カウンター アクセスカウンター 東北沖の「アウターライズ(outer rise)地震」の規模が巨大化している - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

東北沖の「アウターライズ(outer rise)地震」の規模が巨大化している

gennniti-kumo
rain-kira

  実は、このブログのコメント欄より
 北海道大学 地震火山研究観測センターの
 記事は、いち早く、連絡しておいたのです。
 10月29日です。
 読まれた方もいらっしゃると思います。

 このような情報網を閉じられるという事は、
 真実の事を、しっかりとした情報を一般人に
 知らせないようにしている勢力がある。
 ということがはっきりしてきたという事ですね。
 しかも、日本の中に。
mix-lin1
 ☆彡全文転載しておきます。yajirusi-03
 
北海道大学がM9クラスの『第二次東日本大震災』が近々に来ると警告
 
 北海道大学がM9クラスの『第二次東日本大震災』が
 近々に来ると警告- 秒刊SUNDAY(2011年10月29日12時42分)
1000年に一度と言われた「東日本大震災」ですが次の地震が到来するのが1000年どころか、もうすぐだと言う研究結果を北海道大学 地震火山研究観測センターが発表し話題となっております。その根拠としては、特殊な地震エコーと呼ばれる周波をキャッチし分析した結果、東日本大震災と同じ現象が起きていると言うのです。しかも時期としては今年中にもう一発来る恐れがあると言う。
【記事参照】
http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/M9.htm
北海道大学 地震火山研究観測センターの記事を要約すると

・東北地方太平洋沖地震の前に89.9MHzの地震エコーが観測された。
・現在、前回と良く似た経過をたどっており、
 もしもこのまま3月11日の地震の前と
 同じ経過をたどるとすれば、再びM9クラスの地震が
 発生すると推定される。
・震央は宮城県南部沖から茨城県沖の日本海溝南部付近
発生は12月から2012年01月


震源地が前回同様、東北地方ということであるが過去にM9クラスの地震が短い間隔で連続で到来した記録はなく、貞観地震M8.6であるからM9ですらめずらしい。北海道大学 の研究結果が単なる理論上の話であればよいが、万が一のことを考えると東北地方ならびに周辺地域の方々は気が気でないだろう。
(ここまで転載)
 ◆◇◆
 このブログで一部ですが、
 「北海道大学 地震火山研究観測センター」で
 掲載されていた内容を10月29日にコメント欄に
 書き留めていましたので、こちらもお読み下さい。yajirusi-03

 発生時期は
 12月から2012年01月にかけて
と考えられますが,
 地震エコーの衰弱からだけではピンポイントでの予想は
 難しいと思われます.
 前震の発生や地震をトリガーする自然現象,
 つまり磁気嵐や地球潮汐の観測などを
 監視していくことも重要です. 
 これからもVHF地震エコーの観測を
 欠測しないように継続していき,
 できるだけ頻繁に更新していくつもりです. 


 kagariさんの言うように
 閉鎖に追い込まれています。yajirusi-03 
 
北海道大学 地震火山研究観測センター
 ★ 閉鎖の言葉yajirusi-03 

お詫び: 
 地震火山センターでは地震予報情報は
 公表しないことに決定しました.
 このページは閉鎖されます.

 現在も東北地方をはじめ日本中が地震活動が
 大変高い状態ですから
 強い地震に備えることは大変重要です

mix-lin1
foto-ake20
 kagariさんの記事は、下記に。
◆2011年11月26日
 東北沖の「アウターライズ(outer rise)地震」
 の規模が巨大化している


 このブログ上でしか、
情報を知らない方々もいらっしゃるようですので、
一応、記事にしておきたいと想います。

上記のニュースは、
「アウターライズ(outer rise)地震」についてですが、
これは、当初、3月11日から半年後には、
起きて来る可能性が囁かれていたものでした。

しかし、9月頃になっても起きず、
ずっと、東北沖のほうで、地震エネルギーを
溜め込んだまま成長を続けており、とうとう、
この年末頃まで先延ばし状態となった次第です。

しかしながら、その予測を
大幅に超えてしまっている状態に置かれています。

多くの人々は、なぜ、東日本の復興が
遅々として進まないのだと想われるでしょうが、
「アウターライズ(outer rise)地震」の発生が
懸念されて来たのが、その一因でもあるでしょう。

そして、先日、
北海道大学・地震火山研究観測センターの、
下記のページが、閉鎖される運びとなっています。

◆東北沖太平洋地震前後の地震エコーの変化→閉鎖
http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/M9.htm

これは、大学側からの圧力で
閉鎖となったということですが、
非常に分かりやすい反応の仕方です
よね。

上記ニュースにおける地震活動の状況については、
下記のサイトの中の、一般公開されているページで、
少々、触れられています。

◆“くるぞーくん”の地震予報電磁波ノイズ
http://www.interq.or.jp/japan/jishinlb/
 yajirusi-03
◆“くるぞーくん”の地震予報電磁波ノイズ
3月11日以降、この日本という国の在り方が、
よくよく、分かって来たかと想われます。

隠蔽に次ぐ隠蔽、すぐに削除されるニュース情報、
テレビでは決して取り上げられることのないニュース、
上記のような地震情報の閉鎖についてもそうですが、
これらが意味することは、
何も難しく考えることもないし、
大して騒ぐことでもなく、

「真実性が高いから、
あまり多くの人々には知られたくない」

ということの裏返しですよね。

上記図をご覧頂ければお分かり頂けますように、
その地震情報ページを閉鎖したからといっても、
もう、かなり近々の切羽詰った状態であることが、
示されているのではないでしょうか


また、上記ニュースを裏付けるようにして、
下記のニュースが、すぐに発信されていますよね。

M9級地震「30年以内に30%」 三陸から房総沖

 東日本大震災を受けて、政府の地震調査研究推進本部(地震本部)は24日、三陸沖から房総沖で起きる恐れがある地震の発生確率を見直した結果を公表した。将来起きる地震の予測として初めてマグニチュード(M)9を想定。三陸沖北部から房総沖の日本海溝寄りで、今後30年以内にM9クラスの地震が30%の確率で起きると予測した。

 地震本部は、東日本大震災の発生を想定できなかったことから、将来起きる地震の規模や発生確率の評価手法、発表の方法について見直しを進めている。

 見直しでは、東日本大震災を起こした部分の多くはエネルギーを解放したとして、三陸沖から茨城県沖までが連動するような今回と同タイプの地震の再来は、30年以内の発生確率を0%とした。しかし、今回の震源域外の三陸沖北部や、震源域の中心から外れた福島県沖以南では、エネルギーをすべて解放したか不明として、予測し直した。
(2011年11月24日22時30分 asahi.com)

この手のニュースには、トリックがあります

多くの一般市民は、このニュースを見て、
「30年以内に30%だから、まだ安心かぁ…」
などと想うのでしょうか?

「30年以内に30%」という情報は、
全く意味を持たない情報
です。

思考停止している多くの一般市民に対しては、
「30年以内に30%」という情報に、
目が行くように仕向けてあります。

重要なのは、このタイミングで、
「M9級地震」というキーワード

出て来たことですよね。

例え、日時がズレたとしても、
「アウターライズ地震」は、やって来るでしょう


しかし、そろそろ、エネルギーの溜め込みの
限界点が来ているようです。

私は、このブログの中で、
内部世界に入ることや、宇宙船の話をしていますが、
これは、ハッキリと申し上げておきますが、
“万が一の際”の話です。

“万が一の際”とは、完全崩壊の一歩手前だと
認識しておいて頂きたいと想います


それは、完全崩壊する数秒前のことかもしれません

霊的に準備の出来ている光の住人たちは、
地表上で生活出来るうちは、限界ギリギリまで、
そこに居ればいいわけなので、
別に何も問題はないでしょう。

兼ねてから、“私たちの努力は99%で、
残り1%が観えない存在からの力である”と、
お伝えしてあります。


私自身、これまでの経験上、
危機一髪のところを助けられるのは、
いつでも、限界ギリギリの瞬間でしたから、
このことはよく分かります。

ですから、現実的な備えは絶対的に必要ですので、
ここでも、念のために、お伝えしておきますが、

最低限、1ヶ月分の食料品、生活用品、医薬品、
人によっては、石油やガソリンなどの備蓄は、
すでに、されていますよね?!

kagari様 元記事へ 
foto-baner-tori1

 ◆本日の記事を読んで
  まだ、万が一の用意が出来ていない人は
  ぜひ、今一度家の中を観て、不足のものが
  あれば備えてほしいと思います。

  それにしても、日々、
  ①真実の情報を探すこと
  ②万が一の事を考え、自力で準備をすること。
  ③縁の有る人々への伝達。
  ④身の回りの整理整頓
  ⑤テレパシーなどの訓練。
   以上、どれも自力の事ばかりですね・・・

  意図的なトップがいることは、
  いままでも「ひふみ神示」でご理解されていると
  思います。
  これからも、自力で出来る事は、どんどん
  まとめていきましょう。
  そして、その中で得意分野のある人は、
  不足のある人へ伝えられるように努力して
  助け合いましょう。
  「お互い様」が生きてきます。
  本当に【今】なのです。

    かたくり tikyuugi-M11


android


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3435:奥に潜(ひそ)みいた悪の洟(はな)が表舞台にw by かたくり on 2011/12/01 at 10:17:10

 ひょこひょこと出てくる時になったという事ですね。

 誰がシャドウ・トップだったか、わかるわけですよね。、、、

 悪も改心すると次のミロクの世にいけるわけですから。
 百も承知の悪行をやろうとしているのでしょうか?

 もう、充分に良い時期だと思えるのですけれどね。

 一秒でも早くと手を差しのべているのは、ひつくの神様です。
 用意万端整えているようですけれど。

 

3446:環太平洋の深海で起きていること BBC by かたくり on 2011/12/07 at 13:52:09


 奈落の底に海底山脈 3 月

 http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-16056192

 ツィッターより

 環太平洋の深海で起きていること。
 大きな海底山脈が海溝に引きずり破壊されていく様子を確認。
 これで地震が起きないはずがありません。地球は生きている。
 (@keijimoriiVet )

3472:日本の311地震の後、地球の引力圏が変わりました by かたくり on 2011/12/12 at 09:06:54


 先週、私達は、日本を揺り動かさせられた大規模なTohuku地震によって今年早く太平洋の海のフロアが約50メートルシフトしたのを知りました。 今日、新規科学者が、私達に、同じ地震がそんなに強力であったので、それが惑星の重力場を変更したと知らせること、および交互 地球を一周している衛星の軌道 。 発見は、NASAの重力回復と気候実験、またはGRACEを作る2つの衛星により作られました

 http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/location.cgi?URL=/LUCOCN/c3/hf.cgi%3fSURL%3dhttp%253A%252F%252Fwww.themarknews.com%252Farticles%252F7722%2djapan%2dearthquake%2dchanged%2dearth%2ds%2dgravitational%2dfield%26XTYPE%3d1%26SEARCH%3dT%26SLANG%3den%26TLANG%3dja&CHECK2=hm

 元記事
 http://www.themarknews.com/articles/7722-japan-earthquake-changed-earth-s-gravitational-field

 (メモ・独り言・虚言サイト様より。)


3479:「くるぞーくん」からの転載記事 by クローバー on 2011/12/13 at 16:53:20 (コメント編集)


Kagariさんの記事でも紹介している地震予知サイト。
(有料・過去記事は読めます)
そちらで特に、上弦の日の警戒を呼びかけています。

★地震予知情報★くるぞーくんのつらい現実
http://breakingnew-site.seesaa.net/article/239970410.html
                 あほうどりのひとりごと
e-41一部
12月の上弦(12月02日)前後では発生しませんでした。
しかし、上記のように切迫性が認められるので、1年以上先の話ではなく、
半年以内には発生するものと思われ、警戒が必要です。
特に各月の上弦前後では注意してください。
 
次の上弦は2012年1月1日、次いで1月31日、3月1日、3月31日となります。

***
万が一、何事も無く年を越せば、元旦は「上弦の月」です。
一応念頭に、日々気を緩めることなく重ねて引き続き警戒を。


3613:茨城沖などが揺れていますね。 by かたくり on 2012/02/14 at 12:51:56

 日本気象協会から

 http://tenki.jp/earthquake/

 充分に気をつけて下さいねー


 震度5が続いています。
 2~3日様子を。
 

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (13)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (97)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (91)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR