カウンター アクセスカウンター 一二三(ひふみ・日月)神示・この神示(ふで)よむことが洗濯や掃除の初めで終りであるぞ - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

一二三(ひふみ・日月)神示・この神示(ふで)よむことが洗濯や掃除の初めで終りであるぞ

harefujimaidohaya
foto:maidohaya
クローバーライン小

wafuhana1
◆大事◆
『この神示(フデ)よむことが洗濯(センタク)や掃除(ソウジ)の初(ハジ)めで終(オワ)りであるぞ』

第三巻 富士の巻第13帖
何ナニ)もかもてんし様(サマ)のものではないか
それなのにこれは自分(ジブン)の家(イエ)ぞ、
これは自分(ジブン)の土地(トチ)ぞと申(モウ)して
自分勝手(ジブンカッテ)にしているのが
神(カミ)の気(キ)に入(イ)らんぞ、
一度(イチド)は天地(テンチ)に引(ヒ)き上(ア)げと
知(シ)らしてありたこと忘(ワス)れてはならんぞ、
一本(イッポン)の草(クサ)でも神(カミ)のものぞ
野(ヌ)から生(ウマ)れたもの、
山(ヤマ)から取(ト)れたもの、
海(ウミ)の幸(サチ)も
みな神(カミ)に供(ソナ)へてから
臣民(シンミン)いただけと申(モウ)してあるわけも、
それで分(ワカ)るであろうがな。


この神示(フデ)よく読(ヨ)みてさへ居(オ)れば
病気(ビョウキ)もなくなるぞ、
さう云(イ)へば、今(イマ)の臣民(シンミン)、
そんな馬鹿(バカ)あるかと申(モウ)すが、よく察(サッ)して見(ミ)よ、
必(カナラ)ず病(ヤマイ)も直(ナオ)るぞ、
それは病人(ビョウニン)の心(ココロ)が綺麗(キレイ)になるからぞ、
洗濯(センタク)せよ掃除(ソウジ)せよと申(モウ)せば、
臣民(シンミン)何(ナニ)も分(ワカ)らんから、あわててゐるが、

この神示(フデ)よむことが
洗濯(センタク)や掃除(ソウジ)の初(ハジ)めで終(オワ)りであるぞ、
神(カミ)は無理(ムリ)は言(イ)はんぞ、
神(カミ)の道(ミチ)は無理(ムリ)してないぞ、
よくこの神示読(フデヨ)んで呉(ク)れよ。
よめばよむほど身魂(ミタマ)みがかれるぞ
と申(モウ)しても仕事(シゴト)をよそにしてはならんぞ。


臣民(シンミン)と申(モウ)すものは
馬鹿(バカ)正直(ショウジキ)ざから、
神示(フデ)よめと申(モウ)せば、
神示(フデ)ばかり読(ヨ)んだなら
よい様(ヨウ)に思(オモ)うてゐるが、
裏(ウラ)も表(オモテ)もあるのぞ。
役員(ヤクイン)よく知(シ)らしてやれよ。
 八月(ハチガツ)二十二日(ニジュウニニチ)
、のひつ九(ク)のか三(ミ)のお告(ツゲ)。

wafuhana1
matuba-rain1

クローバーライン小
第8巻 盤戸の巻十三帖
コトちがふから、精神(セイシン)ちがふから、ちがふことになるのざぞ、
コト正(タダ)しくすれば、正(タダ)しきこととなるのざぞ。
日本(ニホン)の国(クニ)は
元(モト)の神(カミ)の血(チ)筋(スジ)のまじりけのないミタマで、
末代(マツダイ)世(ヨ)治(オサ)めるのざ。
何事(ナニゴト)も末代(マツダイ)のことであるから、
末代(マツダイ)動(ウゴ)かん様(ヨウ)に定(サダ)めるのざから、
大望(タイモウ)であるぞ


上(カミ)の臣民(シンミン)この儘(ママ)で
何(ナン)とか彼(カ)んとかいける様(ヨウ)に思(オモ)ふてゐるが、
其(ソ)の心(ココロ)われよしざぞ。

今度(コンド)は手(テ)合(アワ)して拝(オロガ)む許(バカ)りでは
駄目(ダメ)ざと申(モウ)してあろが、
今度(コンド)は規則(キソク)きまりたら、
昔(ムカシ)より六(ムツ)ヶ敷(シ)くなるのざぞ、
まけられんことになるのざぞ、
神魂(カミタマ)の臣民(シンミン)でないと
神(カミ)の国(クニ)には住(ス)めんことになるのざぞ


この世(ヨ)治(オサ)めるのは
地(クニ)の先祖(センゾ)の
生神(イキガミ)の光(ヒカリ)出(ダ)さねば、
この世(ヨ)治(オサ)まらんのざぞ、
今度(コンド)はトコトン掃除(ソウジ)せねば、
少(スコ)しでもまぢり気(ケ)ありたら、
先(サキ)になりてまた大(オオ)きな間違(マチガ)ひとなるから、
洗濯(センタク)々々(センタク)とくどう申(モウ)してゐるのざ。

神(カミ)は一時(ヒトトキ)は
菩薩(ボサツ)とも現(アラ)はれてゐたのざが、
もう菩薩(ボサツ)では治(オサ)まらんから、
愈々(イヨイヨ)生神(イキガミ)の性来(セイライ)現(アラ)はして
バタバタにらちつけるのざぞ、
今(イマ)の学(ガク)ある者(モノ)
大(オオ)き取(ト)り違(チガ)ひいたしてゐるぞ。

大国(オオクニ)(ノ)
常立(トコタチ)(ノ)尊(ミコト)大神(オオカミ)と現(アラ)はれて、
一時(ヒトトキ)は天(テン)もかまひ、
地(チ)の世界(セカイ)は申(モウ)すに及(オヨ)ばず、
天(テン)へも昇(ノボ)り降(オ)りして、
(モト)の(ニホン)の(カミ)の光(ヒカ)り
クッキリ現(アラ)はさなならんと仰(オオ)せあるぞ、
早(ハヨ)う洗濯(センタク)せんと間(マ)に合(ア)はんぞ。

この道(ミチ)の役員(ヤクイン)、
吾(ワレ)は苦労(クロウ)して人助(ヒトダス)けるのざぞ、
その心(ココロ)でないと我(ガ)出(ダ)して
吾(ワレ)のこと思(オモ)ふてゐるとグレンざぞ。

仏(ブツ)もキリストも何(ナニ)も彼(カ)も
スカリと救(スク)はねばならんのざ、
殺(コロ)して救(スク)ふのと、
生(イ)かして御用(ゴヨウ)に使(ツカ)ふのとあるぞ、
今度(コンド)はハッキリ区別(クベツ)するのざぞ、
昔(ムカシ)からの因縁(インネン)ざぞ。

この方(カタ)のもとに参(マイ)りて、
昔(ムカシ)からの因縁(インネン)、
この先(サキ)のこと克(ヨ)く聞(キ)いて
得心(トクシン)出来(デキ)たら、
肚(ハラ)の底(ソコ)から改心(カイシン)して
マコトの御用(ゴヨウ)結構(ケッコウ)につとめあげてくれよ。
逃(ニ)げ道(ミチ)つくってはならんぞ、
二(フタ)つ三(ミッ)つ道(ミチ)つくってはならんぞ。
ますぐに神(カミ)の道(ミチ)に進(スス)めよ。

神(カミ)の道(ミチ)は
一筋(ヒトスジ)ざと申(モウ)してあろが。


何(ナン)なりとそれぞれの行(ギョウ)せねば
マコトのことは出来(デキ)んのざぞ、
世界(セカイ)の片八四(カタッパシ)
浜辺(ハマベ)からいよいよが始(ハジ)まると
知(シ)らしてあること近(チコ)うなりたぞ、
くどい様(ヨウ)なれどさっぱりと洗濯(センタク)してくれよ、
神(カミ)の国(クニ)は
神(カミ)のやり方(カタ)でないと治(オサ)まらんから
今(イマ)までの法度(ハット)からコトから、やりかたかえて、
今迄(イママデ)はやりかた違(チガ)ってゐたから、
神(カミ)のお道(ミチ)通(ドオ)りに致(イタ)しますと
心(ココロ)からお詫(ワ)びせねば、
する迄(マデ)苦(クル)しむのざぞ、
この苦(クル)しみは
筆(フデ)にも口(クチ)にもない様(ヨウ)なことに、
臣民(シンミン)の心(ココロ)次第(シダイ)でなるのざから、
くどう申(モウ)してゐるのざぞ、
何(ナニ)も彼(カ)も神(カミ)にささげよ、
てんし様(サマ)にささげよと申(モウ)してあろがな、
それが神国(カミグニ)の民(タミ)の心得(ココロエ)ぞ、
否(イヤ)でも応(オウ)でもそうなって来(ク)るのざぞ。


神国(カミグニ)の政治(セイジ)経済(ケイザイ)は
一(ヒト)つざと申(モウ)してあろうがな


今(イマ)の臣民(シンミン)に
判(ワカ)る様(ヨウ)に申(モウ)すならば、
臣民(シンミン)働(ハタラ)いてとれたものは、
何(ナン)でも神様(カミサマ)にささげるのざ、
神(カミ)の御(オ)社(ヤシロ)は幸(サチ)でうづもれるのざぞ、
御(ミ)光(ヒカリ)輝(カガヤ)くのざぞ、
光(ヒカリ)のまちとなるのざぞ。
神(カミ)からわけて下(クダ)さるのざぞ、
其(ソ)の人(ヒト)の働(ハタラ)きによって
それぞれに恵(メグ)みのしるし下(クダ)さるのざぞ、
それがお宝(タカラ)ぞ、

お宝(タカラ)徳(トク)相当(ソウトウ)に集(アツ)まるのざぞ、
キンはいらんと申(モウ)してあろがな、
元(モト)の世(ヨ)になる迄(マデ)に、さうした事(コト)になって
それからマコトの神(カミ)の世(ヨ)になるのざ。
神(カミ)の世(ヨ)はマツリあるだけぞ、
それ迄(マデ)にお宝(カタラ)下(クダ)さるのざぞ、
お宝(タカラ)とは今(イマ)のお札(サツ)の様(ヨウ)なものざぞ。

判(ワカ)る様(ヨウ)に申(モウ)すなら、
神(カミ)の御(オ)社(ヤシロ)と臣民(シンミン)の
お役所(ヤクショ)と市場(イチバ)と
合(アワ)した様(ヨウ)なものが、
一時(ヒトトキ)は出来(デキ)るのざぞ、
嬉(ウレ)し嬉(ウレ)しとなるのざぞ、
マコトのマツリの一(ハジメ)ざぞ。
このことよく肚(ハラ)に入(イ)れて
一二三(ヒフミ)として説(ト)いて、
早(ハヨ)う上(カミ)の守護人殿(シュゴヒトドノ)にも、
下(シモ)の守護人殿(シュゴヒトドノ)にも知(シ)らして、
安心(アンシン)して、勇(イサ)んで暮(クラ)す様(ヨウ)に
してやりて下(クダ)されよ。

それも臣民(シンミン)の心(ココロ)次第(シダイ)、
素直(スナオ)な人(ヒト)、
早(ハヨ)う嬉(ウレ)しくなりて、心(ココロ)勇(イサ)むぞ、
さびしくなりたら
たづねて御座(ゴザ)れと申(モウ)してあろがな

 一月(イチガツ)十三日(ジュゥサンニチ)、
 ○に ゝまるにてんの一二(ヒツクノ)か三(ミ)。

◆※注:○に ゝまるにてん=特殊文字=○にてんが入っています。
  この○に ゝは、かみ=根本(こんぽん)の神とも読んでいます。
 
 この神示(ふで)は、よほど、しっかりと読んで
 理解をしなければと思います。
 何度も読んで理解を深めて欲しいと思います。 
クローバーライン小

matuba-rain1
第九巻 キの巻第十七帖
 すり鉢に入れてコネ廻してゐるのざから
一人逃れ様とてのがれる事出来んのざぞ、
逃れようとするのは我れよしざぞ、
今の仕事 五人分も十人分も精出せと申してあろがな、
急ぐでないぞ、
其の御用すみたら次の御用にかからすのざから、
この世の悪も善も皆御用と申してあろが。
身魂相当の御用致してゐるのざぞ、
仕事し乍ら神示肚に入れて行けば仕事段々変るのざぞ、
神示声立てて読むのざと、申してあること忘れるなよ、
その上で人に此の道伝へてやれよ、無理するでないぞ。


我捨てて大き息吹きにとけるのざぞ、
神の息吹きにとけ入るのざぞ、
「御みいづ」にとけ入るのざぞ

愈々神示一二三(ひふみ)となるぞ、
一二三とは息吹ぞ、みみに知らすぞ、
云はねばならぬから一二三として、息吹きとして知らすぞ。
神示よく読めば分ることぞ、
神示読めよ、よむと神示出るぞ、

此の巻は「キの巻」と申せよ。
富士は晴れたり (せかい)ばれ、岩戸あけたり (せかい) ばれぞ。

 三月二十日、ひつ九の神。
◆※注:せかいの一つ上に特殊文字でまる○の中に十字が入っています。
 それを、せかい=というふうに読むようです。
クローバーライン小

fujisannajisai1

wafuhana1
五十黙示録補巻 月光の巻第7帖
 大奥山(オオオクヤマ)は
神(カミ)人(ヒト)交流(コウリュウ)の道(ミチ)の場(バ)である。
道(ミチ)は口(クチ)で説(ト)くものではない。
行(ギョウ)ずるものである。
教(オシエ)は説(ト)かねばならない。
多数決(タスウケツ)が悪多数決(アクタスウケツ)と
なるわけが何故(ナゼ)に判(ワカ)らんのぢゃ。

投票(トウヒョウ)で代表(ダイヒョウ)を出(ダ)すと
殆(ホト)んどが悪人(アクニン)か狂人(キョウジン)であるぞ。
世界(セカイ)が狂(クル)ひ、悪(アク)となり、
人民(ジンミン)も同様(ドウヨウ)となっているから、
その人民(ジンミン)の多(オオ)くが選(エラ)べば選(エラ)ぶ程(ホド)、
益々(マスマス)混乱(コンラン)してくるのであるぞ

それより他(ホカ)に人民(ジンミン)の
得心(トクシン)出来(デキ)る道(ミチ)はないと
申(モウ)してゐるが、道(ミチ)はいくらでもあるぞ。

人民(ジンミン)の申(モウ)してゐるのは平面(ヘイメン)の道(ミチ)、
平面(ヘイメン)のみでは乱(ミダ)れるばかり、
立体(リッタイ)にアヤなせば弥栄(イヤサカ)えて
真実(シンジツ)の道(ミチ)が判(ワカ)るのぢゃ。
ぢゃと申(モウ)して独裁(ドクサイ)ではならん。
結果(ケッカ)から見(ミ)れば神裁(シンサイ)ぢゃ


神裁(シンサイ)とは
神(カミ)人(ヒト)交流(コウリュウ)によることぞ

十二月(ジュウニガツ)二十五日(ニジュウゴニチ)
神(カミ)はうそつきぢゃと人民(ジンミン)申(モウ)しても、
悪(ワル)い予言(ヨゲン)は
うそにしたいので日夜(ニチヤ)の苦労(クロウ)、
こらえられるだけこらえてゐるのである。

もう、ものばかりでは治(オサ)まらんこと、
キンでは治(オサ)まらんこと、
平面(ヘイメン)のみでは駄目(ダメ)であること、
よく判(ワカ)ってゐるのにカブトぬげん神々様(カミガミサマ)よ、
気(キ)の毒(ドク)が来(コ)ぬ前(マエ)に改心結構(カイシンケッコウ)。
遠(トオ)くからでは判(ワカ)らんし、
近(チカ)づくと迷(マヨ)うし、
理屈(リクツ)すてて神(カミ)にほれ参(マイ)らせよ。

よくこの神(カミ)をだましてくれたぞ、
この神(カミ)がだまされたればこそ、
太神(オオカミ)の目的(モクテキ)なってくるのぢゃ。
細工(サイク)はりゅうりゅう仕上(シア)げ見(ミ)て下(クダ)されよ。

区別(クベツ)すると力(チカラ)出(デ)るぞ、
同(オナ)じであってはならん。
平等(ビョウドウ)でなくてはならんが、
区別(クベツ)なき平等(ビョウドウ)は悪平等(アクビョウドウ)である。
天(テン)に向(ムカ)って石(イシ)を投(ナ)げるようなことは、
早(ハヤ)くやめねばならん。
霊(レイ)かかりもやめて下(クダ)されよ。
人民(ジンミン)が絶対無(ゼッタイム)と申(モウ)してゐるところも、
絶対無(ゼッタイム)ではない。
科学(カガク)を
更(サラ)に浄化(ジョウカ)弥栄(イヤサカ)させねばならん。
空間(クウカン)、時間(ジカン)が霊界(レイカイ)にないのではない。
その標準(ヒョウジュン)が違(チガ)うから
無(ナ)いと考(カンガ)えてよいのである。

奥山(オクヤマ)は奥山(オクヤマ)と申(モウ)してあろう。
いろいろな団体(ダンタイ)をつくってもよいが、
何(イズ)れも分(ワカ)れ出(デ)た集団(ツドイ)、
一(ヒト)つにしてはならん。
奥山(オクヤマ)はありてなきもの、
なくて有(ア)る存在(ソンザイ)である。
奥山(オクヤマ)と他(ホカ)のものとまぜこぜまかりならん。
大(オオ)き一(ヒト)つではあるが別々(ベツベツ)ぞ。

今迄(イママデ)になかった奥山(オクヤマ)のあり方(カタ)、
判(ワカ)らんのも無理(ムリ)ないなれど、
これが判(ワカ)らねばこの度(タビ)の大神業(オオカミワザ)、
判(ワカ)りはせんぞ。


◆※:どれも重要な神示ではありますが、
   今までは許されていた人間の基準は通用しない、
   許されない時代になったということですよね。
   悪の神様の基準を正神様の基準に切り換えよと
   促しておりますね。
クローバーライン小

wafuhana1
五十黙示録 五葉之巻第九帖
  昭和36年09月01日(1961年)

平等(ビョウドウ)とか公平(コウヘイ)とか申(モウ)すのは
悪魔(アクマ)のワナであるぞ


天地(テンチ)をよくみよ、
人民(ジンミン)の申(モウ)す如(ゴト)き
平等(ビョウドウ)も公平(コウヘイ)もないであろうがな、
一寸(イッスン)のびる草もあれば
一尺(イッシャク)のびる草(クサ)もあるぞ、

一寸(イッスン)の草(クサ)は一寸(イッスン)が、
一尺(イッシャク)の草(クサ)は一尺(イッシャク)が
頂天(チョウテン)であるぞ。
これが公平(コウヘイ)であり平等(ビョウドウ)と申(モウ)すもの


人民(ジンミン)は選挙(センキョ)と申(モウ)す
マヤクに酔(ヨ)ってゐるぞ、
選挙(センキョ)すればする程(ホド)、
本質(ホンシツ)から遠(トオ)ざかるぞ。

他(ホカ)に方法(ホエホエ)がないと定(サダ)めてかかるから、
悪魔(アクマ)に魅入(ミイ)られてゐるから
判(ワカ)らんことになるぞ。

世(ヨ)は立体(リッタイ)であるのに
平面選挙(ヘイメンセンキョ)していては相(アイ)成(ナ)らんぞ。
平面(セイヘン)の数(カズ)で定(サダ)めてはならん、
立体(リッタイ)の数(カズ)に入(ハイ)れよ

クローバーライン小

五十黙示録 五葉之巻十帖
 悪自由(アクジユウ)、悪平等(アクビョウドウ)の神(カミ)が
最後(サイゴ)の追込(オイコ)みにかかってゐるなれど、
もう悪(アク)の世(ヨ)はすんで
岩戸(イワト)がひらけてゐるのざから、
何(ナン)とやらのように前(マエ)から外(ハズ)れてアフンぢゃ、
七重(ナナエ)の花(ハナ)が八重(ハチエ)に、
八重(ハチエ)が九重(キュウエ)、
十重(ジュウエ)にひらくのであるぞ、
七重(ナナエ)はキリストぢゃ、
八重(ハチエ)は仏教(ブッキョウ)ぢゃ、
今(イマ)の神道(シンドウ)ぢゃ、
今(イマ)までの教(オシエ)は
つぶれると申(モウ)してあろうがな。
兎(ト)や角(カク)申(モウ)さず
掴(ツカ)める所(トコロ)から神(カミ)をつかんで
ついて御座(ゴザ)れよ、
水(ミズ)は流(ナガ)れる所(トコロ)へ
流(ナガ)れてゐるであろうがな、あの姿(スガタ)。

◆注;素直になって理解を深めながら
   大神様についておいでとおっしゃっていますね。
クローバーライン小

五十黙示録 五葉之巻十一帖
 善では立(タ)ちて行(ユ)かん、
悪(アク)でも行(ユ)かん、
善悪(ゼンアク)でも行(ユ)かん、
悪善(アクゼン)でも行(ユ)かん。
岩戸(イワト)と申(モウ)しても
天(アメ)の岩戸(イワト)もあるぞ、
今迄(イママデ)は平面(ヘイメン)の
土俵(ドヒョウ)の上(ウエ)での出来事(デキゴト)であったが、
今度(コンド)は立体土俵(リッタイドヒョウ)の上(ウエ)ぢゃ、
心(ココロ)をさっぱり洗濯(センタク)して
改心(カイシン)致(イタ)せと申(モウ)してあろう、
悪(ワル)い人(ヒト)のみ改心(カイシン)するのでない、
善(ヨ)い人(ヒト)も改心(カイシン)せねば
立体(リッタイ)には入(ハイ)れん、
此度(コタビ)の岩戸(イワト)は
立体(リッタイ)に入(ハイ)る門(モン)ぞ。

  昭和36年09月01日(1961年)
クローバーライン小

五十黙示録 五葉之巻十五帖  
今(イマ)に大(オオ)き呼吸(イキ)も出来(デキ)んことになると
知(シ)らせてあろうが、その時(トキ)来(キ)たぞ、
岩戸(イワト)がひらけると言(イ)ふことは
半分(ハンブン)のところは天界(テンカイ)となることぢゃ、
天界(テンカイ)の半分(ハンブン)は地(チ)となることぢゃ、


今(イマ)の肉体(ニクタイ)、
今(イマ)の想念(ソウネン)、
今(イマ)の宗教(シュウキョウ)、
今(イマ)の科学(カガク)のままでは
岩戸(イワト)はひらけんぞ、
今(イマ)の肉体(ニクタイ)のままでは、
人民(ジンミン)生(イ)きては行(ユ)けんぞ、

一度(イチド)は仮死(カシ)の状態(ジョウタイ)にして
魂(タマシイ)も肉体(ニクタイ)も、
半分(ハンブン)のところは入(イ)れかえて、
ミロクの世(ヨ)の人民(ジンミン)として
よみがへらす仕組(シクミ)、心得(ココロエ)なされよ、
神様(カミサマ)でさへ、
この事(コト)判(ワカ)らん御方(オカタ)あるぞ、
大地(ダイチ)も転位(テンイ)、
天(テン)も転位(テンイ)するぞ。

 昭和36年09月01日(1961年)
クローバーライン小

matuba-rain1
DNAの進化と思える神示があります。
    半霊半物質の世界とは

matuba-rain1
五十黙示録 五葉之巻十六帖
 マコトでもって洗濯(センタク)すれば霊化(レイカ)される、
半霊半物質(ハンレイハンブッシツ)の世界(セカイ)に
移行(イコウ)するのであるから、
半霊半物(ハンレイハンブツ)の肉体(ニクタイ)とならねばならん

今(イマ)のやり方(カタ)ではどうにもならなくなるぞ、
今(イマ)の世(ヨ)は灰(ハイ)にするより他(ホカ)に
方法(ホウホウ)のない所(トコロ)が沢山(タクサン)あるぞ、
灰(ハイ)になる肉体(ニクタイ)であってはならん、
原爆(ゲンバク)にも水爆(スイバク)にも
ビクともしない肉体(ニクタイ)となれるのであるぞ、
今(イマ)の物質(ブッシツ)でつくった何物(ナニモノ)にも
影響(エイキョウ)されない新(アタラ)しき生命(イノチ)が
生(ウマ)れつつあるのぞ。
岩戸(イワト)ひらきとはこのことであるぞ


少(スコ)し位(クライ)は
人民(ジンミン)つらいであろうなれど
勇(イサ)んでやりて下(クダ)されよ。
大弥栄(オオイヤサカ)の仕組(シクミ)。

昭和36年09月01日(1961年)
クローバーライン小

 ◆◇◆
 根本(コンポン)の大オオヒツキ大神さま
 (ひつくの神様のお名前)
は、
 この神示(フデ)を読むようになると
 洗濯や掃除の始めとなり終わりになると
 言われています。
 是非に、どんどん読んで、
 身魂磨きを勇んで進めましょう^^

 かたくりhanakatakuri1


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2597:今この時のために。 by kiki on 2011/06/30 at 14:30:47 (コメント編集)

書かれてあるのですね。
声に出して何度も読んでみます。
リズミカルな文ですね♪

2600:リズムカルに^^喜んで^^ by かたくり on 2011/06/30 at 21:34:42

 読むことが
 根本(こんぽん)の大ヒツキの大神さまの
 喜ばれる事になります^^

 ノリノリで^^祝詞も^^
 神示も読み進めて行きましょう~♪

 今この混沌とした時代を生き抜くための
 指針として^^
 ポジティブにいきましょう~♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR