カウンター アクセスカウンター 世界の現象は全て人々の生き方の産物だ - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

世界の現象は全て人々の生き方の産物だ

kumo-aka-tenni1
foto:yuun

line-kuroba33
◆世界の現象は全て人々の生き方の産物だ
 世界中に大きな天災が続出し、
異常気象が地球を覆っている。
世界各地を地震が襲い、
ヨーロッパ各国は今世紀最大の洪水に見舞われた。
科学者がデータを集め、額を寄せ合って議論し、
手持ちの科学技術を駆使しようが、
解決策は提示されない。
文明や科学には、限界があることも知ってしまった

日本を震憾とさせ、
これからも永く人々の心に残るであろう
「阪神大震災」のような自然の脅威の前には、
人間は翻弄され、ただオロオロと従属するしかないのか。
多くの人々は、日常の生活に追われている。
人々にとっては、
今の目の前の現実こそが最大の問題のようだ。
決して不安がないわけではないが、
とりあえずは解決を先送りにしてしまう。
「何かに縛られるのは嫌だ」
「もっと主体的に生きたい」と言いながら、
結局は現実というものに
隷属しているのではないか。
だが、もはやそれだけでは
生きられない時代になったのだ。


一般常識からすれば、実生活と
地震などの天災の間には相関関係はない、
と思われている。
しかし、
真実は、多くの識者が説くように、
地球上で起こる全ての現象は
人間と非常に深い関係にあるのだ。
科学は、人間が
豊かで快適な生活を送れるようにと発達してきた。
しかし、
一つの発明、一つの革新がなされるたびに、
それは地球を蝕んできた。
人間が勝手に快適さを追求し続けてきたツケが、
今や全人類を危機の淵に立たせているのだ。

地球そのものが一つの生命体だとする、
あの『ガイア仮説』を発表したJ・E・ラブロック博士も、
英国内では狂人扱いだと聞く。
環境問題のみならず地震さえも人間の、
つまりあなたの生き方の産物だ。
このことは曲げようもない真実なのである。
あなたの人間性や行ないの善悪ではなく、
あなたの生き方そのままがあなたに現れるのだ。
正しい心とか生きる姿勢ということとは違った、
もっと基本的で具体的なことである。

総じて、現代の人間社会は、その根底から
狂いが生じてしまったような、そんなありさまだ。
天災のみならず、環境問題、政治、経済、
そして社会問題化している“いじめ”まで、問題の根は深い。
line-kuroba33

◆「大震災」で我々の生きざまが試された
 現代は、社会全体が
何かを失うことを恐れ、
疎外感に苦しんでいる。
同時に、
屹立(きつりつ)した「個」が喪失した時代であり、
未成熟な人間が溢れてしまった時代なのだ。
つまり、“見えない時代”になってしまっているのだ。

電車で子供が騒いでも、親は子供を叱らない。
たとえ叱ったとしても、
「隣のおじちゃんに叱られるからやめなさい」
というような言い方しかしない。
「それはいけないことだからやめなさい」と、
なぜ言えないのか

昔の親というものは厳しかった。
その代わり、優しい部分も必ず持ち合わせていた。
厳しさと優しさの絶妙のバランスのなかで、
親とはどういうものであるかを子供は体感し、
成長していったものだ。

他人のせいにして子供を叱らない親は、
自信がないからだ。
見えないから怖いのだ。
人間が、真に主体的に生きていないのである


バランスを取るといっても、
マニュアル本の受け売り、
周囲の目をうかがいながらのバランスでしかない。
それは、見せかけだけのチグハグなバランス
だ。

しかし、あの「阪神大震災」ではどうだったか。
恐怖とともに、血も涙もない
大自然の猛威に翻弄されるそのなかで、
人間としての尊厳や助け合うことの必要性を
日本中が見せつけられた。
いや、世界中が見せつけられた。
日本政府の対応が遅々として進まないなか、
世界各国からは援助申し出が続々寄せられた。
罹災された人々はもちろん、
幸いにして被害に遭わなかった我々も、
水のありがたみ、自然の恩恵を
その恐ろしさとともに再認識させられた。
こういうときに、バランスが真に元に戻るのだ。

人間の本質としての“生きる意思”が
本来的な目的を識るのである。
このとき現代人は、喪失の怖れから脱却し、
疎外感に打ち克つことができるのだ。


理解しやすく言うと、
人間の身体に備わっている
自然治癒力のような作用が、
人間社会も含めた壮大な地球上で働くのだ。
そのときあなたは、
主体的に生きてきたかどうかが試されるのである。
しかしなお、
不安や嫉妬や恐怖のみが
無自覚に頭のなかを駆けめぐる者は、
再び大自然に翻弄されることになるだろう。
line-kuroba33
yotuba-lien
「超人」になるか「奴隷」になるか
 福田武彦・著 なわ文庫より
yotuba-lien
line-kuroba33
 ◆◇◆
 人間の本質としての“生きる意思”が
 本来的な目的を識るのである


 このように普通の生活をしている今、
 最も大事なのだと教えてくれていますね。
 忘れないようにしていなければと思います。

  かたくりinaho-higanhana


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3386:海底火山噴火で島が出現「見ろ! あそこに島ができるぞ!」 by かたくり on 2011/11/13 at 16:51:34


現在活発に火山活動が続いている、アフリカ・カナリア諸島(スペイン領)近海の海底火山。2011年10月10日に噴火が確認された後に、近隣住民は避難している。かなり活発な活動が続いているのだが、最近この影響で新しい島の誕生が確認されたようである

 新島誕生の瞬間を撮影した動画を見ると、激しい噴火を繰り返しながら、少しずつ海面下から島が隆起する様子を確認することができる。広範にわたって硫黄が広がる海の姿は、不気味といわざるを得ない。いずれにしても火山活動が鎮静化に向かい、島民がいままで通りの生活を取り戻せると良いだが……。

 http://rocketnews24.com/2011/11/11/151437/

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (13)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (97)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (91)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR