カウンター アクセスカウンター 日本超古代史の謎に挑む・ 日本・ユダヤ同祖論の深層 - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

日本超古代史の謎に挑む・ 日本・ユダヤ同祖論の深層

fuji-seiten1
foto:FG
クローバーライン小

◆二つの相異なる日猶同祖論
   ※「猶」=猶太=ユダヤ 
明治初年頃出版された、N・マクレオドというユダヤ人の書いた
英文冊子(The Epitome of the Ancient History)は、
「日猶同祖論」の嚆矢ともいうような論文であるが、
   ※「嚆矢」=こうし=「はしり」
この中に奇妙な記述がある。
マクレオドは、日本の王オセエ(Osea)は
イスラエル王ホセア(Hosea)と同一人であるかもしれないと
述べていることである。


kodai-isurael
foto:古代イスラエル

 ホセア王は、イスラエル国最後の王として
「列王紀」下15章29-30節に登場するのだが、
「記紀」はもちろん『竹内古代史』にも記されていない。
オセエ王の典拠はどこにあるのか?
マクレオドは何も記していない。

 われわれの知らない秘密の文献に、
日本にオセエ王なる人物の存在したことが
伝承されているものがあるとしか解釈し得ないのである。
いずれにせよ、
酒井勝軍もマクレオドも直接この古文献に
言及することを避けていることを考えると、
相当核心に触れる記述があったに相違ない。

 古代に高度な文明を持った原日本人が存在し、
彼らがユダヤの祖となった
などということが
明らかになることは、
シオニストにとっても、
また、万世一系の天皇制国家にとっても
許し難いことであろう。
シオニズムの国際謀略機関や、天皇家の手先共が、
マクレオドや酒井にさまざまな圧力をかけ、
問題のユダヤ古文献の公開を防止しようとしたのは、
これがためである。


ユダヤ人はすばらしく優れた民族であるが、
一方ではシオニスト国家の
   ※「シオニスト」「シオニズム」
    
シオニズム・古代イスラエルなど
反革命的な反縄文人的性格を見せつけられると
暗たんたる気持になる。
  今やユダヤは骨の髄まで堕落しつつある。
すみやかにシオニスト国家を解体し『トート第二の書』を公開させ、
彼らをして縄文革命の隊列に復帰させねばならない。
そしてロスチャイルド、ロックフェラー、サッスーンなど
ユダヤの生んだシャイロック顔負けの悪徳資本家、
デイズレリ、グラッドストン、フリードリッヒ、エーベルーなどの
忌まわしい権力に取りつかれたユダヤを、
カタカムナの名において否定せねばならぬのである。
   ──こう武内裕氏は強力に訴えている。
  (中略)
それに、
ユダヤ人が日本へ来て
日本人の祖の一人になったと唱導する人の多くは、
わずか二千年三千年前の時代だけを捉えて論評しているが、
『竹内古代史』でさえ、
五万年前からの人類の歴史書だというが、
この頃は、四十万年前、八十万年前、
すでに日本に人間が生活していたことを物語る
「石器」が出土したことを、新聞は報じている

 が、振り返って自己をみると、自己の血液の中には、
すでに何百万年前からの人間の血液が流れているのである。
それに、人類は、猿から進化したというが、
「宇宙考古学」がようやく発達してきたこの頃では、
人類は、他の惑星から天降った神人の子孫(太古の日本人)である
という論が新たな視点となってきていることを注目すべき
だと思う。

 では、最後に、
日本人の二つの異なる日猶同祖論に対して、
当のユダヤ人はどのように受け取っているか、
ユダヤ教でも上位のラビ(指導者)といわれる
マーブイン・トケイヤー著『ユダヤと日本・謎の古代史』によって、
その見解を見ていくことにしよう。

明治維新初期に横浜に来日した
スコットランド人一般商人マックレオド
(武内裕氏の本に、マクレオドとして出てきた人物)は、
日本の歴史を調べ、各地で行なわれる祭式を調べ、
食物、衣服、その他さまざまの伝統的な行事について
『日本古代史の縮図』という本を横浜で印刷し刊行した。
この本の中でマックレオドは、
日本人だけがその他の東洋民族とは
全く異なった文化や行動様式を持っており、
それがどうしておこったかということは
説明がつかないと述べている。
 ただし、二千五百年の昔に
ユダヤ人の十二種族のうちの大部分である十種族が、
東方世界に追放されたという聖書の記述に従って、
もしこれらの古代ユダヤ人が日本に住みついたとすれば、
日本で行なわれている説明のつかない
さまざまの行動様式や祭式のあり方などが、
よく理解できると述べているという。
usinawareta10zoku1
foto:失われた十種族?

つまり、
古代ユダヤの習慣が現代の日本に
生き残っている可能性が出て来た、
というのである。
また、英文の『ユダヤ百科事典』における
ユダヤの十種族の項目は、
すべて日本人とユダヤ人との関係についての記述で
満たされている、とも書いている。

 マックレオドはさらに、 京都の祇園祭を訪れ、
日本人の神官の着る衣服と
古代ユダヤ人の僧侶が着た衣服との間に、
数々の共通点を発見している。
古代ユダヤ人僧侶が着た真っ白でフサのついたドレスは、
日本の神官のそれと全く同じものである。
また、祇園という名前は、
シオン(ユダヤの地)が
なまったものであろうと 想定した、と書いている。

他、日本の神社の前に立っている狛犬が、
古代ユダヤの神殿の前に立てられたライオンの像と
類似した関係にあること。
特に日本修験道の山伏が、
変形したユダヤ教徒のように考えられること。
エルサレムの嘆きの壁にある「菊の紋」、
この日本の皇室の紋である菊の御紋が、
古代ユダヤの神殿の遺跡にも同じような菊の紋が
発見される事実をも挙げており、
川守田英二の、日本民謡のはやし言葉は
ヘブライ語という説についても、
古代ユダヤ語の専門家としての立場から、
トケイヤー氏はだいたい肯定しているし、
秦一族のこと、広隆寺、大酒神社などもはっきり肯定している。

 何れにしても、日本人の中には、
古代ユダヤ人が日本を訪れて
日本に真の知恵をもたらしたと考える人と、
古代にユダヤ人が日本を訪れて
知識を授かってユダヤに持ち帰ったと、
二様に考える人が、明治末年あたりから
大正、昭和を通じて後を絶たないのであるが、
外国人で日本人=ユダヤ人説を主張した人がいて、
その人は、サミュエル・アブラハム・グリンバーグというラビだと、
トケイヤー氏ははっきり名前を挙げている。
以上のように、
ユダヤ教の上層部の有力なラビから見ても、
日本人とユダヤ人は、二千年や三千年前からではなく、
遙かの古代からほとんど兄弟関係の種族であることが
肯定されているのである。


 柞木田龍善・著 1986年刊
 (なわ文庫より)
クローバーライン小

 参考
 お勧め:イスラエル12支族の謎
 トーラーの名において――シオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史
 古代イスラエル王国とイスラエル12支族の歴史
 クローバーライン小

 ◆◇◆
 「日本人とユダヤ人」 イザヤ・ベンダサン
 なども参考になると思います。

 日本人とユダヤ人は、
 兄弟姉妹だけれど、正反対の役割があるようです。
 終末期においても重要な役割があるようですしね。
 出来れば、地球を大事にしていく方向で
 手を取り合えればいいのですが・・・(希望)
  かたくりbook-cosmo 
 クローバーライン小
 


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3115:日本の近代史・特に明治以降の日本の歴史は、 by かたくり on 2011/09/02 at 14:43:04


 日本人として、
 縄文人の子孫として、
 知らなければならない事が
 数多くあります。

 明治以降、日本の最も奥深い部分に
 すでに、石屋が入っていたという事など。

 (」。_。L) ご一緒に考えていきませんか?

3116:日本が動く時、ユダヤ人が必ず動く・ω・ by ミルク on 2011/09/02 at 17:38:32

日ユ同祖論を裏付ける様々な各地に残る風習や痕跡から、日本民族とユダヤ人は切っても切れない深い関係にあります。・ω・

商才に長け、世界中に文化的影響力を与える先見性。

他国からの侵略戦争となれば、自分の命を省みず、突撃特攻や徹底抗戦、捕虜の屈辱を受ける前に自決など、根幹となる精神的行動原理は、
日本人とユダヤ人だけに見られる特徴で、他国や他民族にはこうした特徴はほぼ皆無です。

奇妙なことに、紀元前の古代、ローマ帝国の侵略によって敗北し、以来2千年もの永き間、国を持たず他の土地を逃げ惑って来た彼らの数奇な運命は、まるでそのまま現在、他国の侵略に脅え、支配者に騙され、搾取され、次第に生存圏を無くしつつある日本人をそっくり写しているかのようです。

今、確かに日本と日本人は、少しずつ危機的事態に近づいています。

あの3.11の未曽有の惨状、そして今も広がる原発事故の死の灰の汚染。

兄弟民族であるユダヤ人の目には、これはどう映っているのでしょうか。

大震災の少し後、海外メディアは、こぞって暴動や略奪行為をしない日本人の秩序と民度を絶讃していました。

しかし、今では、不甲斐ない無能な政府や電力会社に対して、なぜ怒らないのか?

と、訝しく報じています。

兄弟であるユダヤ人、そして隠れている悪の支配側は、3.11以降の日本人の全体を見て、恐らく、ある確信を持った筈です。

それが彼らにとって、都合がいいのか悪い展開かは、もう少し経てば徐々に判明するでしょう。

この日本の危機的状況にあっても、まだユダヤ(イスラエル)側からの日本と日本人に対する重大メッセージは、ありません。

穿った見方をすれば、この程度の状況では、まだ彼らは動かないといえます。

やはり日本人が覚醒しなければ、世界の趨勢は大きく動かない(動けない?)のでしょうね。(・ω・`)

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR