カウンター アクセスカウンター カテゴリ : 地球の変容とアセンションのエントリー一覧 - 和気藹々 ほっとひといきブログ

 ・スポンサーサイト ・冬に向かって、自然界の異常が多発している。 ・地球の磁気圏が崩壊を始めた : 英国の科学者たちが地球の大規模な磁場の衰退と、それに伴う磁気圏の崩壊と気候の大きな変動を警告 ・世界でさらに拡大し続ける黙示録的な洪水 : 今や「神話」を越えつつある現実の世界 ・カオス化した地球の気候: 北半球と南半球での極端な気候 ・自身を救うことこそ危機回避であり進化であるということ ・「親の心子知らず」の無感覚状態だと、地球上から振り落とされる  ・5月5日~20日~6月5日 ・太陽磁場4重極構造が確実視される ・私達は新地球号(みろく丸)に乗り移らないといけません・2 ・私達は新地球号(みろく丸)に乗り移らないといけません ・1 ・地球があなたを選別する ・地球は意識も持っている!?・地球のお話し3 ・地球にもDNAがあった?!・地球のお話し2 ・地球は生きている!?・地球のお話し1 ・氷で覆われていなかった南極・古地図ピリ・レイス地図 ・✿天上界からのメッセージ✿ ・「虫や鳥や木が消え始めたら、次は人間が消えていく番だ」 ・自然界の大量死。 今迄も・・・今後も…  ・"一陽来復の日"=冬至の日  ・素晴らしい時代到来の予感  ・既に地球の次元上昇は始まっている ・終末と神の国誕生の超預言 3 ・終末と神の国誕生の超預言 2 ・終末と神の国誕生の超預言 1 ・意識の進化と日本人の役割 ・マヤ暦819年周期から作成した注意日・警戒日の一覧表 ・マヤ暦法とコルマンインデックス暦のとらえ方 ・人類に地球規模のテレパシー感覚が芽生えるとき ・三島由紀夫の新霊界からの大予言・宇宙の縮図 ・空洞地球 地球内部世界「アガルタ」 1 ・弥 勒 降 臨(みろく こうりん)・地球が静思する日 ・フォトン・ベルトの真相 (アセンションとはなにか) 3 ・フォトン・ベルトの真相 (アセンションとはなにか) 2   ・フォトン・ベルトの真相 (アセンションとはなにか) 1  ・ ホワイトホール・イン・タイム(進化の意味と人間の未来) 2 ・ ホワイトホール・イン・タイム(進化の意味と人間の未来) 1 ・脳の封印が解かれる時代の到来 ・マヤ暦の「最終章」が始まった! ・アセンション ・地球の変容

RSS

カテゴリ:地球の変容とアセンションのエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 冬に向かって、自然界の異常が多発している。

      冬に向かっている今、アメリカやオーストラリア等で大変な状況が発生しております。映画【ディ・アフター・トゥモロー】を観た方もいらっしゃると思います。アメリカは、その映画のような状況ですよね。しかも、ハワイまで・・・・。 その状況は下記サイト様記事から。↓I n Deep  そして、下記。★一部抜粋引用。★ NASAの公式サイトに先日、12月に地球が丸6日間闇に没する、との情報が掲載された。迫りくる超常現象にネット...

  • 地球の磁気圏が崩壊を始めた : 英国の科学者たちが地球の大規模な磁場の衰退と、それに伴う磁気圏の崩壊と気候の大きな変動を警告

      【転載始】  ▲ 2014年1月27日の英国 Daily Mail より。  リバプール大学という英国の名門国立校の科学者たちが、 最近、地球の磁場の反転について言及し、それにより磁場の崩壊や 気象が大きく荒れる可能性があるというようなことについて述べたことを 英国のデイリーメールが報じました。 磁場の反転については、すでに太陽では起きているわけですが、 太陽の場合は 11年ごとに起きる定期的イベントであることに比べて 地球...

  • 世界でさらに拡大し続ける黙示録的な洪水 : 今や「神話」を越えつつある現実の世界

     日本だけでなく、世界中の異常気象そして、 なかでも洪水は、大変な規模になっているようです。 このような状態が続けば 当然食糧危機も発生する事も考えなければならないですよね。 InDeepさまの記事にも「農地の壊滅」が書かれています。 じっくりとお読みいただければと思います。 ロシア極東の洪水は 40日目に近づき、ルーマニアでは6時間で2ヶ月分の豪雨で村が流され、アメリカのコロラドでは3日間で1年分の雨が降り...

  • カオス化した地球の気候: 北半球と南半球での極端な気候

         ここ数年、そして、  去年からの異常を越えた地球の異変。  天候、地軸等など。  このような事柄を独自な目線で  教えていただけるサイト様からです。   このように刻々と大変化をしている地球。  急速に変貌を遂げている地球の様子が  わかります。    かたくり      【転載開始】      ▲ この雪の風景はどこか・・・というと、インドなんです。 シムラーという地域の 1月18日の様子。もう...

  • 自身を救うことこそ危機回避であり進化であるということ

     【投稿記事】  スカイツリーのエレベーターが停止したというニュースがありましたが、巷で噂されていますスカイツリー=バベルの塔だと解釈したとすると、スカイツリーは物質主義社会・人間社会の象徴であり、つまりは古いシステムにおける最後の砦のようなものです。 さて、今回のスカイツリーのエレベーターの停止は、 上記の意味によって”古いシステムの停止” を意味すると思われます。 勿論別の視点で見れば、 ”古いシステ...

  • 「親の心子知らず」の無感覚状態だと、地球上から振り落とされる

     【投稿記事】  Kagariさんより 既存の地球物質界、 あるいは、一般社会が、今までと同様に、 これからも同じように続いてゆく… と想われている人々は、 ハッキリと申し上げて、 「かなり鈍感すぎます」。 「地球地表上の世界情勢が全く観えていない」 という意味です。 先週末に直撃した、 台風12号のような気象現象に対して 全く、何の体感感覚も起きないとすれば、 まだまだ、身体の機能が、 “霊的に正しく目覚めていない”、 ...

  • 5月5日~20日~6月5日

    【引用】  日本や世界や宇宙の動向ブログ様 「5月5日~6月5日は、  創造神の光が地上に放射される期間です。」  どうやら、上手くいけば、 5月5日の全人類解放日 (全世界が悪の支配者の逮捕を念じる日)から、 1か月間の間に創造神の光が地上に降り注ぐことになるようです。 なんだか、ワクワクしますが、 その時期に大きな出来事があちこちで起こることが予想されます。 やっと、私たちに見える何等かの動きが始まる気...

  • 太陽磁場4重極構造が確実視される

     ★太陽磁場、   来月に4極化か…300年前は寒冷に  yomiuri online  ~一部引用~  国立天文台などは19日、 5月にも太陽の磁場が反転し、 北極と南極にN極(プラス磁場)、 赤道付近に二つのS極(マイナス磁場) が出現する「4重極構造」に変化する との予想を発表した。    画像国立天文台とyomiurionlineより 約300年前に地球が寒冷化した時期と 太陽活動の特徴が一致しており、 温暖化の一時的な抑制につ...

  • 私達は新地球号(みろく丸)に乗り移らないといけません・2

    【転載】 大本教神諭に、 人には神とも成れる魂を 授けてあるにも関わらずがあります。 私達は神に成れば、 五次元界住民なので問題は出て来ません。 今日まで、神に成れ神に成れと 神人合一が説かれて来たのも来る時の備えです。 では、 五次元にアセンションしない出来ない人の場合は どうなるのでしょうか?。 その場合は、 今の三次元様式の地球に留まるのです。 これが、 神は裁くではなくて捌くの別れです。 では、何故に ...

  • 私達は新地球号(みろく丸)に乗り移らないといけません ・1

    【転載】私達は新地球号(みろく丸)に乗り移らないといけません。 一部にアセンションが説かれています。 アセンションとは、 宗教的にはキリストの昇天を意味します。 しかし、現在ではアセンションを信じる人達の中では地球の次元上昇と考えられているようです。 ◆ 地球そのものが次元上昇する?。 この地球は3次元界の地球で在って、 地球その物は次元上昇はしないと思えます。 高次元の地球が来て、その地球と共に神の国に渡...

  • 地球があなたを選別する

    ★あなたは宇宙のすべてを知っている  実は、あなたの魂は、宇宙のすべてを知っている。 たとえば体を神とするならば、あなたは脚の一細胞である。 その一細胞であるあなたが蚊に刺されたとする。 あなたは、痒いと意識する。 それであなたはその痒みを何とか止めたいと考える。 しかし脚の一細胞であるあなたは、 その患部を掻くことができずに歯痒い思いをする。 そのとき、手が動いてきて、痒い患部を掻いたとする。 手が脚の痒...

  • 地球は意識も持っている!?・地球のお話し3

           読み進めますと  日本人の感覚に近いのが  ご理解いただけると思います。  「シンクロニシティ」  今あなたが居る環境は、  あなたが選択してきたといえるのです。  そこから、どうするのかは、  自分次第ですよね。  共に前進あるのみ^^  日々前に進んで参りましょう~^^   かたくり                  【転載】  「地球はDNAを持った生命体である」 この仮説をさら...

  • 地球にもDNAがあった?!・地球のお話し2

         今回も実に興味深い周期のお話しです。   転換期にある地球。   その周期が800年と言われています。   西洋から東洋への転換期が現代だと   言われていますので一読されてください^^    かたくり       【転載】  地球が1つの生命体だと 考えることのできるもう1つの話です。 それは地球自身が生命の設計図ともいうべき DNAを持っているというものです。 これについては、何人もの統計学者た...

  • 地球は生きている!?・地球のお話し1

          われわれが生かされている地球。  私たちの故郷、地球。  母なる大地、偉大なる生命、地球。  産まれた時から、気づかずに来た地球の事。  私たちは、地球の事をどのくらい知っているだろうか?  ありのままの地球の事をどれだけ知ろうと  努力しているだろうか?  地球がわれわれと同じに生きていること、  DNAもあり、思考していることなど等。  そんな「地球のお話しシリーズ」です。  足元を...

  • 氷で覆われていなかった南極・古地図ピリ・レイス地図

     洪水伝説の専門研究家、ドイツのヨアヒム・リー博士は、 その著書『神話と科学上の大洪水』(1925年)の中で 次のように記しています。 「あらゆる伝説の中でも、洪水伝説ほど世界中に広く分布し、かつ同一の期限に走っていると思われるものは無い…。大洪水」は現実に起こっていることなのだ。神話、とりわけ自然に関する神話の背後には、紛れもない事実が潜んでおり、後世、そこに神話的要素と形態が付与された結果、現在の形に...

  • ✿天上界からのメッセージ✿

     【投稿記事】 昨日upのKagariさんの記事で、 天上界からの重大なメッセージが伝えられました。 ♦♥♦――♦♥♦――♦♥♦ これは、“地球人類における選別”のことであり、 “助かる人と 助からない人との 選別は すでに終了した”というのが、天上界からのメッセージです。 ♦♥♦――♦♥♦――♦♥♦  参考   ★因縁のミタマにはカミ...

  • 「虫や鳥や木が消え始めたら、次は人間が消えていく番だ」

      昨年から今年にかけても   相当数の動植物たちの異変が   ニュースによって伝えられています。   この異変を自分に関係ないからと   やり過ごしていてはいけないと思います。   下記のようなご意見もあります。   ぜひ、ご一緒に考えてみませんか?    【転載】 南風椎の「森日記」から 森はまだ生きているのだろうか  2011.07.27 Wednesday この森に住みはじめて10年になる。 ここ数年は本来の仕事を再開した...

  • 自然界の大量死。 今迄も・・・今後も…

     【投稿記事】4日(水)ロイター ★昨日の報道(写真12/31)  ノルウェーでニシンが大量死、20トンが海岸に  5日(木)CNN ★海岸を埋め尽くしたニシンの死骸、突如消滅 ノルウェー 突然 そのほとんどが消滅しても、 適当な理由付けをして、とりあえず 事を収めたいのが人間でしょうか。 最後の2行がね。(( ´^ิ^ิ`)クク… >ネットではこの騒ぎを2012年地球滅亡説と結び付けて、   滅亡に向けた最初の兆候ではない...

  • "一陽来復の日"=冬至の日 

           太陽の陽射し=光が冬至の日までに  少しずつ弱まって、照る時間も短くなる。  その一番弱まった日が"冬至"と言うわけです。  しかし、  この日を境に再び陽射しが強まる事になります。  このことから  冬至の日を【一陽来復の日】とも呼ばれています。  「一陽来復」って何?と思われた方は、下記を参照^^  一陽来復とは       今日は、「冬至カボチャ」や  小豆を入れた「冬至粥」を食べたり  「...

  • 素晴らしい時代到来の予感 

       素晴らしい時代到来の予感  いま、人類始まって以来の 素晴らしい時代の到来が予感されています。 しかし、そのまえに 大きな困難が待ちかまえているらしく‥‥。 私たちにできること―― それは、気づくことです。 世の中を動かしている力、 メカニズムに気づくことは とても大切なことなのです。 そして、つぎには その気づきを周りに伝え、広げることです。 いつの日か、その気づきの輪は 大きく大きく広がって この世界を変...

  • 既に地球の次元上昇は始まっている

    foto:matome.naver.jp◆「時間列車」の終点は世界の破局  私たちはいま、「過去」から「未来」へ向かって敷き詰められたレールの上を走る「時間列車」に乗って旅をしています。「時間列車」の行き先はこの世界の終点となる「大峠」駅です。  この列車の中には時計が掛かっています。乗客である私たちは、その掛け時計を見て時の流れを判断する癖がついていますので、列車はいつも同じスピードで走っていると思っています。で...

  • 終末と神の国誕生の超預言 3

    ◆至福1000年後の選別   (中略) 地獄というのは何もエンマ様に 命令されて行く所ではなく、自分で勝手に そこへ突き進んでいくのです。つまりは、生前の意識が自らをそこへ追い込んでいくと思えばいいでしょう。そのうえ、今回は「末代に一度」という、すこぶる特殊な進化の時期にいるわけです。 そのため、 <大本神諭> 「大峠と成る前に改心を致して 身魂を磨いて居らんと、大峠を越すのが辛いぞ」 では、その大峠をどう...

  • 終末と神の国誕生の超預言 2

    ◆神の国の住人とは <日月神示> 「新しい霊界は、神人共でつくりだされるのざ」 「神と人と一つになって、一つの王となるのぢゃ。  上下揃うて一つになるのぢゃ」 「神と人間、同じになれば神代ざぞ」 <聖母預言/ラ・サレットの告知> 「地上は砂漠のようになるでしょう。そして、  神と人との間に平和と和解のときが訪れるでしょう」 <黙示録>  「見よ。神の幕屋が人と共にあり。  神が人と共に住み、人は神の民となり。...

  • 終末と神の国誕生の超預言 1

     今、私たちが生きているこの時代は、古(いにしえ)から言われてきた"終わりの時"なのだと思います。とてつもない時代に生かされている、私たち。下記記事から(1-3まであります。)次元上昇(アセンション)へのヒントをつかんでください^^◆千年王国の到来と空中携挙 ●世界は炎で焼かれ、その残りの灰から  新しい天と地が創られる。(ミルトン・『失楽園』) ●ここでノストラダムスに耳を傾けましょう (『諸世紀』の中...

  • 意識の進化と日本人の役割

     今こそ、日本人の役割を 求められている時はないと思います。 宇宙の意識、地球の意識を受けて、 この混沌とした時の流れを静かなる想いで 模範となるべきは、日本人だと思えます。 そんな想いでいたときに^^ 下記のサイト様をご紹介いたします。 対談からですので じっくりとお読み頂ければと思います。 ◆意識の進化と日本人の役割 ≪世界のリーダーとして無私の奉仕が  出来るのは日本しかない≫ 和田:日本の事について、少...

  • マヤ暦819年周期から作成した注意日・警戒日の一覧表

     前回と同じサイト様が かなりの仮説予測を立てていたようです。 今後の参考になると考えます。 但し、盲信は、されないようにお願い致します。 諸注意があるようなので、そちらも しっかり、読んでくださいね^^ ◆マヤ暦819年周期から作成した 注意日・警戒日の一覧表★★★ 当サイトの一見様でも 分かり易いように、下記に、 マヤ暦819年周期から作成した 注意日・警戒日の一覧表をまとめておきます。 (注意日・警戒日の算出過...

  • マヤ暦法とコルマンインデックス暦のとらえ方

    :maya-calender コルマン博士による コルマンインデックス暦の 最終章 "第七の昼"=10月11日~10月28日 ミッドポイント=10月19日~20日 がまもなくですね。 滅亡は、ないけれど、 意識の次元は上がるようです。 但し、それに伴う、軋轢は起きますよね。 なんでもそうですが、 周囲と違うようになると、 それまでの考え方が通じませんし、 理解をされません。 その事によって、右往左往する事柄が増える、 誤謬も産...

  • 人類に地球規模のテレパシー感覚が芽生えるとき

     最近の宇宙での出来事によって 地球自身も変化変容をとげていますよね。 そこで、もし今後、様々な災害などによる 地域社会の崩壊や太陽フレアなどによる 電気機器などへの大停電、故障などが起きた場合、 最後に残っている通信手段は、 動物たちも持っている潜在的な感覚、 「テレパシー通信」 なのではないか? ということで、こちらを参考にしては いかがでしょうか? 「テレパシー感覚」 つけてみたいとは思いませんか? ◆人...

  • 三島由紀夫の新霊界からの大予言・宇宙の縮図

    ◆宇宙の縮図――日本列島の霊性  宇宙の仕組みには、それぞれ相似する現象が 入れ子型にセットされているようなところがあります。 極大から極小までの全体が、 一つの入れ子型の構造になっているわけです。 そして、この構造の中ですべての存在が 連動しあう関係にあるのです。 この仕組みを宇宙の構造の1つの現われと 理解することができれば、次の簡単なメッセージも、 大きな意味をもって私たちに迫ってくるでしょう。 「こん...

  • 空洞地球 地球内部世界「アガルタ」 1

    art:utyukan 2007年12月16日 地球内部世界「アガルタ」への入り口 ※上の写真は、BBC News サイトからの転載です。 このBBC Newsの記事については下記URLを参照ください。 http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7137905.stm 上の写真は、NASA(米航空宇宙局)がとらえた北極上空の雲の様子の写真です。 以前にも、 西暦1968年11月に気象衛星エッサ7号によって、 北極上空に、巨大な黒い穴が 写っていた写真がありました。 し...

  • 弥 勒 降 臨(みろく こうりん)・地球が静思する日

    :earth◆今、地球に生きているということ     宇宙からのエネルギーは常に地球にやって来ており、 地球のエネルギーもまたつねに宇宙に向かって発せられている。 宇宙から注がれるエネルギーと地球のエネルギーは、 私たちの肉体と精神の中で融合・錬成され、私たちの内奥に眠る光(核)を目覚めさせる。  光は電磁波の一種だが、同時に粒子としての性質をあわせ持つ。 原子を構成する素粒子も同じようなものであると量子力学...

  • フォトン・ベルトの真相 (アセンションとはなにか) 3

    foto:maidohaya 『現実は心の反映に過ぎない』      ペルーの古代インカ族の子孫とされるケロ族は、いまの時代を「パチャクティ」と呼んでいる。これは「すぺてがひっくり返される」という意味である。  ここまで読み進めてきて、ひっくり返されるのが地球上における天変地異や絶滅現象といった物理的なものばかりでなく、人間の精神こそがひっくり返されるのである、と推察していただけよう。  さらにマヤのカレンダーは、...

  • フォトン・ベルトの真相 (アセンションとはなにか) 2  

    foto:nibiruNASA『ついにNASAが二ビルを発見!』      現代人も黙って見過ごしていたわけではない。  近代では、天王星と海王星の軌道にズレが見つかったことから、「海王星のさらなる向こうに未知なる惑星があるのではないか」と、18世紀から二ビルの存在を探していた。そしてその過程で発見されたのが冥王星であった。  その後、二ビルの探索は足踏み状態であったが、1983年にアメリカの「ワシントン・ポスト」...

  • フォトン・ベルトの真相 (アセンションとはなにか) 1 

    foto:photon_kyokurinngu 『3600年周期の謎』       世界で起きている天変地異、異常気象、生態系の変化、そして、小惑星のたび重なる飛来といったものを紹介し、検証してみた。その中で、注目すべき新しい情報が出てきた。 それは、3600年周期で起きる地球の大クラッシュというレポートである。 フォトン・ベルトは、1万1000年周期で大異変が起こるとされていたが、それよりもはるかに短いサイクルで、私たち...

  •  ホワイトホール・イン・タイム(進化の意味と人間の未来) 2

    『時間の圧縮』    こうした加速化の意味するところは、 まったく肝をつぶすほどのものです。 人類が産業革命後の2百年間に体験した発達の量は、 それ以前の2千年間に生じた発達の総量と同じか、 おそらくは、それより大きいほどでした。 さらにこの量は、それ以前の2万年の間に生じた変化と 同じか、またはそれ以上のものなのです。 もし、進歩の速度が速まり続けてゆけば、 同じだけの発達が、わずか20~30年の間に 圧...

  •  ホワイトホール・イン・タイム(進化の意味と人間の未来) 1

     過去に乗り越えてきた危機   私たちは互いに不可分につながった世界に住んでいます。 地球全体を覆った情報ネットワークは、 私たちが一つの人間家族だということを思い出させてくれます。 経済的な相互依存関係は、世界の一地方で生じた変化が、 地球全体に重大な衝撃を与えることを意味しています。 一つの国で捨てられたゴミは、空気や海を伝わって、 何千マイルも先で食物連鎖を破壊します。 そして、私たちの指先が持つ力...

  • 脳の封印が解かれる時代の到来

    *◆*―――――――――――*◆*『一切(イッサイ)に向(ムカ)って涙(ナミダ)せよ。 ざんげせよ。 一切(イッサイ)を受(ウ)け入(イ)れ、 一切(イッサイ)を感謝(カンシャ)せよ。 一切(イッサイ)が自分(ジブン)であるぞ。 一切(イッサイ)が喜(ヨロコ)びであるぞ』(黒鉄の巻第二帖)という日月神示があります。 今、時代は終末の状況になってきています。この時こそ、日々の祈りの時代に入ったのではないのかと思っています...

  • マヤ暦の「最終章」が始まった!

    2011年3月9日から始まるマヤ暦の「最後の審判」 記事サイト:フォトンベルト研究会様より ★コルマン博士の最新論文 <<マヤ暦の終わる日は2011年10月28日>> その前にコルマン博士とは、 スエーデン人の医学者、カール・ヨハン・コルマン博士。 現在はスウェーデン国立ダーラナ大学で環境工学を教えているが、 1979年以来マヤ暦に関心を持ち、 1990年代の初めからもっぱら研究分野をマヤ暦に絞り、 ネットを中心に数多く...

  • アセンション

    foto:fujisaikei こちらには、 アセンション=次元上昇の事について 本当に起きるのか? 2012年の時期か? 早まるのか? どう関わればいいのか? 情報そして感想・疑問などなど 皆さんの持ち寄った話題によって 内容が広く、より詳しくなります。 どうぞ  よろしくお願いします。 応援お願いします。m(_ _)m ...

  • 地球の変容

    art:utyuukan   こちらには  地球の変容及び不思議な出来事関連を  お願いします。  空の異変もお願いします。  但し地球も進化している過程と  とらえ、むやみに怖れたりせずに  この人類未曾有とも言われる時期を  人類にとって何をなすべきかを  考えていきたいと思っております。  この観点も忘れずに  どうぞ宜しくお願いします。...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (40)
神秘・預言・予言 (30)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (13)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (91)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (85)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (20)
原爆・原発 (5)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (5)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (12)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (6)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (0)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。