カウンター アクセスカウンター 原子力発電所という時限爆弾・プレアデスの智恵より - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

原子力発電所という時限爆弾・プレアデスの智恵より

hikariアース

クローバーライン小
 みなさんも読まれたことがあると思いますが
「プレアデスの智恵・ チェロキーインディアンからのメッセージ」
薗田 綾・著  総合法令出版  1996年刊
という本がありますね。
この著者が「歩きながら狩りをする鷹」という長い名前をもつ
アメリカ・ネイティブインディアンから聞いた話をまとめたものです。
中にかなり興味深い示唆に富んだ事が載っています。
クローバーライン小

この大地は地球のものです。
私たちは少しの間、地球から借りているだけなのです。
もし子供たちに財産や、土地を残したいと考えていたとしても、
それは子供たちがほんとうに望むものではないのです。
そんなものに執着するよりも、
この美しい母なる地球を残すことの方が
大事なことだということに気づいてください。
それが、
おそらく私たちの未来の子供たちへの最大の贈り物なのです。

※※※注:ひふみ神示でも言われていますね。
     
 母なる大地から、いつも恵みをもらうばかりではいけない。
大地にも恩返しとして感謝の気持ちを捧げなくてはならないのだ。
私たちはただやみくもに奪ってはいけない。
必要なものだけを取ればいい。
植物からの恵みを得るときには、まず最初の1本に祈りを捧げる。
聖なる煙草の葉を備え、新しい息吹をいただくことに感謝する。
必要な量以上はけっして取ることはない。
恵みをけっして無駄にしないために。
これが自然の原則であり、大自然の秩序なのだ

クローバーライン小
  
★けがされた大地★  
母なる地球の大きな変化について
チェロキーに伝わる預言はこう告げています

「母なる地球が自らの治癒力をコントロールするとき、
あるところでは異常に雨が降り、あるところでは異常に渇く。
またあるところでは異常に暑く、あるところでは異常に寒くなる。
季節があまり急激に変わるために、
季節と季節の区別ができなくなってしまうときがくる。
これは母なる地球の変化の前兆である。

このとき、地球の生き物は、
なぜそんなことが起きるのかを知らなければならない。」

クローバーライン小
  
★原子力発電所という時限爆弾★
 原子力発電所による事故の悲惨さも、これまで数々ありました
これらは、世界には現在500基以上の原子力発電所があります
エネルギーの確保のため必要だという理由から、
建設が急がれました。
けれども、
その安全性はあとまわしになっています
。(中略)
1986年に起こったチェルノブイリ原発事故では、大量の放射能が放出され、
「広島」の原爆の数百発分に相当する死の灰が振りまかれました。
この影響で、およそ10年たった現在も、
白血病や甲状腺ガンの子どもが急増し、
奇形の家畜もどんどん生まれています。
被爆者の数は少なくとも66万人にのぼるといわれ、
今なお放射能汚染は、
ヨーロッパばかりか地球全体として続いているのです

 放射能汚染の危険性やその恐ろしさは、
原爆を経験している日本人ならほかの国以上に切実に感じているはずです。
その痛みを世界に向けて発信していくべきでしょう

けれども、
日本は世界有数の原子力発電所推進国というのが現実です
。(中略)
※※※注:切実に感じている人がどれだけいるのかと恥じ入るばかりです。
     そして2011年3月11日、
     福島原発事故の現実と向き合うことになりました。
     電力利権によって、どれだけの自然が人が失われたか。

 私たちが、夏の暑い日や冬の寒い日に特別に多く使う電力のために、
あるいは全国に300万台以上あるといわれる飲料の自動販売機や、
また24時間開いている施設などのために、
原子力発電所が必要なのでしょうか。
便利で快適な生活の代償として、
危険を承知のうえで原子力発電所を使わなければならない
という矛盾の根本的な原因を知ることです。

 彼の話を聞くうちに、その根本的な原因が、
おそらく欧米社会が近代につくりだした
魔のルール「経済」という仕組みにあると私は感じていました

「経済」とは、大量生産、大量消費によって成長する
お金絶対主義の社会の基盤となっているもののことです。
 資本主義の社会においては、
このお金を儲けることが、何をおいても大切なことなのです。
けれども、産業革命以降のこの300年間、
私たち現代人があたりまえのことだと思ってきたこの社会のルールは、
実は自然のルールとまったく逆だったのです
大量に電気を使えば、大口顧客として電気代は割引になります。
たくさん物を買えば安くなるのが経済のルールです。
けれども、これは自然のルールには当てはまらないのです。
「1本の木を切るだけなら何もしなくていいのだが、
10本切るなら10本、100本切れば1000本植える必要がある」。
鷹たちは自然の摂理を知っています。これが自然のルールです
 東南アジアで今日、頻繁に起きている深刻な大洪水は、
大切な森林がなくなったことが大きな原因
です。
従来の森林がもっていた豊かな保水力がなくなってしまったため、
大雨が降ると雨水は森に蓄えられずに、
一気に川に流れ出してしまうからです。(中略)


 チェロキーの預言には
もしもこのまま母なる地球が傷つけられ、
人間がすべての生き物に対して敬意を払わないならば、
西暦2000年ごろにアメリカ西海岸が
大洪水やハリケーンによって滅んでしまう」とあります。
合衆国の各地でも大洪水や大地震が起こるでしょう。
運よく大洪水からまぬがれることができたとしても、
今度は干ばつがやってきます。
貴重な水はどんどん減ってしまい、
残ったわずかな水もすでに汚染のために飲めなくなってしまいます。
大都市には伝染病が蔓延し、重い不治の病に苦しむのです」
。(中略)
クローバーライン小

sumire11
★浄化の日★
チェロキー族のメディスンマンだったローリングサンダーはこう言い残しています
  「人間がある場所を汚すとそれはたちまち広がってしまう。
  まるで、体内に転移するガン細胞のように‥‥。
  それゆえ地球はいま病んでいる。
  人間が母なる地球をあまりにひどく扱っているせいなのだ‥‥。
  今後起こりうる災害は、
  母なる地球がその膿を取り除いて自然に還るための微調整なのだ。
  このことに気づくことはとても重要である。
  高等生物たちが自由な意志を持ち、健康であり続けたいと願うように、
  母なる地球もそう望んでいる。
  母なる地球も私たちと同じひとつの生命体であり、
  意志を持っているからなのだ。」


 母なる地球の状態を知れば知るほど、
浄化の日が来るのはそう遠い未来ではないことが感じられます。
そのときがいつかはわかりません。
けれども、
すでに浄化は起こっているのです。
母なる地球の変動はもう始まっています。
 母なる地球は知性をもつゆえに、
この多くの汚染や破壊、激しい争いをなんとか止めようとしているのです。
それははっきりとわかる形であらわれてきています。
地震や津波、洪水、干ばつ、‥‥といった自然災害として、
その多くが私たちの身近にやってきています。
私たちは、今までになかった被害を目の当たりにしているはずです


私たちの子供たち、孫たち、
そして地球に生きる多くの生命の存続のためにも、
けれども誤解しないでほしいのです。
これは、けっして母なる地球の怒りではありません。
これは、母が子供たちに示す深い愛情のあらわれなのです

地球自身が癒されなければならないからです。
今、癒されなければ、手遅れになってしまうからです。
母なる地球はできるだけ多くの生き物に大きな被害が出ないように、
十分に気づかっています。
でも、母なる地球の病状が中途半端なものではないだけに、
人間やほかの動物にとっては
厳しい試練となることは仕方のないことなのです。
この試練から私たちは多くのことを学ばねばなりません。
母なる地球を癒すのは私たち一人ひとりだからです。

クローバーライン小

★輪の思想~けっして終わりではない★
これから大きな変化はやってくるが、
それはこの世の終わりではないと鷹は言います

 もしも、多くの人たちが
The End of the World(世界の終わり)だというぐらいの
何か重大な出来事が起こったとしても、
それは、
ある価値観から新しい別の価値観への
トランスフォーメーション(変容)にほかなりません。
世界の終わりは、すなわち新しい価値観による世界の出現
なのです。
もしも
「母なる地球」を敬う気持ちや、
大自然と調和しながら生きていくという姿勢があれば、
何も恐れることはありません。
変化こそが次の世界への夜明けを誘うものなのですから

これから訪れる物質的災害から自分の身を守りたいならば、
その方法はたったひとつしかありません。
先住民族たちの生き方や考え方を学ぶことです。
頭でなく心で。
そう、
母なる地球を慈しみ、
すべての生き物を敬う気持ちを思い出すことだけなのです

クローバーライン小

taiturisou1
★地球の大きな変化★
世界はまもなく混沌とした時代を迎えるでしょう
人間は、すでに母なる地球の子供ではなくなりつつあるからです。
人間は、すべての存在に対して傲慢になりすぎ、
地球を破壊しすぎてしまいました

我々は大急ぎで、
母なる地球のすべての恵みについて
感謝の気持ちを思い出さなければなりません。
この地球上の出来事は、
すべて母なる地球の恩恵なのだということを。
今、母なる大地が徐々に大きな変化を起こしはじめました。
これからいろんなことが起こってくることでしょう

人間そのものが、
どこかに連れ去られていくような大きな異変も避けられません。
この異常な気候こそがその象徴であり前兆なのです。
それを避けようとすることよりも、私たちはまず、
どうしてそんなことが起こるのかその意味を問わねばなりません。

世界中で起こりはじめた大きな変化を止める術はもうありません
どんなに高度な科学技術をもってしても、
地震も津波も止めるどころか予知することすらできません。
それは起こるべきときに、起こるべくして起こるのです。
地球の浄化のための身震いは、
母なる地球が生き続けるためにどうしても必要なことなのです


私が地球の大きな変化を否定しないのは、
それが地球にとっても、
すべての生き物にとっても必要なことだと思うからです

変化による警告がなければ、
地球と調和しない人間によって、
母なる地球はぼろぼろにされてしまうかもしれません


 私たちチェロキーも多くのインディアンの指導者たちも、
母なる地球の大きな変化を「浄化=Purification」と呼んでいます

必要なときにそれはやってくるのだと悟っています
 もちろん、この浄化はなまやさしいものばかりではありません。
いままで起こった異常気象や大地震のように
多くの生命が母なる地球に還っていくかもしれません。
もしかすると想像もできない大きな規模の浄化かもしれないのです。

 どんどん悪化する地球環境のせいで、
あと数十年で生き物は陸上では棲めなくなってしまうといわれています。
早くどうにかしていかなければ、
私たちすべての生物がこの地球で生きられなくなってしまうかもしれません。
 母なる地球が寿命通りに(あと50億年近く)生き続けるためには、
どうしても地球の浄化活動は必要なことなのです。
私たち人間は自分たちのことばかり考えるのに精一杯といった感じで、
今まで母なる地球のことにあまり意識を向けてはいませんでした。(中略)

 母なる地球の大きな変化は、
地球の最後の治癒力によって引き起こされています


 たとえば、私たちが風邪をひいたときに熱が出るのは、
その熱によって体を冷やす機能(自然治癒力)が
身体の中に備わっているからです。
それと同様の変化が母なる地球にもあります。
しかし、
地球にとって今回の自然環境の破壊という病気は風邪どころではありません。 
もしかすると末期的なガンの状態にあるのかもしれません。
いずれにしても回復に向かうためには地球がなんらかの浄化を必要としているのです。
この地球の浄化によって何が起こるのか、
いったいどれぐらいの生物が生き残れるのか、それは私にもわかりません。

インディアンのある預言者は、
全生物の約75%が消えてしまうといっています。
別の預言者は90%だともいっています。
おそらく、
氷河期と同じぐらいか、
それ以上の大きな変化がやってくることが大きな警告として
すでに発せられているのです。
そう遠くない日に
確実にやってくる変化のことを告げています。
クローバーライン小

★惑星衝突★
  1989年3月23日に地球から
100万キロほど離れたところを小惑星が通り過ぎました

危うく惑星大衝突はまぬがれましたが、
もしもこの通過があと6時間遅ければ、
地球は衝突のショックのために
地殻の大変動が避けられなかったかもしれません。
世界中の天文台は、この惑星の接近を寸前まで確認できなかったため、
さほど大きなニュースにはならなかったようですから、
知っている人も少ないことでしょう。
驚くべきことに、
実際に地球に衝突する可能性のある惑星や小惑星などの10%以上は、
地球にぶつかってからでなければその存在がわからないということです。

浄化の日を恐れる必要などありません。
これは私たちの学びなのです

自分の病気と同じように、
私たちはこの変化から重要な「選択」を学んでいかなければならないのです

変化の中には避けることができるものもあります。
私たち人間が人為的に起こしている環境汚染や地球の破壊を、
今すぐやめることができれば、まだ間に合うかもしれません。
母なる地球は私たちに救いの余地を残してくれています。
母の願いに気づき、正しい「選択」をするならば、
変化は最小限でくい止められるのです。
あるいは
危機一髪で助かる方法を見つけることができることでしょう。
母なる地球とつながるためには、
まず私たち一人ひとりの意識を変えていくことが重要
です。
私たち一人ひとりが少しずつ意識を変えていくことで、
母なる地球を破壊から守り、
すべてのものの真の幸せへとつなげていくことができるのです。
そうすれば世界は確実に変わっていくのです。
クローバーライン小

★私たちは母なる地球の一部★
私たちの人生は「選択」から成り立っています
今日は誰に会おう、どこへ行こう、何をしよう‥‥。
私たちの今ある存在は、私たちの毎日の多くの「選択」の結果なのです。
  だからといって選択に戸惑う必要はありません。
間違った選択をしたことに気がつけば、
新たに正しいと思う選択をすればいいだけです。
ベストの選択をすることができなくても、
ベターな選択ならできるはずです。
こうするよりこちらのほうがいいだろう、
という小さな一つひとつの選択が私たちの人生を変えていくのです。
ただし、
その選択が誰かを傷つけることになりはしないか、
母なる地球を破壊することになりはしないかということを、
いつも心に留めてほしいのです。
その気持ちは、母なる地球につながっていくはずです。
私たちはもっと神聖な態度で、
母なる地球の上を歩くことを知らねばなりません。
母なる地球を癒すために私たちができることは、
すべての人間、
そしてすべての生き物がつながっていると感じること。
そして慈しみの心を持ちながら生きることを、選択することなのです。

 ※※※注:なわ・ふみひと様よりお借りしました。
クローバーライン小
 ◇◆◇
 かなり現在においての指摘に近い事ばかりです^^;
 なぜか、忙(せわ)しい日々の中にいると「感謝」の気持ちを
 忘れてまいます。忘れるの忘をよく見ると「心を亡くす」と
 読めます^^;滝汗。
 今現実に起きている事をしっかりと見据えて前向きに
 考え、「身魂磨き」も出来る限り・・・
 とにかく、努力をしましょう~(=^・^=)b
  かたくりhanakatakuri1

関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3181:仏南部の核施設で爆発が起きた模様・ω・ by ミルク on 2011/09/13 at 10:30:20

ザ・エデンさんのブログより。

>APF通信によると、施設は仏原子力大手アレバが核兵器から抽出したプルトニウムを使い、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の製造に使用している。
――引用ここまで――

http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-531.html

やはり“核”の連鎖がこれからも続くようです。・ω・

これから時間が経つにつれ、深刻な実態が判明するでしょう。 (―ω―;)

3182:フランス…。 絶句 ((冷汗   by クローバー on 2011/09/13 at 11:24:51 (コメント編集)

報道。

★【海外】フランス南部の核施設で爆発 1人死亡、4人負傷、
電力大手所有の溶融炉(ニュース動画と画像)
http://savechild.net/archives/8636.html

★仏核施設爆発「ただちに影響ない」 エダルノ長官
http://kyoko-np.net/2011091301.html
緊急の記者会見で、サルコジ内閣のエダルノ官房長官は
「ただちに健康に影響はない」と説明。
国民に対し冷静な対処を呼びかけた。

また処理施設周辺の住民が一斉に自主避難を始めたため、
現在国内の主要幹線道路や高速道はパリを先頭に
軒並み40キロから130キロの渋滞が起こっている。
/虚構新聞 何だか ユニークな新聞 ^^

***
反応は、どこも国も同じですね。。。
詳細は、これからだと思いますが、
重大な事態に発展しないことを、切に祈ります。


3186:アレバ社という有名な除洗会社があるからw by かたくり on 2011/09/13 at 12:34:49


 これから
 どんどん
 規模拡大で起きてくるのでしょうか?

 それにしても
 同じように
 「ただちに健康に影響がない」とはね。

 日本と同じ? |-。-;| 
 

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR