ピ連の榎 美沙子も、どこかの為の「情報収集人」だったと理解しています。
このほかにも、特権利権の収奪に繋がる道があります。
俗に「ゴールドフィンガー」といわれている重要なツール
です。


総じて、日本国の総理大臣は、「吉田(茂)学校」の生徒たち、岸信介 佐藤栄作 池田勇人 福田赳夫etc がリレー式になることになっているように思えました。「党人派」とかのその他の派閥からの総理大臣は、「つなぎ」です。
半世紀ほど昔に、電話番兼お茶くみの「小娘」であったわたくしの予想は当たっていました。

戦後七十五年たった今、吉田茂氏の孫と岸信介氏の孫が政権の中枢にあるのを見れば、誰も反論できないでしょう。そして、「吉田学校」の面々は、今では、お互いに親戚どうしとなり皇室に繋がっています。
こうして、独裁体制は日一日と強固
になってきています。

aso abe soukanzu11
  <注:相関図付記>  

戦後、GHQが、「日本国民が羊のように口をきけないで群れているだけの人々になるように」施策してきたことと、GHQ肝いりの「吉田学校」路線にそぐわない人、彼らの政敵になりそうな人を、うまく排除しつづけて、強力な人脈や利権ネットを張り続けてきた独裁者たちは、日本国民の側に立って国政を執るような人材ではないのです。GHQの指令下だったというくびきがついているのですから。しかし、このトップの方々を排除して、首をすげ換えたところで、「体制のネット」がある以上、改善の見通しは立たないのです。

AI時代と独裁体制
コンピューター時代となって、AIがすさまじい機能を発揮するようになった今日は、独裁者がすべての情報を独占できる時代が到来したと言えます。 
しかし、何処の国の独裁者たちも、配下の者どもも、自国の国民の福利のことなど眼中にないかのように、歪な行政しか為し得ていません。というのも、どの国の独裁者も、「彼ら」とでも呼ぶべき者の配下だからです。GHQもその配下でした。

そして「彼ら」は、「全世界の人民の幸福」などは眼中にありません。


日本人が、気付かなければならないのは、
日本人を最も不幸な目に合わせたいと目論んでいるということ
です。

それは、真の「預言者」は日本人(トロイア人=アトランティス人)であり、キリストも日本人だからです。ということは、神の国も日本でした。

今のエルサレムも、もともとは「エブス人の土地にダビデが築いた」と聖書に書かれてありますが、エブス人とは「夷エビス」即ち日本なのです。「古事記」において、国産みの際、「蛭子を流した」とありますが、「蛭子」はエビスと読ませています。
katakuri注:神之公園様も同様に日本は現在の歴史以前の歴史があって、神の国は日本、そして初めに言葉ありきの言葉は日本語と言われています。
【日本語と言う言葉は世界で唯一の神の言葉で創造神の教えが仕組まれている】)
 

ダビデは、神輿を担いで御神宝を運んだことが聖書に書かれていますが、それらは行方不明と言われています。しかし、それが日本にあることは、その道の方々の間では有名なことで、GHQに占領されていた間に、GHQによって探し続けられましたが見つかっていません。それは、フランシスコ・ザビエルらの来日の真の目的を悟った「持ち主」によって、陸奥みちのくに隠されたからです。


聖書」は、「旧約聖書も新約聖書も」すべて、日本人民から「簒奪されていた」り、「毒麦が混ぜ込まれていた」ということです。「神の国」と言うタイトルも1948年に、簒奪されて、「いすらえる」というところに張り付けられています

そして、この一世紀以上、あの手この手で、日本を貶めたり毟ったりしましたが、へたばらないどころか、今日では、日本をたたくと、かえって、叩いたところが窮地に陥るという現象さえ見えてくるようになりました。

見る影もなくみすぼらしくなって、犯罪者も急増した日本ですが、それでも、なぜか、この日本を愛してくれる人々が増えているのです。
だからといって、このまま、この惨憺たる日本の現状を改善することのないままで、「零」への崖っぷちにいることは危険です。

彼ら」は、全世界を支配するためには、「日本」を消す必要があると思っているからです。
 
 浦島太郎から辿る世界史と考古学 

 ≪転載 終≫
bard-Lin

oubai-L

 いかがでしたか?

こちらのサイト主様は、非常に高い知識、博識で洞察力に富み、
非常に日本を愛し、日本の近未来を憂いておられる方だと理解できますね。

 ここを読む場合は、検索をかけて、じっくりと読み進めていただければと思います。
世界史、日本史や政治的な世界だけでなく、明治以降の近代史そのものに触れることになります。
我が国がどの国よりも長い歴史があるという事を言われていますが、日本人は学校で日本史を深く教育されていません。近代史も、そうですね。自分で知る努力が必要な状況です。ぜひ検索で知識を深めていただければと思います。

日本という国柄を大事に情熱的に頑張らねばと、強く思いますね。
 katakuri.


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

竹内流北斗宿曜占星術 令和2年を語る


 hokuto7hosi11
 
Lin-hana
 
 

 年も開けて、世界中で何かが起きそうな状況になりつつありますね・・・。

そのような中、竹内睦泰様が今年の予想を綴っていらっしゃいますね。

カルロス・ゴーンさんの今回の逃亡劇に日本の予兆を感じると書いておられます。

要は、日本vs他国との関係がテーマとなるとしています。

竹内様のおっしゃる通り、日本って、なぜか脆弱を極めているのが外交ですよね・・・。
国と国が隣り合っている諸外国は、交渉に長けていますよね。
長い歴史的な切磋琢磨(戦争などなど)がそうさせたのでしょうか?。
諸外国は、百戦錬磨の感があります。

ここが今年の重大問題だとされています。

他に投資やテロに対する対応などが書いてあります。
今年の予測など多方面からいろいろな方の意見に耳を傾けるのは良いことだと思います。
ぜひ一度お読みいただければと思います。

竹内流北斗宿曜占星術もありますので参考になりますよ。

 公式サイトは、こちら↓から。
公式 宇宙歴史自然研究機構 




弘法大師がもたらした宿曜占星術 
「星の道場」を開いたらしいです。

仏教では、北極星を妙見という。
なので、宇宙開闢神話の天之御中主神様を神仏習合あたりから妙見菩薩と同一視されて「妙見さん」として親しまれている・・・とのこと。


ということで、妙見さんに関係する神社を調べてみました。
興味のある方は参拝など行ってみてはいかがでしょうか?。

Wikipediaからだとこちら↓から
妙見さん一覧 



ルポがありましたので、こちら↓もどうぞ。
ルポ 星田妙見宮  


🔶公式星田妙見宮は、こちら↓
https://www.hoshida-myoken.com/ 

Lin-hana 
  katakuri.


 
関連記事

人気ブログランキングへ

2020年 今年もよろしくお願い申し上げます。


2020 fude1


 2020年 あけましておめでとうございます。 

 いよいよの時節がきました。 
 
 何かがスタートしたり、変化が起きる年になるかと思われます。
 
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


  katakuri.

nezumi 2020s
 
 
関連記事

人気ブログランキングへ

2019年往く年 ご挨拶


lin-hanaM
 
 皆様、今年も記事をお読みいただき誠に有り難うございました。
いろいろな出来事がおきますが心落ち着いて生きたいものです。

 

来年は子年。2020年。

スタートの年。何かが始まる予感も感じられます。

来年は、世界で日本で、何かが大変化する感じもいたしますし

個々人でも変化が起きるかもしれません。

まだお伝えしたい事も多くあります。

今後もお付き合いいただければと思います。

皆様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。



来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。 


  katakuri.

lin-hanaM

関連記事

人気ブログランキングへ

 みのか尾張の国から出る神の高山(神界ピラミッド)に秘められた【41】の意味


 41gou 13山1ss
 十三山

lin-tamaS 
 2019年末、いよいよの時節の近い事を教えていると思います。
世界中の異常気象、魚や動物や昆虫の壊滅的な激減。昆虫無くば、次は植物・・・その後は・・・・言わずもがなという事になりますね。
来年は、何かががらりと変わる変化の年と思えます。
注意深く生きなければならない時節になっていると思います。

そこで何度も取り上げていますが神之公園様の記事をお読みいただきたいと思います。

霊止(ひと・人・人間)に内在する 【良心神】の目覚めをいち早くに世に知らしめた神之公園様。
大元の神様の言霊の意味を一人で説いて広めてこられた方です。
今回は、大本教出口王仁三郎様の遺文の意味が理解出来ます。

本年年末に今まで救世のために【米】教を説いてこられたのを終わりにするとの事です。
他のお役があるのかもしれません。

ぜひ、何度もお読みになって、ご自分に内在している【良心神】をさらに大きく力強く育てて上を目指していただきたいと思います。
現在地球に生まれ合わせている私達は、この宇宙の大転換期に巡り合わせた希なる人々だと思います。
この時期を大事に深く思考し、過ごしましょう。私も明るく自己磨きの努力しをします。
 katakuri.
lin-tamaS 


Lin-Bard 

みのか尾張の国から出る神の高山(神界ピラミッド)に秘められた【41】の意味
2019.02.14

世紀の大預言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は、
有名な【みのか尾張の国から現れる誠の女子】という遺文を残されました。


ただ、それを自分のことと思う者は【曲津神】と記載されたのですが、その曲津神と書かれた場所を見ずに、私の元には自分がその【みのか尾張の女子です。】等と言って来られる方が多数ありました。
そうした方の背後には、【お前がその該当者だ】と囁く神霊が多数あったということです。
意味が解っていなかったからです。
その為に、その背後の霊達がその方にいろんなものを見させて、自分が特別に選ばれた者だと【錯覚】させるがありました。

 ★霊界は一筋縄でいかない世界★

私はそうした神霊世界が見せる【奇跡】に惑わされない為に、長年そうした霊界の奇跡に関しても見させられたと思います。私は少々の奇跡を見ても、別に驚くことはありません。だいたいその仕組みを見て来たからです。

私も修業時代は【黒龍神】の攻撃に恐れおののいて逃げ回るもありました。幸いに黒龍神から命を取られるまでは行きませんでしたが怪我はしました。それよりも霊能者と呼ばれる人達の中には物騒な方もいまして、命も狙われて来ました。つまり、霊界は一筋縄では行かない世界であり。まだ神霊世界は唯一神によって統一されてはいないが私の結論でした。

そこにあるのは【力】なりで、勝てば官軍の論理です。

私は大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】の仕組みから、早い段階でそのみのか尾張の国から出る誠の女子の意味は、【誠は言成る】ですから言霊の意味だと把握はしておりました。

大本教に大本教神諭予告の【九つ花】は【ス】の神論ではありませんよと知らせる為に、綾部の町に十回も全戸配布の折り込みで宣伝紙を出しましたが、逆に当時の大本教が綾部の町に配布している宣伝紙に、「イロハ四十七士でやっけてやる。」と返されました。が、大本教の出口なお開祖や王仁三郎聖師のご苦労を考えると、何も解っていない宣伝使を相手にしても意味がなく、このままでは自己の財産を食い潰してしまうで、さほど費用がかからないインターネットで宣伝するとなりました。

霊的世界は、HPやブログで発信しますと、霊的世界では発信されたことが解ります。肉体人は自分は知らなかったと言い訳が出来ますが、霊は知りませんでしたの言い訳が出来ないのです。

私が【41】の数字の意味に気づいたのは大本教霊界物語の中の【主の神は約三十五万年前に御引退】の記述から、【この世の時計と神界の時計】から「41」の数字が持つ意味に気がついたしだいです。
そして大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】を紐解けば、その中心に【41】の数字が出て来ます。ただ、それには【龍宮の音秘め】を補佐役にしなければなりません。

その言葉に秘められた謎の紐解きには、私の神霊界修業のお世話して下さった【豊受姫】から見せていただいた霊的光景が大きな役割を果たしました。豊受姫の【龍宮の音秘め】としての補佐がなければ、ここまで言葉の意味は紐解けなかったとは言えます。


モーゼはエジプトからユダヤ人を引き連れて、「四十」年間荒野をさ迷いました。そして「41」年目からはユダヤ人達だけで【カナン】の地を目指すです。
イエスは「四十」日間荒野をさ迷って悪魔を退けて、【41】日目で【神の一人御子】と成られたとします。

どちらも「四十」の間はさ迷いなのです。
そこには、四十迄は【さ迷い】の意味が出て来ます。

ただ、モーゼの【年】とイエスの【日】では桁が違いますので、誰もそこに【40】の数字に共通事項】があるとは考えだにも予想だにもしなかったわけです。


だが、その神の教えは旧約聖書や西洋ではなく、
この日本に満ちあふれている
でした。


何故に、【四十】まではさ迷いなのか?

霊的世界において最後の審判の【火の雨】は語られていますが、これは飛騨の【高山】に逃げるのではなくて、【富(十三)山】に逃げるなのです。

大本教からは、この神の仕組みとして【三千年】かかったとあります。
お釈迦様もイエスもモーゼも全てその仕組みの中だったと言えます。

この神が仕組んだが解らなければ、
この神の偉大さは永遠に理解は出来ないでしょう。

୨୧━━━━━━━━━━━━━━━━━━୨୧

ちょうてん神1s
 頂点神 

୨୧━━━━━━━━━━━━━━━━━━୨୧

 神の高山図で見て行きます。

優れた行者は神の高山を【合目】で語られますが、合目を逆に見ますと一番下が「10」なのです。上からの順位で見るわけです。囲碁や将棋で言うと初段までは、十級から九級、八級にと上がって行く勘定です。

そして、神の高山の山麓たる五合目まで来ますと、10+9+8+7+6=40となります。この五合目までは、神の存在を遠くから見ている段階なのです。
ここまでは【他力信仰】の道なのです。

自己の良心神に目覚めると、他力信仰から自力信仰に変わる

神の高山にと向かって、自分が歩み始めるのが自力信仰

神様、御利益下さい。神様、御利益ください。の他力信仰を続けている間は【40荒野のさ迷い】の中にあるのです。

それとは違って、
お釈迦様の悟りであった【悪魔は実体を持たない現れであり、人には良心と呼ばれる神が内在している。】という自覚に入って来ると、【ラ(良・羅)】で大本教が告げた【人は神の子・神の宮】として発動を始めるのです。
大本教神諭予告の【この世の閻魔大王として現れる。】です。
それからが【41】の働き
なのです。


私は大本教の出口王仁三郎聖師霊から、【アラー】の神と示された時、当時は日本語のアイウエオの【ア】の門から【ラ】迄の【41】とは思いませんでした。

大本教から、【主の神は約三十五万年前に御引退】が出されましたが、主も神界での【四十荒野の彷徨(さまよ)い】だったのです。

皇神たる方が行く道が、【彷徨い】

主の神の復帰で、宇宙規模の立替


それは何時ですかと聞かれたら、大本教神諭に【神も時節には適わない】とありますように時節がはっきりしません。神界時間とこの世の時間差があまりにも大きいからです。しかし、いち早くに(西暦1892)大本教と言う宗教を通じて宣伝に入られたので、そんなに遠い話ではないのです。
だが、この世の私達にはそうした詳細が完全には掴みきれないなのです。
(katakuri注:嬉し嬉しの世・時節・・・2022年の可能性あり)


本教からは、【明治五十五年の世の立替説】が出されました。明治五十五年という年は存在しませんので大正十年ともされましたが、大正十年には何も起きませんでした。否、第一次大本教弾圧事件でした。

私は自分の身に起きた摩訶不思議な出来事を契機として、神霊世界に修業に飛び込みました。それは【昭和五十五年(西暦1980年)】からでした。
私も来年の西暦2020年で【41】年目となります。

私もモーゼ同様に【四十荒野のさまよい】の道を歩いているのです。

いったい、この【五十五の立替】の意味はどこにあるのかとなります。

神の高山図をよく見ると、一から十までの総和が【五十五】なのです。
五十五の世の大立替とは、破壊と創造の神が天下った時 でないと、【五十五】の数には成らないからです。
その時、今の太陽も月も一新して治めるのが明(日と月)治です。

神の高山の五合目までは【他力信仰】であり、【さ迷いの期間】となります。その間、いろんな神様達を信仰して来た。それが蛇霊であったとしも狐霊であったとしてもかまわなかったのです。要は神と呼ばれる存在を知ることが大切だったからです。

五合目から頂上神(唯一神)信仰に足を踏み入れて行くことで【41】への道にと入って行くからです。

その唯一神の存在はユダヤ教では「エホバの神」。
イスラム教では「アラーの神」となります。
日本では【天之御中主(国常立尊)】となります。
ただ、それらはある段階での呼び名であり、
もっと上界だとその呼び名が違って来ます


神の高山に登るとは、その唯一神に向かって進む道となります。
唯一神に向かって進むとは【40】荒野のさ迷いを終えて、
2+3+4+5=14の数字が出て来ます。

その「十四の心」の道を行くことを【徳】
と言います。


世の為、人の為にと尽くすは自己の魂に【徳】を積む。

その「徳(悳)」を、直心で「良心神」とも言います。

私は世の為に人の為にと、自己の【犠牲】を省みずに尽くして来た人達は【天国】界に行っていると一貫して説いて来たのはそこにあります。但し、そこには神の存在を信じる心がないとダメだと言っていたわけです。唯一神と直に結ばれる心の存在からです。

そこに来たのが
【他(田)を救い(鋤くい)て世根(米)となれ】


大本教の出口王仁三郎聖師が霊界物語の第十三巻に「あほう鳥」として出された【みのか尾張の国から誠の女子が現れたならば、モウこの大本教はダメだろう】の内容は、人のことではなかったのです。
【神の高山】の意味だったのです。
十三の【ス】神論そのものが「ニセ型」なのです。
ですから、この神(ウシトラ金神・国常立尊)の仕組んだことは、どの神にも解らないとなるのです。


大本教神諭予告。

【今度の大事業(大望)は人民の知りた事では無いぞよ。
神界へ出ておでます神にも御存知ないような深い仕組みであるから。】


出口直に明治25年に申してある事、
この大望な経綸の致してあることを、世界に一人知りておる。
誠の人はこしらえてあるから、この誠の人が出て来んと解らんぞよ。】



お釈迦様。イエス。モーゼ。
それに大本教を入れて、三千年に渡る大仕組み

大本教神諭予告【九つ花】を紐解けば
「五十六億七千万」のみろく世に渡す

人に内在する良心神
  
Lin-Bard
 
 lin-tamaS 
 遺文そして【良心神】のご理解が進みましたでしょうか?
深い意味を理解すると同時に実践を求められていますね。
 katakuri.


 
関連記事

人気ブログランキングへ

大本教神諭予告九つ花と朝鮮の予言「米」一字


稲穂と青空5

lin-tamaS

 もう師走も残すところ10数日・・・。
時間の過ぎるのが早すぎますね。

 神之公園様が【米】一字の教えを説くことのお役を終えられるとのことです。
しかも、
みろく世行きの魂とそうでない魂との路線判定がほぼ終わったと思われる】 とも書いておられました。
そこで、今一度、【米教】のおさらいのためと魂のレベルアップを願って記事をUPさせていただきます。
今一度いえ何度でも理解出来るまで読んでいただければ幸いです。
 katakuri.

lin-tamaS

Lin-Bard

大本教神諭予告九つ花と朝鮮の予言「米」一字
 2011.12.30

 戦前の大宗教。
大本教神諭(明治31年旧12月26日)
【出口直に明治25年に申してある事、
この大望な経綸の致してあることを、世界に一人知りておる。
誠の人はこしらえてあるから、この誠の人が出て来んと解らんぞよ。
・・・・・・綾部に九つ花が咲いたならば、万古末代枯れぬ花であるぞよ】

 大本教神諭(大正7年旧正月12日)
【一輪の火水(言霊)の経綸(しくみ)がいたして在りて、
綾部は三千年余りて昔からの神の経綸の致してある結構なところ】

 ※管理人注:【大本教神諭】を検索の上参照ください。


この【九つ花】とは、大本教が神旗として出した九曜紋や十曜紋のことではないのです。九曜紋や十曜紋では、一輪の言霊の経綸が出しようがないからです。もしも九曜紋や十曜紋で一輪の言霊の経綸が紐解けるのであれば、聞きたいものです。

では、【九つ花】とはどのような花なのでしょうか?。

下記の図を見てください。
縦に九、横に九の八十一の枠に、1から81までの数字を縦も横も斜めも同じ数になるように配置したものが「九つ花」なのです。

九の数理盤とか九の魔方陣とも言います。

縦も横も斜めも総和は「369」となるのです。
式を計算されたら、どの縦の列も横の行も斜めも総和は369になっていることが解るでしょう。これを【みろく(369)】と言うのです。

ここまでぐらいならば、ある程度の知識があれば解るでしょう。

問題は、これを【誠】で解けるかどうかなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 九つ花 図1

  【九つ花】



この図に【言霊】を配置するわけです。

大本教が出した「いろは」も岡本天明氏が出した「ひふみ」も、
それでは言霊数が少なくて花は織れません。

これは【あいうえお】を当てるのです。

何故?。それは「いろは」も「ひふみ」も、47音に「ん」を加えて「48」音です。
これをヨハネ(48音)と言います。
ヨハネではキリスト(真理)の前段を演じるだけなのです。
また「いろは」も「ひふみ」でもみろく(369)を演じられないのです。

【あいうえお】だと、「41」のところには【ラ】が入るでしょう。これが【ラ】神論。 

しかし、単に【ラ】神論では何も解らないでしょう。大本教で出口なお開祖派とされ、反出口王仁三郎聖師の急先鋒と言われた神道天行居を開いた友清歓真さんによって、この「ラ」神は天之御中主様のことだと発表されました。
それ自体は正解なのです。
私は友清歓真さんを知って、これを紐解いたのではありません。
天の頂の十字路に五重の塔と瓢箪池の光景から、その意味を解いた
のです。


イエスは40日間荒野を彷徨って、悪魔を退けて41日目に神の御子となる。
モーゼは40年間荒野を旅して、41年目にイスラエルに入る。

大本教神典に主の神は約35万年前に御引退があります。

神の時計の1年間は、この世の時間で約8760年間かかります。
すると、神の時計で約40年が出ます。

モーゼの意味と同じことです。

次の「41」で、主の神は御復帰となるのです。
それまでは退いているので艮(ウシトラ)の道
なのです。


大本教出口王仁三郎聖師は霊界物語の第十三巻で、この大本教に現れた変性女子はニセ者だ。待っていたならば、みのか尾張の国の中と残されましたが、美濃か尾張の国の中から富(十三)山に向かう国道は「41」号線。
そこに「神の高山」に上るが出るのです。

綺麗に【41】の数値を揃えてある
のです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

※管理人補足:
 
 
今いま大本おほもとにあらはれた

変性女子は似而非(にせ)ものだ


誠(まこと)の女子(によし)が現はれて

やがて尻尾)しつぽ)が見みえるだろ


女子の身魂(みたま)を立直(たてなほ)し

根本(こんぽん)改造(かいざう)せなくては


誠(まこと)の道はいつ迄も

開く由なしさればとて


それに優(まさ)りし候補者を

物色しても見当らぬ


時節(じせつ)を待つて居たならば

いづれ現はれ来るだろ


みのか尾張の国の中

変性女子(へんじやうによし)が分わかりたら


モウ大本も駄目だらう

 (霊界物語の第十三巻 抜粋)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



その41番目の言霊【ラ】に、【良】の漢字を振りまして良心神として7年ほど前にホームページで公開いたしました。
 
※管理人補足:下記へ。
 神言会HP

俗に言われる単に良い心たる良心神ではないのです。

お釈迦様の悟りは、人には良心神が内在するだったのです。

そこで、この仕組みはお釈迦様の死後お釈迦様の教えを説くとされる【みろく(369)】となっていて、良心神として説かないといけなかったのです。

そして、日本国憲法41条は、唯一の立法機関の規定です。
【全ての法は、41より出る】。

良(ラ)心神そのものが法なのです。
魂はその良心神によって出された法に従い、またその法によって裁かれるのです。

良(ラ)心神は宇宙の法であり、
誰をもってしてもこれを曲げることは出来ない
のです。

如何に神霊と言えども、神は愛で何事も許されるは無いのです。
カルマの法則を考えてください。
正負の原則を考えてください。
どこにも神は愛で貴方の罪を許すなどの法則はないのです。

自分が播いた悪の種の果実は、自分で刈り取らないといけないのです。

朝鮮に残された予言に、最後の審判前、「米」一字を説く教えが起きる。
その教えに従った者達は神の罰を受けずに済むとありました。


米一字で神を説けといわれても、説きようがありませんね。

だが、「九つ花」を見られたら、「米」型になっていることが解るでしょう。
ここに【九つ花】の真髄があるのです。
最後の審判の救済の為に出したのが【米】教だったのです。
(中略)
朝鮮に残された予言では、米一字の教えに従えなかった者は、審判に入って罰を受けたならば白十字によって救われるがあります。
審判に入ったならば、九里より甘い「十三」里が出ますので、それに従って行けば新しい世(みろくの世)に行けるでしょう。それが最後の最後の救済となります。
ただ、十三と言っても「ス」神論ではないのです。


この「米」教の詳細に関しましては、
神言会
で解説して来ましたが、少し難しかったようです。
難しいからと言って、真理を曲解させるわけにはいかないのです。


大本教霊界物語全「八十一」巻。本編72巻。特別編「9」巻。
本編分が72音で、後の9音は特別な存在なのです。
言霊的には残っている「ん」で表すのですが、「ん」は単独では発音出来ません。
単独だと「ゥン」ですね。これも漢字を振れば意味が解るでしょう。

どうして、大本教神諭は九つ花は誠の人で無いと紐解けないと予言したのでしょうか?。誠は【言成】。

私が伏見稲荷山で豊受の神から聞かされたのは、貴男は言葉で神々に教えを説く御方。【言葉の〇】とお呼びする方です。
貴男の言葉による教えは、天帝の詔と同じこと。と言われます。

この日本ではなくて、西洋にある予言が存在します。
【異国の人が異国の言葉で主を語る。その人は、その国では「言葉の〇」と呼ばれている。その人は、自分は主を知らないと言うが、主はその人を御存じで、終わりの日。主はその人を主の元に呼び出す。その後は省略】。があります。

豊受の神が言われた言葉の〇と残された予言の言葉の〇は少し違うのですが、同じ意味合いにはなります。
私が子供の頃に旧約聖書の神と名乗る神は告げられました。
【そなたが歩く道は、これまで人類の誰一人として歩いたことが無い道。そなたの後に同じ道を歩く者も出ない。そなたが初めての者で有り、そなたを持ってこの道は終わる】。

言葉による仕組みの解説です。

為に、旧来の教えに縛られた人は、それを理解しょうとはされないでしょう。
たった一人でしなければならない道だったからです。

今日まで【九つ花】を説いて来ました。しかし、いくら説いても解ろうとしない人だらけでした。
しかし、このお役は間もなく終了します。

最後の審判と呼ばれるものは魂の破滅ではありません。【五六七】の世と、そうでないこれまでの世とに分ける【捌き】なのです。その為には、もう一つの地球が必要なのです。

 大本教神諭予告九つ花と朝鮮の予言「米」一字 

【転載終】
Lin-Bard
 

 lin-tamaS 

 ※管理人注:
神之公園様は、本当に2019 12月末に【米教を説く】お役を終えられるとの事です。
他のお役があっての事と思われます。
 
 記事終わりに書かれていた言葉を追記させていただきます。
 ◆◆◆
私の一つの任務は、朝鮮に残されていた最後の審判前。救世の為に【米】一字の教えが起きる。
その教えに従った者達の上には天罰は降りない。
それが大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】でしたので、これまで長々と説いて来ました。

しかし、みろく世行きの魂とそうでない魂との路線判定がほぼ終わったと思われるので、今年度末をもちまして【米】教に関しては終わりとさせていただきます。
◆◆◆
katakuri.

関連記事

人気ブログランキングへ

温暖化で日本海側の豪雪強まる 東北大など予測

雪メカニズム図
 

温暖化で日本海側の豪雪強まる 東北大など予測


地球温暖化がこのまま進むと、
今世紀末に東北から北陸地方の日本海側の山間部で豪雪が強まることが、東北大などの研究で分かった。


温暖化で降雪量が増える仕組みを初めて解明し、警鐘を鳴らした。

16日付の米科学誌電子版に発表した。




 研究チームは、日本周辺の気候モデルをもとに、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のデータなどを組み合わせて降雪量を予測した。

 その結果、世界の平均気温が今世紀末に4度上昇すると、山形県から石川県にかけての日本海側の山間部で、1年間で最も雪が多い日の降雪量が現在よりも増えることが分かった。

 温暖化が進むと大陸からの寒気が一時的に増加するほか、日本海で発生する水蒸気も増えて雪雲が急速に発達。日本上空に到達した雪雲が、平野部で雪を降らせないまま山脈にぶつかることで、山間部で豪雪が強まるとみている。

 一方、日本海側の平野部では降雪量に目立った変化がなく、太平洋側ではむしろ著しく減少するという


 東北大の佐々井崇博助教(気象学)は「豪雪は山間部での暮らしに大きく影響する。対策が必要になるのでは」と話す。

2019y12m17d_温暖化変化1
2019y12m17d_温暖化変化2s



ニュースサイト 産経新聞

参考サイト

lien-momiji

終末期において、空に異変が起き海にも異変が起きるというのは想定されていますね。
このあと数年どうなっていくのでしょうか・・・。

 katakuri.




関連記事

人気ブログランキングへ

サクセス 呪文 竹内睦泰 福田清盛 (良いですね。)


oubai-L



  親しみを込めて「むっちゃん先生すごい


 歌詞が良いです。


 サクセス 呪文 竹内睦泰 福田清盛



 歌詞

 呪文
作詞:竹内睦泰 作曲:福田清盛

日本語もできない 歴史もわからず
君は今、何処に歩いていくのか
君のマインドコントロール
解き放つ呪文を
今、君のために教えてあげるよ
呼吸もできないままずっと
君は君だけであろうとするのか

夢の中だけに世界をつくり
それさえも棄ててかえりみないなら、
君の中の日本文化に気づき
鏡の中をみつめ直して
予想もつかない程大きな
記憶が君から甦るはず


 今の時代だからこそ! 今だからこそ!
日本という国をもっともっともっと(x一億回)
知る努力をしよう。 日本文明と日本文化をもっと身近に感じよう。


宇宙歴史自然研究機構 竹内陸泰 理事長


oubai-L

 katakuri.
関連記事

人気ブログランキングへ

【大祓(天津祝詞)】 に秘められた意味。

aki-momiji2
 

 日本語と言う言葉は世界で唯一の神の言葉で
創造神の教えが仕組まれているのです。
(神之公園様)


 2019y11m14d_大祓詞1

2019y11m14d_大祓詞2
 

その大祓を見ますと、

【我が皇御孫命は 豊葦原瑞穂國を安國と平らけく知ろし食せと 事依さし奉りき 此く依さし奉りし 國中に荒振る神等をば神問はしに問はし賜ひ 神掃ひに掃ひ賜ひて 語問ひし磐根樹根立草の片葉をも語止めて】があります。

この【皇御孫命】とは、天照大御神の孫、瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと) のこととされていますが、これもまた実際にはどうなのかとなります。予言書と見る向きもあるにはあるのです。

問題は【語問ひし磐根樹根立 草の片葉をも語止めて】にありますそれは磐(いわ)や樹木や立草すら会話する言葉を失うほどのものだと言うことなのです。

そして、祝詞の後半に罪と言う罪は在じと出て来る物は、【科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く 朝の御霧夕の御霧を朝風夕風の吹き払ふ事の如く 大津辺に居る大船を舳解き放ち艫解き放ちて大海原に押し放つ事の如く 彼方の繁木が本を 焼鎌の敏鎌以ちて打ち掃ふ事の如く 遺る罪は在らじと 祓へ給ひ清め給ふ事を】とありますが、それは祝詞で宣っていても理解出来ないことなのです。


それは実に恐ろしい光景を宣っているのです

それは誰も体験したことがないような、あらりあらゆる物を吹き飛ばす暴風雨のようなことです。人の魂の罪(過去世からのカルマ)を祓い清めるとは、神社の神主が祓い串を振っているような事柄ではないのです。


日本の記紀神話は【奈良時代】に編纂されたものであり、1300年ほど前に編纂されたもので、シュメールとかメソポタミア、エジプトやインドや中国に残る文化や文献には太刀打ちが出来ません。

どうしてこの様な内容が日本の神話や祝詞になっているか?。です。

日本神話には何が秘められているのか?。
日本の土地は神的にどのような場所なのか?。
日本列島は世界の大陸の【雛形】と呼ばれる様な不思議な型を持っています。


そうしたことに気づきを持たないと、これから来る大嵐(祓い)に対処出来ないことにもなります。


げに恐ろしきは日本神道の大祓(天津祝詞)の内容 

だが、全ての人の魂に【祓い】が出来れば、
そこに居る人類とは魂に汚れが無く【光輝く】存在ともなる
のです。

人類の神あがりです


それだけ強烈な【祓い】が来るとも言えます。



世の大立替と呼ばれるものは私が豊受姫から【大嵐】と告げられたような事象であって、心に【備え】を持つべきなのです。



 ◆太陽に向かっての祓詞奏上の方法 


最近、ようやく解って来たのですが、天津祝詞はあまりにも長いので、
後半の【かく宣(の)らば】から祝詞の後半の部分を
目を閉じないと太陽光線で目を焼いて失明する危険性がありますので必ず目を瞑り、太陽に向かって、額(第三の目の部分)を向けて祝詞を唱えると、以前から解ってはいたのですが、単なる太陽光線では説明が出来ないことが起き、更に光を増しています。 

現ナマの【太陽神】の光を身に受けるなのです

それは、自分に憑依している霊を大祓いする


太陽に向かって【天津祝詞】を「奏上」することに意味があったなのです。
人の【額】の部分は【客】の字がありますが、【客神】は第三の目から来ることは知られています。

単に太陽から受ける光と祝詞を上げながら受ける太陽の光とでは、霊に憑依されていなくても違うと解るのではないでしょうか。 


もう神社に鎮座する御神霊にすがる段階では無いと言えます。

【大祓(天津祝詞)】 に秘められた意味 神言会


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 参考サイト様

 上記に載せている「大祓詞」は、
【延喜式に著された大祓詞と中臣祓詞とが混同されているもの】だそうです。
下記サイト様で、【延喜式に記されているのは宣命体としての大祓詞】を
しっかり読んでいただければと思います。
祓いの力があると思われます。katakuri.

大祓詞の違い 

 延喜式に記されているのは宣命体としての大祓詞だが、小野博士が指摘されるように参集した人々に宣(の)べ聞かせる部分を省いてしまい、神へ直接申し上げる奏上体に変えてしまったのが中臣祓詞・中臣祭文である。これはそのほかにも若干の改竄をされているが、明治以降、現在に至るまで一般的に奉唱されている大祓詞は、延喜式に著された大祓詞と中臣祓詞とが混同されているものなのだ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
関連記事

人気ブログランキングへ

大嘗祭にちなみまして


 2019y11m14d_大嘗祭1
 


 下記に小野善一郎様が語る動画を置きますので
ぜひ一度ご試聴いただければと思います。

日本の心を見つめ直す時。
小野善一郎が語る、日本の神々と神社、古事記、そして日本のこころ。

「大嘗祭のこころ」小野善一郎◉
 
大祓詞 奏上 

 *PDFがあります。ダウンロード出来るようです。


 katakuri.
関連記事

人気ブログランキングへ
≪前のページ≪   1ページ/39ページ   ≫次のページ≫

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (12)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (43)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (17)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (100)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (94)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR