カウンター アクセスカウンター 一二三(ひふみ)神示(日月神示)・【歌(ウタ)でイワトひらけるぞ。】 - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

一二三(ひふみ)神示(日月神示)・【歌(ウタ)でイワトひらけるぞ。】

fuji-manngetu1
rain-kira

『岩戸開き』と『御魂』

第八巻・盤戸の巻 第十六帖

 世(ヨ)の元(モト)からの生神(イキガミ)が
揃(ソロ)うて現(アラ)はれたら、
皆(ミナ)腰(コシ)ぬかして、
目(メ)パチクリさして、
もの云(イ)へん様(ヨウ)になるのざぞ。

神徳貰(シントクモロ)うた臣民(シンミン)でないと
中々(ナカナカ)越(コ)せん峠(トウゲ)ざぞ、
神徳(シントク)はいくらでも
背負(セオ)ひきれん迄(マデ)にやるぞ、
大(オオ)き器(ウツワ)もちて御座(ゴザ)れよ、
掃除(ソウジ)した大(オオ)きいれもの
いくらでも持(モ)ちて御座(ゴザ)れよ、
神界(シンカイ)にはビクともしぬ仕組(シクミ)
出来(デキ)てゐるのざから安心(アンシン)して
御(ゴ)用(ヨウ)つとめてくれよ。

今(コン)度(ド)は
マコトの神(カミ)の力(チカラ)でないと
何(ナニ)も出来(デキ)はせんぞと申(モウ)してあろが、
日本(ニホン)の国(クニ)は小(チイ)さいが
天(テン)と地(チ)との神力強(シンリキツヨ)い、
神(カミ)のマコトの元(モト)の国(クニ)であるぞ。


洗濯(センタク)と申(モウ)すのは何事(ナニゴト)によらん、
人間(ニンゲン)心(ゴコロ)すてて仕舞(シマイ)て、
智恵(チエ)や学(ガク)に頼(タヨ)らずに、
神(カミ)の申(モウ)すこと一(ヒト)つもうたがはず
生(ウマ)れ赤子(アカゴ)の
心(ココロ)のうぶ心(ゴコロ)になりて、
神(カミ)の教(オシエ)守(マモ)ることぞ。

ミタマ磨(ミガ)きと申(モウ)すのは、
神(カミ)からさづかってゐる
ミタマの命令(メイレイ)に従(シタガ)ふて、
肉体心(ニクタイゴコロ)すてて了(シマ)ふて、
神(カミ)の申(モウ)す通(トオ)り
そむかん様(ヨウ)にすることぞ。


学(ガク)や智(チ)を力(チカラ)と
頼(タノ)むうちはミタマは磨(ミガ)けんのざ。
学(ガク)越(コ)えた学(ダク)、
智(チ)越(コ)えた智(チ)は、
神(カミ)の学(ガク)、神(カミ)の智(チ)ざと
云(イ)ふこと判(ワカ)らんか、

【今度(コンド)の岩戸開(イワトヒラ)きは
ミタマから、根本(コンポン)から
かへてゆくのざから、中々(ナカナカ)であるぞ、
天災(テンサイ)や戦(イクサ)ばかりでは
中々(ナカナカ)らちあかんぞ、
根本(コンポン)の改(アラタ)めざぞ。】


小(チイ)さいこと思(オモ)ふてゐると
判(ワカ)らんことになると申(モウ)してあろがな、
この道理(ドウリ)
よく肚(ハラ)に入(イ)れて下(クダ)されよ、

【今度(コンド)は上中下(ジュウチュウゲ)
三段(サンダン)にわけてある
ミタマの因縁(インネン)によって、
それぞれに目鼻(メハナ)つけて、
悪(アク)も改心(カイシン)さして、
善(ゼン)も改心(カイシン)さしての
岩戸(イワト)開(ヒラ)きざから、
根本(コンポン)からつくりかへるよりは
何(ド)れだけ六(ムツ)ヶ敷(シ)いか、
大層(タイソウ)な骨折(ホネオ)りざぞよ。】


叱(シカ)るばかりでは改心(カイシン)出来(デキ)んから
喜(ヨロコ)ばして改心(カイシン)さすことも
守護神(シュゴシン)にありてはあるのざぞ、
聞(キ)き分(ワ)けよい守護神殿(シュゴシンドノ)
少(スク)ないぞ、
聞(キ)き分(ワ)けよい悪(アク)の神(カミ)、
早(ハヤ)く改心(カイシン)するぞ、
聞(キ)き分(ワ)け悪(ワル)き
善(ゼン)の守護神(シュゴシン)あるぞ。

この道(ミチ)の役員(ヤクイン)は
昔(ムカシ)からの因縁(インネン)によって
ミタマ調(シラ)べて引寄(ヒキヨ)せて
御用(ゴヨウ)さしてあるのざ、
めったに見当(ケントウ)くるわんぞ、
神(カミ)が綱(アミ)かけたら
中々(ナカナカ)はなさんぞ、
逃(ニ)げられるならば逃(ニ)げてみよれ、
くるくる廻(マワ)って
又(マタ)始(ハジ)めからお出直(デナオ)しで
御用(ゴヨウ)せなならん様(ヨウ)になって来(ク)るぞ。
ミタマ磨(ミガ)け出(ダ)したら
病神(ヤマイガミ)などドンドン逃(ニ)げ出(ダ)すぞ。

出雲(イズモ)の神様(カミサマ)
大切(タイセツ)申(モウ)せと
知(シ)らしてあること忘(ワス)れるなよ。
子(ネ)の歳(トシ)真中(マナカ)にして
前後(ゼンゴ)十年(ジュウネン)が正念場(ショウネンバ)、
世(ヨ)の立替(タテカ)へは水(ミズ)と火(ヒ)とざぞ。
ひつじの三月三日(サンガツミッカ)、
五月五日(ゴガツイツカ)は結構(ケッコウ)な日(ヒ)ぞ。


 一月(イチガツ)十四日(ジュウヨッカ)
 、の一二(ヒツク)のか三(ミ)。
kiku-l22

 『魂の潔斎と想念の浄化』
【歌(ウタ)でイワトひらけるぞ。】

第二十四巻・黄金の巻 第四十四帖
【奉る歌書かして置(オ)いたに
何故(ナゼ)読(ヨ)まんのぢゃ。
大(オオ)き声(コエ)で読(ヨ)み上(ア)げよ。
歌(ウタ)うたひ呉(ク)れと申(モウ)してある時(トキ)来(キ)てゐるぞ。
【歌(ウタ)でイワトひらけるぞ。】
皆(ミナ)歌(ウタ)へ唄(ウタ)へ。
各(オノ)も各(オノ)も心(ココロ)の歌(ウタ)
つくって奉(タテマツ)れよ。
歌(ウタ)結構(ケッコウ)ぞ。】


ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら。

かけまくも、かしこけれども、歌(ウタ)たてまつる。
御(オン)まへに、歌(ウタ)たてまつる、
弥栄(ヤサカ)み歌(ウタ)を。
世(ヨ)を救(スク)ふ、
大(オオ)みゐわざぞ、みことかしこし。

まさに今(イマ)、神(カミ)のみことを、
このみみに聞(キ)く。
三千世界(サンゼンセカイ)、救(スク)ふみわざぞ、
言(コト)ただし行(ギョウ)かな。
大神(オオカミ)の、しきます島(シマ)の、
八十島(ヤソシマ)やさか。
天(テン)かけり、地(チ)かける神(カミ)も、
みひかりに伏(フ)す。
堪(タ)へに堪(タ)へし、
三千年(サンゼンネン)の、イワトひらけぬ。

したたみも、いはひもとほり、神(カミ)に仕(ツカ)へむ。
大稜威(オオミイヅ)、あぎとふ魚(サカナ)も、
ひれ伏(フ)し集(ツド)ふ。
かむながら、みことの朝(アサ)を、みたみすこやかに。
神(カミ)の子(コ)ぞ、
みたみぞ今(イマ)の、この幸(サキ)になく。
国原(クニハラ)は、
大波(オオナミ)うちて、みふみを拝(ハイ)す。
天(テン)もなく、地(チ)もなく今(イマ)を、
みことに生(イ)きん。

大(オオ)みつげ、
八百万神(ヤオヨロズカミ)も、勇(イサ)みたつべし。
天地(アメツチ)の、光(ヒカリ)となりて、
みふで湧(ワ)き出(イ)づ。
一(ヒト)つ血(チ)の、
みたみの血(チ)今(イマ)、湧(ワ)きて止(ト)まらず。
大(オオ)みこと、身(ミ)によみがえる、
遠(トオ)つ祖神(オヤ)の血(チ)。
すでに吾(ア)れ、
あるなし神(カミ)の、辺(ヘ)にこそ生(イ)きん。
高鳴(タカナ)るは、
吾(ア)か祖(ソ)の血(チ)か、みつげ尊(トオト)し。
吾(ア)れあらじ、
神々(カミガミ)にして、祈(イノ)らせ給(タマ)ふ。
天地(アメツチ)も、
極(キワ)まり泣(ナ)かん、この時(トキ)にして。
かつてなき、大(オオ)みつげなり、
たたで止(ヤ)むべき。
天地(アメツチ)も、極(キワ)まりここに
、御代(ミヨ)生(ウマ)れ来(コ)ん。

大(オオ)き日(ヒ)の、
陽(ヨウ)にとけ呼(ヨ)ばん、くにひらく道(ミチ)。
みことのり、
今(イマ)ぞ輝(カガヤ)き、イワトひらけん。
宮柱(ミヤハシラ)、
太(フト)しき建(タ)てて、神(カミ)のまにまに。
抱(ダ)き参(マイ)らせ、
大御心(オオミココロ)に、今(イマ)ぞこたへむ。
言(コト)いむけ、
まつろはしめし、みことかしこし。
ただ涙(ナミダ)、せきあへず吾(ア)は、
御(オン)まへに伏(フ)す。
ささげたる、生命(イノチ)ぞ今(イマ)を、
神(カミ)と生(ウマ)れます。
大(オオ)まへに、伏(フ)すもかしこし、
祈(イノ)る術(スベ)なし。
今(イマ)はただ、
いのちの限(カギ)り、太道(オミチ)伝(ツタ)へむを。

祈(イノ)りつつ、
限(カギ)りつくさん、みたみなり吾(ア)れ。
いのち越(コ)え、
大(オオ)きいのちに、生(イ)きさせ給(タマ)へ。
ひたすらに、みことかしこみ、
今日(キョウ)に生(イ)き来(コ)し。
言霊(コトダマ)の、
言(コト)高(カタ)らかに、太陽(オオヒ)にとけな。
天(テン)に叫(ヒケ)び、
吾(ア)れにむちうち、今日(キョウ)に生(イ)き来(コ)し。
あらしとなり、あまかけりなば、
この心(ココロ)癒(イ)えむか。
走(ハシ)りつつ、今(イマ)海(ウミ)出(イ)づる、
大(オオ)き月(ツキ)に呼(ヨ)ぶ。

みみかくし、生命(イノチ)と生(ウマ)れて、
遠(トオ)つ祖神(オヤ)さか。
神々(カミガミ)の、智(チ)は弥栄(シヤサカ)え、
此処(ココ)に吾(ア)れたつ。
みたみ皆(ミナ)、
死(シ)すてふことの、ありてあるべき。
あな爽(サワ)け、
みたみ栄(ハエ)あり、神(カミ)ともに行(イ)く。
さあれ吾(ア)の、生命(イノチ)尊(トオト)し、
吾(ア)を拝(オロガ)みぬ。

みづくとも、苔-コケ)むすとても、
生(イ)きて仕(ツカ)へん。
いゆくべし、曲(マガ)の曲(マガ)こと、
断(タ)たで止(ヤ)むべき。
かへりごと、高(タカ)ら白(シロ)さんと、
今日(キョウ)も死(シ)を行(イ)く。
追(オ)ひ追(オ)ひて、
山(ヤマ)の尾(オ)ことに、まつろはさんぞ。
追(オ)ひはらひ、
川(カワ)の瀬(セ)ことに、曲(マガ)なごめなん。

みことなれば、天(アメ)の壁立(カベタ)つ、
極(カワ)み行(イ)かなん。
と心(ココロ)の、雄(オ)たけび天(テン)も、
高(タカ)く鳴(ナ)るべし。
まさ言(コト)を、
まさ言(コト)として、知(シ)らしめ給(タマ)へ。
たな肱(ヒヂ)に、水泡(ミナワ)かきたり、
御稲(ミトシ)そだてんを。
むか股(マタ)に、ひぢかきよせて、たなつつくらむ。

狭田(サダ)長田(オサダ)、
ところせきまで、実(ミ)のらせ給(タマ)へ。
神々(カミガミ)の、
血潮(チシオ)とならん、ことに生(イ)き行(イ)く。
言(コト)さやぐ、民(タミ)ことむけて、
神(カミ)にささげん。

にぎてかけ、共(トモ)に歌(ウタ)はば、イワトひらけん。

大(オオ)き日(ヒ)に、真向(マムカ)ひ呼(ヨ)ばん、
神(カミ)の御名(ミナ)を。
道端(ミチバタ)の、花(ハナ)の白(シロ)きに、
祈(イノ)る(ヒト)人あり。
拍手(カシワデ)の、
ひびきて中今(イマ)の、大(オオ)きよろこび。
悔(ク)ゆるなく、御(オン)まへに伏(フ)し、
祝詞(ノリト)申(モウ)すも。
祝詞(ノリト)せば、誰(ダレ)か和(ワ)し居(オ)り、
波(ナミ)の寄(キ)す如(ゴトシ)。
のりと申(モウ)す、
わが魂(タマシイ)に、呼(ヨ)ぶ何(ナニ)かあり。
御(オン)まへに、
額(ヌカ)づきあれば、波(カミ)の音(オト)きこゆ。
悔(ク)ゆるなき、一日(ヒトヒ)ありけり、
夕月(ユウヅキ)に歩(ホ)す。

曇(クモ)りなく、今(イマ)を祝詞(ノリト)す、
幸(サキ)はへたまへ。
奉(タテマツ)る、歌(ウタ)きこし召(メ)せ、
幸(サキ)はへ給(タマ)へ。
ひふみよい、むなやここたり、ももちよろづう。

かのととりの日(ヒ)
kiku-l22
rain-kira
 ◆◇◆
 声に出して
 読んでみてください^^
 実際に歌うと
 『魂の潔斎と想念の浄化』がなされると
 聞きました。
 声に出して、読んでみましょう♪
 光り輝くかも?
 (*⌒ー⌒*)v

  かたくりbook-cosmo


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR