カウンター アクセスカウンター 一二三(ひふみ・日月)神示:ひふみ祝詞を始める前の心構え - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

一二三(ひふみ・日月)神示:ひふみ祝詞を始める前の心構え

hirune-taiyou-kumo1hirune
rain-kira
  一二三(ひふみ)祝詞を開始する前に
 下記の神示(ふで)を何度か読んで腑に落ちた人だけ
 一二三(ひふみ)祝詞を開始されてくださいね。
 そして、
 一二三祝詞を開始されたら、少なくともひと月は、
 実行
していただければと思います。
 そして数ヶ月、一年、数年と目標をたてて
 実践されてください。
 休まずにすることが肝要だと
 思います。
rain-kira

kiku-l22
po-hoshi第二巻 下つ巻 第七帖
 世界中大洗濯する神ざから、
 小さいこと思うてゐると見当とれんことになるぞ。

 一二三祝詞(ひふみのりと)するときは、
 神の息に合はして宣(の)れよ、
 神の息に合はすのは三五七、三五七に切って宣れよ。
 しまひだけ節(ふし)長くよめよ、
 それを三たびよみて宣りあげよ

 天津祝詞の神ともこの方申すぞ。

kiku-l22
po-hoshi第七巻 日の出の巻 第十五帖
  十柱の神様 奥山に祀りて呉れよ、九柱でよいぞ、
 何れの神々様も世の元からの肉体持たれた
 生き通しの神様であるぞ、
 この方合はして十柱となるのざぞ。
 御神体の石 集めさしてあろがな、
 篤く祀りて、辛酉(かのととり)の日にお祭りして呉れよ。

 病あるかないか、災難来るか来ないかは、
 手届くか届かないかで分ると申してあろがな。
 届くとは注(そそ)ぐ事ぞ、
 手首と息と腹の息と首の息と
 頭の息と足の息と胸の息と
 臍の息と脊首(せくび)の息と手の息と
 八所十所の息合ってゐれば病無いのざぞ、
 災難見ないのざから、毎朝 神拝みてから克く合はしてみよ、
 合ってゐたら其日には災難無いのざぞ、
 殊に臍の息一番大切ざぞ、

 若しも息合ってゐない時には一二三(ひふみ)唱へよ、
 唱へ唱へて息合ふ迄 祷(ゐの)れよ、
 何んな難儀も災難も無くしてやるぞ、
 此の方 意富加牟豆美神(オホカムツミノカミ)であるぞ。
 神の息と合はされると災難、病無くなるのざぞ、
 大難小難にしてやるぞ、生命助けてやるぞ、

 此の事は此の方信ずる人でないと誤るから知らすではないぞ
 
 手二本 足二本いれて十柱ぞ、手足一本として八柱ぞ、
 此の事 早う皆に知らしてどしどしと安心して働く様にしてやれよ。
 飛行機の災難も地震罪穢の禍も、
 大きい災難ある時には息乱れるのざぞ、

 一二三祝詞と祓え祝詞と
 神の息吹と息と一つになりておれば災難逃れるのぞ、
 信ずる者ばかりに知らしてやりて呉れよ

  十二月十八日、ひつ九か三。

kiku-l22
po-hoshi第二十一巻 空の巻 第二帖
 ひふみゆらゆらと一回二回三回となへまつれよ、
 蘇(よみがえへ)るぞ


 第十三帖
 旧五月五日からの礼拝の仕方書き知らすぞ。

 朝は大神様には一拝、二拝、三拝、八拍手
 「ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら 々々 、
  ひふみゆらゆら 々々 々々 。」

 ひふみ祝詞のりてから、

 「御三体の大神様 弥栄(やさか)ましませ
            弥栄(いやさか)ましませ、
  天之日月の大神様 弥栄ましませ 弥栄ましませ、
  地(クニ)の日月の大神様 弥栄ましませ弥栄ましませ」
    八拍手
 「御三体の大神様」七回のれよ


 終りて大神様のキ頂けよ、八拍手一拝二拝三拝せよ

 夜は同じ様にしてひふみ祝詞の代りにいろは祝詞のれよ
 三五七に切りて手打ち乍ら
 ひふみ祝詞と同じ様にのりて結構ぞ。

 昼は大地に祈れよ、黙祷せよ
 時に依り所によりて、暫し黙祷せよ、
 お土の息 頂けよ
 出来れば、はだしになってお土の上に立ちて
 目をつむりて足にて呼吸せよ、一回、二回、三回せよ。

 神々様には二拝四拍手。
 「ひふみゆらゆら、 々々 々々 、 々々 々々 々々 。」
 天(あめ)の数歌 三回唱へ。
 「神々様 弥栄ましませ弥栄ましませ」とのりて四拍手せよ。
 誓は時に依りてよきにせよ。

 霊の宮には一拝、二拍手、
 天の数歌一回「弥栄ましませ弥栄ましませ」二拍手、一拝。
  でよいぞ、
 ひふみゆらゆら いらんぞ、
 誓(ちかい)はその時々に依りてよきにせよ。
 各々の先祖さんには今迄の祝詞でよいぞ。
 当分これで変らんから印刷してよく判る様にして
 皆の者に分けて取らせよ、
 弥栄に拝みまつれよ

kiku-l22
po-hoshi第二十四巻 黄金の巻 第四十四帖
 奉る歌書かして置いたに何故読まんのぢゃ。
 大き声で読み上げよ。
 歌うたひ呉れと申してある時来てゐるぞ。
 歌でイワトひらけるぞ
 皆歌へ唄へ。各も各も心の歌つくって奉れよ。
 歌結構ぞ。

 ひふみゆら、ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら。
 かけまくも、かしこけれども、歌たてまつる。

 御まへに、歌たてまつる、弥栄(ヤサカ)み歌を。
 世を救ふ、大みゐわざぞ、みことかしこし。
 まさに今、神のみことを、このみみに聞く。

 三千世界、救ふみわざぞ、言(コト)ただし行かな。
 大神の、しきます島の、八十島(ヤソシマ)やさか。
 天かけり、地(クニ)かける神も、みひかりに伏す。
 堪へに堪へし、三千年の、イワトひらけぬ。
 したたみも、いはひもとほり、神に仕へむ。
 大稜威(オオミイヅ)、あぎとふ魚も、ひれ伏し集ふ。
 かむながら、みことの朝を、みたみすこやかに。
 神の子ぞ、みたみぞ今の、この幸になく。

 国原は、大波うちて、みふみを拝す。
 天もなく、地もなく今を、みことに生きん。
 大みつげ、八百万神も、勇みたつべし。
 天地の、光となりて、みふで湧き出づ。
 一つ血の、みたみの血今、湧きて止まらず。
 大みこと、身によみがえる、遠つ祖神(オヤ)の血。
 すでに吾れ、あるなし神の、辺(ヘ)にこそ生きん。

 高鳴るは、吾か祖の血か、みつげ尊し。
 吾れあらじ、神々にして、祈らせ給ふ。
 天地も、極まり泣かん、この時にして。
 かつてなき、大みつげなり、たたで止むべき。
 天地も、極まりここに、御代生れ来ん。
 大き日の、陽にとけ呼ばん、くにひらく道。
 みことのり、今ぞ輝き、イワトひらけん。

 宮柱、太しき建てて、神のまにまに。
 抱き参らせ、大御心に、今ぞこたへむ。
 言いむけ、まつろはしめし、みことかしこし。
 ただ涙、せきあへず吾(ア)は、御(オン)まへに伏す。
 ささげたる、生命ぞ今を、神と生れます。
 大まへに、伏すもかしこし、祈る術(スベ)なし。
 今はただ、いのちの限り、太道(オミチ)伝へむを。
 祈りつつ、限りつくさん、みたみなり吾れ。
 いのち越え、大きいのちに、生きさせ給へ。

 ひたすらに、みことかしこみ、今日に生き来し。
 言霊の、言高らかに、太陽(オオヒ)にとけな。
 天に叫び、吾れにむちうち、今日に生き来し。
 あらしとなり、あまかけりなば、この心癒えむか。
 走りつつ、今海出づる、大き月に呼ぶ。
 みみかくし、生命と生れて、遠つ祖神(オヤ)さか。
 神々の、智は弥栄え、此処に吾れたつ。
 みたみ皆、死すてふことの、ありてあるべき。
 あな爽け、みたみ栄(ハエ)あり、神ともに行く。

 さあれ吾の、生命尊し、吾(ア)を拝(オロガ)みぬ。
 みづくとも、苔むすとても、生きて仕へん。
 いゆくべし、曲(マガ)の曲こと、断たで止むべき。
 かへりごと、高ら白さんと、今日も死を行く。
 追ひ追ひて、山の尾ことに、まつろはさんぞ。
 追ひはらひ、川の瀬ことに、曲なごめなん。
 みことなれば、天(アメ)の壁立つ、極み行かなん。
 と心の、雄たけび天も、高く鳴るべし。
 まさ言を、まさ言として、知らしめ給へ。

 たな肱(ヒヂ)に、水泡(ミナワ)かきたり、
 御稲(ミトシ)そだてんを。
 むか股に、ひぢかきよせて、たなつつくらむ。
 狭田長田(サダオサダ)、ところせきまで、実のらせ給へ。
 神々の、血潮とならん、ことに生き行く。
 言さやぐ、民ことむけて、神にささげん。
 にぎてかけ、共に歌はば、イワトひらけん。

 大き日に、真向ひ呼ばん、神の御名を。
 道端の、花の白きに、祈る人あり。
 拍手(カシワデ)の、ひびきて中今(イマ)の、大きよろこび。
 悔ゆるなく、御まへに伏し、祝詞(ノリト)申すも。
 祝詞せば、誰か和し居り、波の寄す如。
 のりと申す、わが魂に、呼ぶ何かあり。
 御まへに、額(ヌカ)づきあれば、波の音きこゆ。
 悔ゆるなき、一日(ヒトヒ)ありけり、夕月に歩す。

 曇りなく、今を祝詞す、幸はへたまへ。
 奉る、歌きこし召せ、幸はへ給へ。
 ひふみよい、むなやここたり、ももちよろづう。

  かのととりの日。
kiku-l22
po-hoshi第二十七巻 春の巻 第3帖
 掛巻も、畏き極み、九二つ千の、
 清(スガ)の中なる大清み、清みし中の、
 清らなる、清き真中の、よろこびの、其の真中なる、
 御光の、そが御力ぞ、綾によし、十九立(トコタチ)まし、

 大九二の十九立(オオクニのトコタチ)大神、
 十四九百ヌ(トヨクモヌ)、十四(トヨ)の大神、
 瀬織津の、ヒメの大神、速秋(ハヤアキ)の、秋津ヒメ神、
 伊吹戸の、主の大神、速々の、佐須良ヒメ神、
 これやこの、太日月 (オオヒツキ)、
 皇神(スメカミ)の御前
畏こみ、謹みて、
 うなね突貫き、白さまく、ことのマコト(真言)を。

 伊行く水、流れ流れて、月速み、いつの程にや、
 この年の、冬も呉竹、一と夜(ヨサ)の、
 梓(アズサ)の弓の、今とはや、明けなむ春の、立ちそめし、
 真玉新玉、よろこびの、神の稜威(ミイヅ)に、
 つらつらや、思ひ浮べば、天地(アメツチ)の、
 始めの時に、大御祖神(オオミオヤ)、
 九二十九立(クニトコタチ)の、大神伊、
 三千年(ミチトシ)、またも三千年の、もまた三千年、
 浮きに瀬に、忍び堪えまし、波風の、その荒々し、

 渡津海(ワタツミ)の、塩の八百路の、八汐路の、
 汐の八穂合ひ、洗はれし、孤島の中の、籠らひし、
 籠り玉ひて、畏くも、この世かまひし、大神の、時めぐり来て、
 一筋の、光の御代と、出でませし、
 めでたき日にぞ、今日の日は、

 御前畏こみ、御饌御酒(ミケミキ)を、ささげまつりて、
 海山野(ウミヤマヌ)、種々(クサグサ)珍(ウズ)の、
 みつぎもの、供へまつりて、かごぢもの、ひざ折り伏せて、
 大まつり、まつり仕へむ、まつらまく。

 生きとし生ける、まめひとの、ゆくりあらずも、犯しけむ、
 罪やけがれの、あらむをば、祓戸にます、祓戸の、
 大神達と相共に、ことはかりまし、神直日、大直日にぞ、
 見伊直し、聞き直しまし、祓ひまし、清め玉ひて、
 清々(スガスガ)し、清(スガ)の御民(ミタミ)と、きこし召し、
 相(アイ)諾(ウズナ)ひて、玉へかし、玉はれかしと、
 多米津(タメツ)もの、百取(モモトリ)、さらに、百取の、
 机の代(シロ)に、足らはして、横山の如、波の如、伊盛、
 栄ゆる、大神の、神の御前に、まつらまく、こひのみまつる、
 畏こみて、まつらく白す、弥つぎつぎに。
 新玉(アラタマ)の 玉の御年(ミトシ)の 明けそめて
 罪もけがれも 今はあらじな

 節分の祝詞であるぞ。
 太のりとせよ。いよいよの年立ちそめたぞ。
 うれしうれしの御代来るぞ
rain-kira
  katakuri
android


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR