カウンター アクセスカウンター マイ・フィーリング(心情・悩み・ポエム) - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

マイ・フィーリング(心情・悩み・ポエム)

teshi-otohana1

   こちらは、
 今のご自身の悩みや心情などを素直になって
 書き込みながら見つめる場所です。

 どうぞ何なりとご自身の思いのたけを
 書いてください。

 きっと あなたの中で何かが変わるはずです。

 「素敵なポエム」なども どうぞ



応援宜しくお願いします。励みになります!m(_ _)m 

関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
249:自分の強さと弱さ by ミルク on 2011/01/16 at 21:18:07

どうも、ミルクです。^ω^
よく、孤独が人を強くする、というフレーズを見かけます。
ならば、それが真実であるならば、この世界でトップクラスの強さになってしまうのではないか…?
今まで幾度そう思ったことでしょう。
多くの友人に囲まれ、恋人と愛し合い、一般人として充実している人と、僕自身の内面の優劣など、どう比較すればいいのでしょうね。
この社会で人間関係が恵まれている人が正しく、孤独な者が間違った者、歪んだ心を秘めた者、単なる落伍者…。
そんな風潮の世の中では、孤独は結果論、負け惜しみ、言い訳と、バッサリ切り捨てられてしまいます。
だからせめて、強くなるしかない。単に身を守る為ではなく、自分の尊厳を守る為に…。
そうして日々、来る日もまた来る日も、人前では強がって生きて来た自分。されど、その日々の人知れず積み重ねて来た努力も、結果が表に見える様に出なければ、他人は好き勝手に、勘違い、自己満足、また言い訳と、こちらの全てを否定されてしまいます。
そして、やがて誰にも相談しなくなり、自分の歩んだ道さえ、信じられなくなるのです。
やはり自分は弱かったのか?間違っていたのか?だからこんな結果しか出せないのか…?
弱い。弱かった。自分の弱さを知るから、素直に認めるから、それが出来る人だけが、見せ掛けではない、本当の強さの意味を知るのだと思います。(^・ω・^)

309:争いと向上とは by fly on 2011/01/18 at 16:32:57 (コメント編集)

よく戦争は起こすべきではないと議論されていますね。しかし戦争は起こっています。それは紛争だとかを思い浮かべますが、それについては色々あります。
金を持っているか持っていないか、偉いのか劣っているのか、物に満たされているか満たされていないかなど。しかしもっともな要因は私達のこころや意識に最大の要因があります。例えば金はつくりさえすれば確かに多く作れます。しかしそれを望んだのはある国の国民か、あるいは別の国の国民か、支配権力があるにしろないにしろそんな国民達のためにお金はつくられます。それで終わる時もあれば、またある国の国民達はお金が足りないと感じてさらにお金をつくるよう願います。そんなときにある国の国民達はお金を貰った国の国民達を非難して暴力を起こすかもしれません。そうしたらその国の国民達はお金を守るために争いを好まなくても我欲のために迎え撃ちます。それを見ていた他の国の国民達はそれらを抑えるために戦うかもしれません。争いは争いを生み、地球だろうが宇宙だろうが自らがその葛藤を抜かない限りはそれらを破滅させてもまだ争います。
言うならば争いは獣の本能を引き起こす麻薬です。それを阻むのは誰にしろ、自分が気がつかなければいつのまにか人1人を殺してさえいたということもあるかもしれません。情報を読むのはその人の自由ですが、感化するのも暴走を止めるのも自分しかできないのです。それを止めるのも自分自身のけじめです。それらを和らげることしか他人は出来ません。
獣になって非道を無意識に行うか、あるいは目覚めてさらなる向上に励むかは私達の責任次第だと思います。どんな人でも知らずに獣になっていくかもしれません。自身は自身を知り、そして自身は自身を抑え、そして自身は自身で歩んでいくのでしょう。そして自身が自身として映らなくなった先に透けたように全てが自身における全てであると分かってくるかもしれません。

344:自作のポエム!? by fly on 2011/01/19 at 15:50:09 (コメント編集)

Change the world we are!(私達が世界を変えるって意味になるはず)

抱える事に嫌気がさして

見えない部分を気にもせずに

心の隅に放ってる

問題を他人事にして

違う事をして忘れていく

記憶を消しさる黒いしこりが

どんどん増殖していては

知らないうちにあなたを

別の誰かさんに変えていく

嘘は矛

虚栄は盾で

言いなりを探しては回る

そんな誰かは音を立てず

獲物の背後に忍び寄る

いく年いく年過ぎ去っても

そのたびこんなに

犠牲が増えている

それさえ分からぬ

なんて危険な日々じゃない?

抑止を知らない多々の化け物が

活力を得ては座に留まり

いつかはあなたがその中の

獲物の1人になるでしょう

理解は矛

行動は盾で

危機を脱することになり

そんな一歩が引き金になり

大きな希望の光となる

集まりえた共通の鍵は

彼らの盾の守りを開けて

犠牲の全てを無に消さず

新たな変化の軌跡を生む

これからも

新世界への船は

ここにある

348:詩人だ。。。。 by かたくり on 2011/01/19 at 18:05:29

 



 v-424v-425

 (*´ェ`ノノ゙Standing ovation(゜∀゜ノノ゙

479:『幸せ』 by kiki on 2011/01/22 at 23:10:19 (コメント編集)

このままで幸せである、って
あるとき腑に落ちた
そうであると知っている状態になった

それからというもの
自由が無いと思えるような現在でも
関わりなく自由である

幸せも自由も
なろうとする必要はないどころか

なろうと焦るほど遠くなる

それはなろうとしているからだ

幸せも自由も
条件はなにもない

ただそうであるだけ

そうでないと思える経験中でさえ

481:kikiさま^ω^ by ミルク on 2011/01/22 at 23:24:18

幸せとは、求め、掴み取るものではなく、
今、本当はすぐそばにある事に気づき、感じる事が大切なのですね‥。^ ^

美しい詩をありがとうございます。;ω;

では、おやすみなさい…。(=^ω^=)

482:『満月の夜の回想』 by kiki on 2011/01/22 at 23:26:55 (コメント編集)

めぐりめぐる想いはいつか
カタチを変えてやってくる
生まれたところに帰ってきたの
その実を結ぶため

知らず知らず憂いははるか
暗い雲になり旅をする
そしてわたしの目に映る
その実を結ぶため

激しく怖い稲光が
わたしをこれほど脅かすけど
気付かず放っていた怒り
あぁ、今わたしに向けられる

愛を、愛を
求めるばかりじゃ
愛を、愛を
求められるばかり

すべての謎は解けて
安らぎが溢れてくるよ

すべておいで
すべての想いよ
戻っておいで
受け止めるよ
生まれ変わるため

わたしは強くなり
わたしは感謝に満ち
わたしは削ぎ落とされ
わたしは産まれる

愛に、愛に
包まれよう
愛に、愛に
満たされよう

愛を、愛を歌おう
愛を、愛を踊ろう

めぐりめぐる想いはいつか
カタチを変えてやってくる
そんな風に人はいつも
世界を宇宙を創りだす

満月の夜に
月がささやいた

「どうぞあなたが
愛に満ちますように
光を贈るよ」

483:ミルクさん by kiki on 2011/01/22 at 23:31:32 (コメント編集)

感想をありがとうございます。
素敵なflyさんのポエムに触発されました~v-22
おやすみなさい!

486:汝、光であれ ^ω^ by ミルク on 2011/01/23 at 11:25:24

己の心から 恐れや

不安を 極力

遠ざけなければ

ならない

警戒心も 危機感も

度を越せば 敵意

攻撃に転ず

己が心 刃を秘めるが故

悪人通り魔 己に寄りて来る

鏡の法則 引き寄せの法則

常に何時如何なる時も

己が心 穏やかたれ

例え如何なる非情にして

過酷な闇を目の当たりに
しようとも

それが光への道標也

496:ミルクさんへ by kiki on 2011/01/24 at 07:56:18 (コメント編集)

力強いメッセージですね。
わたしも、そのことを、身近な人に伝えたいなv-22

499:kikiさま^ω^ by ミルク on 2011/01/24 at 10:45:32

お褒め頂き、有難うございます。^ω^

kikiさまほどの文才や感性には及びませんが。^ ^ヽポリポリ。

出来るだけ多くの心に残るポエムを、ここに書き残したいものですね。

゜゜゜∧゜゜∧
(=^ω^=)ニャーン。

501:“大変”は成長への架け橋 by クローバー on 2011/01/24 at 15:54:39 (コメント編集)

ぽんたさん
いつも魂の成長に繋がる教えのご紹介ありがとうございます。
「小林正観さんのお話し」を読みこちらにやってきましたよ。

>どんな出来事があっても「笑顔で淡々と乗り切る」ことが
できるかどうかを、宇宙は見ているようです。

悩みのループに陥っている間は
いくら解決しようと足掻いても
いつまでもそこから抜け出せず
解決を模索するも 同じ事の繰り返し。

ところが気持ちを、逃げの体勢から
もしかしてこれは 自分の過去世の何かの清算?
自分にとって避けては通れない 必要不可欠な学びかも?

ならば甘んじて受け入れよう・・・と 観念して、
正に「笑顔で淡々と乗り切る」を日々実行。
もはや解決云々は頭の片隅にも無く、
両手を広げて受け入れる方向に180度大転換。

そしてある日 ふと気付く。
当たり前だった日々の明るさが
いまここに ちゃんと在る。
日常に支障を来たしていたあの悩みは
一体どこへやら…?
体の異変もいつの間にか消えてるし…?

これは私のほんの一体験に過ぎないけど。(笑)

在るがままを素直に受け入れる。
何が起ころうとも避けて通らない。
正面向いて明るく向き合っていく。
そこにちゃんと陽は待っててくれるんだね。

まだまだ発展途上の自分…
試験を一つクリアできたかな?

そしてまた 次のテストに遭遇して
少しずつ少しずつ
虹色の架け橋を上っていく。e-491

503:クロ-バ-さんへ by ぽんた on 2011/01/24 at 18:52:44 (コメント編集)

クロ-バ-さん、私の書いた文章をみてくださりありがとうございますm(__)m 感謝してます(o^-’)b クロ-バ-さんのおっしゃる通りですね。虹色の架け橋を上っていきたいですね(^-^)

507:続いて by fly on 2011/01/24 at 20:59:05 (コメント編集)

進化空間

届かないようなことを

言っているだけじゃないのかと

言われていても僕ならば

届いていますと微笑むね

感覚や意識の果てに

たどりつく真実にまだ

気付いてなくてもそういつか

届いてるよと言えるから

荒々しい道も

真っすぐな道も

どちらも大切で必要で

乗り上げることもあるだろう

仕方なくても知らなくても

想いは強く結ぶのなら

手を握っているよ この心で

絆というつながりを

そう 問わずとも

頷けるように

失敗も 苦悩も全て

打ち明けて すっきりできるから

進化空間を築いているのは

無意識でも意識の中だから

心の奥から

進みたいって

想う進化空間に

きっといれるよ

僕も君もみんなもだれでも

511:ぽんたさん by クローバー on 2011/01/24 at 22:50:22 (コメント編集)


腑に落ちて ちょっと立ち止まって我を振り返ってみました。

ありがとう ^^また楽しみにしてマス♪

512:クロ-バ-さん by ぽんた on 2011/01/24 at 23:17:54 (コメント編集)

クロ-バ-さん、コメントありがとうございますm(__)m マイペ-スで、書いていきますので、これからもよろしくお願いしますm(__)m

530:カレイドさん by くむ on 2011/01/25 at 22:08:57 (コメント編集)

ちょっと場違いかなと思ったけど失礼します。

22、24のカレイドさんの記事をみて思ったこと
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-317.html

点が並んで 線をなし

線が囲われ 面となり

角度と影なし 物となる

だけれども あくまでもそれは 点の群


― 点ならべ となりは何を 消すものぞ ―


砂ならぬ まぼろし上に 為した城

そんな城

いくつあっても どんなに美でも

まぼろしなりと 

・・・できたらいいんですけどね。


線になった!というだけで飛びついてしまうのに、立体どころか平面でも自分なんかは万歳まいったです。

他にも
>「9つの事実に1つの嘘」の手口
>そっくりさん作り

など国内事情含め色んなところに置き換えられるように思え、今回の記事はまた深いなあと思いました。

531:堀進さんのブログより転載 by fly on 2011/01/26 at 09:08:41 (コメント編集)

人生、知恵袋2です。自分自身の生き方をもう一度見つめなおしてみませんか?
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/34598644.html

680:魂は知る ^ω^ by ミルク on 2011/02/01 at 19:20:56


我 望みて この写し世

生を受けたか

知る由も無し

娑婆の喧騒 卑しき俗事

何故 現をぬかすのか
我 海に哭き 山に慰み

風に縋り 遍く

天の星々に問う

我 誠に生を望みたか
哀感抱き 流るる年月
只 無常也

畏れた嵐 稲妻の如き日々

何時しか 力尽き倒れ
再びこの地 生を宿す時

満つらば 拒むも良し
快楽の生 選ぶも良し
されど 我 我の真の

望みは何処や 我の頭に

解せず 心にも解せず
されど 魂は 知るで

あろう

嵐の生 知りてこそ

尚深く 沁みて深く

只 穏やかな生

其処に足るを知る

それもまた 楽しからずや

763:自分を生きる☆干渉からの開放 by kiki on 2011/02/04 at 10:24:24 (コメント編集)

しなければならない”を
捨てる時がきた

もう誰の人生にも
責任なんてもたなくていい

本当の自分の想いを封印するほど悲しいことはない
すでにある、押し殺した想いを解放してあげたら、
もうそこに”留まっていないといけない”ことなんかない

大切な身近な人が、どんな生き方をして
どんな思考形態を持っていて
そしてたとえどんなに干渉してこようと
あなたは自由なんだ

その人達を愛したまま自分の波動を上げて
ネガティブに関わることを
了解しない領域にいく事ができる

その時、たとえ変わらなく見える状態でも
全く違うあなたを生きることが出来るよ
大切な人が、どのようであれ
あなたの生き方に干渉することは出来ない
あなたが認めない限り

大切な人がどのようであれ
あなたは自由である
そうであると思えば
そうでないと思えばそうでない

本来はそうなんだけどね

その時、自由であることに資格なんかいらない
もともと自由であると気づくだけでいいんだ

自分の欠点と思う事、出来ないと思う事
コンプレックス自体が、自分が作った妄想で、
足をひっぱってしまう
その自己否定を、誰がこんなにしたの、という、
犯人探しも、意味がないので
それをリストアップするのも、やめるのが賢明だ

出て来そうになったら、その芽の段階で
それは幻想だって、見破って、消滅させる

いつだって、自分の中にあるネガティブな思いだけが
変更目的なものであって
他に気をもっていかないことが、近道だ

誰かがどうであれ、認識はしても判断しないで
もっぱら、自分の内面を、明るく平和に穏やかに
することにのみ専念すれば
その内面を映し出すスクリーンのような外界は
登場人物含め、すべてが変わる

もっと言うとね
実は過去も含めて変わるよ

どういうことかというと
違う周波数の世界に移行したということで
新しい世界にいるあなたは
それは、はじめからそこにいた
という状態になっている
まったく過去、現在、未来ともに
別バージョンに移行したってわけ

無限にある異次元は、選択可能
自分次第ってそういうことなんだ

769:投稿 by fly on 2011/02/04 at 13:54:14 (コメント編集)

詩というより歌詞です


至高

前奏

一番

悪徳奨励 書いてなくても

自分じゃなれりゃ 気付かないよ

どんなことでも 名声と有名と利己主義なんやらかんやら

半径1mの視覚と知覚だけ 得意になら ok! なんて

言えるようで大層 結構 満足なご様子

鬱になった お金がほしい あれもこれも足りない 殺したい死にたい

うさばらしして清清する なんて全年齢の共通事項じゃなかったの?

苦しんで 助けを求める 画面越しの顔と声を あなたは覚えてる?

どうなってもいい! 自分以外の自分には気付けない?

もうどうだっていい! あきらめはその可能性を捨てているのに?

間奏


二番

弱者卑下 分かっていても

乗り越えないと 変われないよ

戦争しなけりゃ 経済社会政治産業なんやらかんやら

依存出来るものだけ 揃っていりゃ no probrem! なんて

威張れるようで 大層 結構 満ち足りたご様子

疲れた 憎たらしい 気に障ってしょうがない 不安で仕方がない

どうにもならず失望する なんて感じられて本当に幸せなの?

厳しく 思いやって そして勇敢なあの人を あなたは忘れてた?

こうなってほしい! あなたの期待をあなたが見落とさないように

なんとかしてくれない? あなたの努力を私は教えられる

心から喜びにひたりたいなら あなたの あなたの持つ 喜びを

見せてほしい そしたら あなたの心を 私は受け止められるから

あなたを 喜ばせられるから

直線道路に ならない 人生のように

ほら 君に 進める道はどこだろう?

正義や悪も 今までの全ては 何になった?

怖くはない 誰でもゴールがないのは 臆するはず

どうあったっていい 君の世界は失われはしない

そうであるように 君の想いを光の船にして

乗り込むんだ 力強く 手を合わせれば

みんながみんなを至高させる

980:チェンジ by kiki on 2011/02/16 at 08:47:34 (コメント編集)

知らず知らず
損と得の物差しで計ってる

そうしたら
つまらなくなったり
恨んだり
悲しんだりしてくるんだ

ありがちな気分なんだ

だけど思い出してみる
損とか得とか本当はない

ふっとふんわりする

分からず屋の君のその顔を見る
するとその奥に涙が観えてくる

こんなに近い君を
幸せな気分で
満たしてあげられないなんて
きっとそんなことない

ただ愛であるには
ただ愛であればいい

心から喜ぶ君の笑顔を
思い浮かべて
すべての絡まりを捨てて
ハートを開く

不思議なことに
そう切り換えた時
世界は変わっている

損も得も無い世界になっていて
ただ君が優しい笑顔で笑ってる

1053:風みたいに by kiki on 2011/02/21 at 10:20:17 (コメント編集)

ふわふわ浮かんでる
白い雲と一緒に
くるくる回ってる
光と遊んで

歌おう!喜びの歌を
声はすてきに響く
小鳥みたいに

踊ろう!幸せのリズムで
体はすてきにゆれる
風みたいに

一緒にどう?
ここへおいでよ
どうして目をつむって
重い足どりなの?

頭の中でつくった
ややこしい世界はね
そっちのほうが幻想だよ
目をあければ
すぐにわかるよ

おとぎ話のような
魔法も使える世界に住んでる
すてきな空があって
愛に包まれて
すべてが輝く

ふわふわ浮かんでる
白い雲と一緒に
くるくる回ってる
光と遊んで

1060:kikiさま^ω^ by ミルク on 2011/02/21 at 20:23:40

安らかで素敵なポエムをありがとうございます♪^ ^

ミルクはこんな世界をイメージして読みました。
↓(=^ω^=)♪

http://image.blog.m.livedoor.com/fistoria/view.cgi?article_id=1875901&blog_provider_id=1&img=http%3A%2F%2Flivedoor.m.blogimg.jp%2Ffistoria%2Fimgs%2F9%2F0%2F90af21ae.jpg

http://image.blog.m.livedoor.com/fistoria/view.cgi?article_id=1875901&blog_provider_id=1&img=http%3A%2F%2Flivedoor.m.blogimg.jp%2Ffistoria%2Fimgs%2Fd%2F6%2Fd697a5e4.jpg

1062:kikiさん by ぽんた on 2011/02/22 at 00:02:07 (コメント編集)

kikiさん、素敵な詩ですね(^-^) ありがとうございます(^-^)

1232:魂の声 by kiki on 2011/03/07 at 11:00:47 (コメント編集)

ミルクさん、ぽんたさん、
どうもありがとうございます♪

詩で表現するのが、
自分にとって自然なんで(*^_^*)
この場に感謝です。

ミルクさん、flyさんの、
個性豊かで力強い詩も楽しませて頂いて、
ありがとうございます。

今日のは、もう10年ぐらい前に作った曲の歌詞で、
いろんなアレンジで歌ってきました。


~~魂の声 ~~

わくわくと熱くなる
胸が示す方向
魂の声を聞けば
それは確かな”真実”

遥かかなたから聞こえてくるリズム
わたしの鼓動と共鳴している

踊りだす
そのとき魂は
「これがわたし!」と叫んでいる
繰り返すリズムにのって炎が揺れる
命は踊る
命は歌う
月の明るいこの夜に


きらきらと光る
波が見えてくる
魂の声を聞けば
それは確かな”真実”

わたしの産まれるずっと前から
遥か未来へと続いている波

歌いだす
そのとき魂は
「これがわたし!」と叫んでいる
繰り返す波にのって影が揺れる
命は踊る
命は歌う
星のまたたくこの夜に

1234:kikiさんへ by クローバー on 2011/03/07 at 13:11:51 (コメント編集)

曲も作られるんですね。 
自作の曲の歌声も聴いてみたいです~♪^^

10年前の詩にもかかわらず、
スピリチュアルな深い意味合いを感じます。

1262:クローバーさんへ by kiki on 2011/03/10 at 12:00:12 (コメント編集)

嬉しいです(^^♪

お言葉を真に受けてヽ(^。^)ノ
短いですけど、5年前の動画をアップしてみました。
こんな感じもありでした。

http://www.youtube.com/watch?v=jmyNVMYgVFQ

1263:(*´∀`ノノ゙☆パチパチ by かたくり on 2011/03/10 at 12:18:13

 躍動している~^^

 (*´∀`ノノ゙☆パチパチ

 いいねいいねいいね^^

1265:kikiさんへ by 名前書いてね on 2011/03/10 at 17:11:33 (コメント編集)

Oh!ミュージシャンしてるー(笑

ワオ☆(*aO▽Oa*)マジかっ㌜! 

ライブで見た~いっ!
貴重な映像ホントにupしてくれて ありがとう♪♪♪

次回も楽しみにしてますね~~~!
Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks

1266: ↑ 名無しでした。 by クローバー on 2011/03/10 at 17:14:43 (コメント編集)

クローバーよりv-22

1391:みんながいるよ by kiki on 2011/03/15 at 17:52:59 (コメント編集)

根底から地響きをあげて
揺るがせられる時
そこに何を観るだろう

会えなくなった魂と
何時かまた巡り合う時が来る

涙を流し痛みを味わい
それでも力強く踏み出そう

素晴らしい思いやりに満ちた
みんながいる

素晴らしいパワーに満ちた
自分がいる

信じ合う優しいみんなと
共にまた歩きだそうよ

1393:かたくりさん、クローバーさん by kiki on 2011/03/15 at 18:02:07 (コメント編集)

つたない演奏を聞いて頂いて
ありがとうございました~~(*´ェ`*)

1395:いえいえ なかなかのものです^^ by かたくり on 2011/03/15 at 19:04:20


 今後も がんがんミュージシャンしちゃって
 ください^^
かっこええ!

 待ってますー^^(=^・^=)b

1440:上昇 by kiki on 2011/03/18 at 01:04:17 (コメント編集)

悲しみと痛みの涙と
感動と優しさの涙と

繰り返す
繰り返す

深くて胸が痛んで
どうしようもない底なしの辛さ
深くて胸に染みて
溢れ来る底なしの暖かさ

繰り返す
繰り返す

今までも人生はこんな風だったけど
今、有り得ない速度で移りゆく

怒涛の時代
統合の時代
変化の時代
進化の時代

分かれゆく自らの思考で
目に映る世界は変わる

間に合うから
間に合うためだから
どうか気づいて

螺旋を描いて上昇している
波にもう乗っている

みんなで乗り越える
涙を乗り越える

もうすぐ手が届くところにある
あの光の世界へ

螺旋を描いて上昇している
波にもう乗っている

1441:静寂 by kiki on 2011/03/18 at 01:32:55 (コメント編集)

空気が凛としている

怒涛と静寂が同時にある

光がクリアになっている

見えるものが両極である

わたしはどこにいる?

わたしは観ている

静寂にいるから

怒涛に揉まれ揺れ動く

世界の中で泣いていても

わたしは観ている

数えきれない星々の

何百億年のドラマの記憶さえ

内に秘めていると予感しながら

1563:『祈り』 by かたくり on 2011/03/22 at 23:32:44

 『祈り』

 陸奥の国、
 魂の奥底の炎(ほむら)
 頑固に守る土地柄
 安倍氏、清原氏、藤原氏
 平泉の歴史を
 今に伝える東北の地

 いにしえより
 素朴で
 心温かい人々が
 暮らす東北の地

 未曾有の 
 火と水の洗礼を受け
 天と地と空とに
 静まってと祈る

 地味だが
 穏やかに日々を
 生きる町々
 笑って泣いて
 怒って泣いて
 笑顔に戻る
 生きた人々

 一瞬の出来事
 起きた事もわからずに
 突然の別離(わかれ)
 
 慰めの言葉も
 励ましの言葉も
 生きてという言葉も
 何も言えない。

 けれど
 ただただ
 祈る。
 このあとも
 祈りの真心を捧げます。
 
◇◇◇
 一日も早い復興と
 温かい環境に戻れますように。
 
 

1733:心がほっこりする、こんな詩がありますね。 by かたくり on 2011/03/30 at 17:45:10

  今から10年ほど前だったかな?
  相田みつを氏のような
  心がほっこりする詩を書く
  言の葉墨彩家ひろはまかずとし氏を
  知りました。

  今日は、この中から。

■^-^■■^-^■■^-^■■

  安心してください

  神様にとって
 
  人間はすべて

  どこかが失敗作なんだって
 

■next■■next■■next■■

  安心して下さい。

  人間の心って

  案外 体よりも

  がんじょうに出来ている
  ものですから


■next■■next■■next■■

  優しく受け止めて

 心を込めて投げ返す

 会話は心の
 キャッチボールでありたい。


■^-^■■^-^■■^-^■■
(縁むすびの紙 作品集より)


 人間が生きる上で最も大事なのは、
 食べる事
 寝ること
 そして
 やはり人間同士の会話だろうと
 思います。
 それも真心のある、慈愛のある言葉。
 勿論厳しさも必要だけれど。
 これからは
 無い物ねだりは出来なくなるだろうから、
 人と人とのつながりを求めて
 「みんなでひとつ」
 本当の意味での助け合いを
 実行していく事が肝心なんだろうね。
 

1787:「希望」 by kiki on 2011/04/03 at 11:59:24 (コメント編集)

未来を感じる(観る)事の出来る
特別な能力をお持ちの方のブログ。
(ここで教えて頂いた。)

信じる信じないより、
この輝く未来のイメージがステキで、
胸の奥まで光が射すようです。

幸福への近道
http://kinmiraiken.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Date: 2011.04.03

「希望」と云う言葉を忘れておりました。
希望の意味は、こうあって欲しいと願う事であり、未来に対する期待の事です。

今では、新幹線でアッと云う間に神戸からやって来られる東京に、
私の中学の修学旅行では特別列車「希望号」で、かなりの時間を揺られながら
憧れの東京に着き、皇居を目にした時は「東京だァ~」と思ったものです。
あの日から半世紀が経ち、東京駅周辺はかなり姿を変えています。
過ぎてしまえば、遠い昔の様でもあり、思い出すと昨日の出来事のようにも
思います。

今回の大震災は、日本の歴史にこれからトップに挙げられる出来事です。
確かに、復興に時間は掛かります。

だからと云って悲観などなさらなくとも、街々に明かりが灯り、
漁師さん達が地平線でキラキラと水面が太陽の笑顔を映し出す姿を
背に受けて漁港に帰って来ています。
水揚げ場には人々が集まり、船が着くのを待ち受けています。
漁業組合の看板の名前の上には気仙沼の文字が、アレ、釜石の字も見えますし
大船渡も見えました。
字が漁業組合と書かれた上を、ページをめくっているかのように見えています。
漁港が帰って来たのです。

「おめでとう」と見えた光景を涙が、すりガラスに画名をしています。
人間の力って、何と素晴らしい事でしょう。

アラ、アラ、今度はお米です。
JAの倉庫には「こしひかり」と書かれた宮城産のお米が、
誇らしく積まれています。
よかった!
塩害に人々は勝ち、美味しいお米を作ってくれたのですネ。

やっぱり、人間の頑張りって凄いです。
海岸近くには食品工場らしき会社も戻って来ています。
真新しい設備がまるで、やる気満々の若者のようです。
よくよく見ると、今迄見た事のない工業団地です。

至る所に、ゴミ焼却場の塔があり、これって避難所なのだろうなァと
私は思いながら、眺めていますと、何処からか笑い声がします。
昼休み、工場から出て来た人々が楽しげにひとつの建物に入って行きます。
そこは工場団地の食堂のようです。
見ていて「よかった」と思うと、胸の奥が熱くなりました。

場面が変わると、福島原子力発電所らしき建物が今より背を低くして、
表面は修復され何もなかったかのように、そこにはありましたが、
どうも活動はしていないようです。
ただ、周辺には、あまり変化は見られず、静まりかえっています。

あら、何と言う事でしょう。
海鳥が飛んで来たではありませんか。
鳥も帰って来たのです。

今、見ている映像はまぎれもなく、日本の未来です。
「希望」
やっぱり良い言葉です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(転載終わり)


何気ない日常の輝きは、
やっぱり瞬間瞬間が奇跡で美しい。

取り戻すのに時間がかかっても、
日本は力強く、よりよい方向に発展する未来に向かって、
助け合って築いて行くと信じます。

瓦礫の中で咲く梅の花を
美しい、元気がでますと言って微笑む、
被災者の方の映像を見ました。
逞しく、かつ繊細なその感性。

今ある美しさを、素直に感じながら、
自分の日常を普通に過ごしながら、
人生の津波も乗り越えながら。

被災地の方々を想い、
救助救援の方々を想い、
復興について真剣に考える。

どよんと胸が苦しい感じから
抜け出すのがまず大変なわたしでしたが、
早く切り換えて、
潔い新しい日々にチェンジ。

桜がほころびだした。
ウチのバラも芽吹いてきた。
まだ異様なほど寒いけど、
季節を感じるひとつひとつに喜んで、
あるがままを生きる植物に学ぼう。

どう捉えるかのチカラが、
以前にも増して現実味を帯びている気がする。
速効、目の前に展開する。

苦しみも容赦ないけど、
たった今からは、明日への糧だ。
今日を生きるよ。
たった今を。
チラつく後悔も不信も
相手にしないよ。

励まし合いながら、
明るく笑顔でみんなが毎日を過ごしている、
そんな日本を思い描いて。
自分の人生も力強く、しなやかに。

1789:kikiさん by ぽんた on 2011/04/04 at 01:25:30 (コメント編集)

kikiさん、希望あふれる情報ありがとうございますm(__)m 日本も東北も元気に生まれ変わりますよね。大震災が、起きた当初は、実際に被害を受けていなくても連日テレビから流れる情報により僕は、不安で不安で、しょうがなかったです。しかし、『すべては、必ず良くなる、絶対、大丈夫』という言霊を何回も何回も唱えることによって平安を取り戻しました。ある方のお話しによれば今回の大震災は、日本の神様たちの神庭会議によって世界のカルマを引き受けたそうです、日本のカルマは、日本に広島と長崎に原爆を受けた時に終わってもう無かったそうです。もし世界のカルマを日本が、引き受けなかったら、予言で語られている世界の3分の2は、亡くなっていたそうです。そして今回の大震災で亡くなった方々は、一人残らず神様の特別なお計らいにより神界へ移行させたそうです。日本も東北も必ず立ち直ります、将来日本は、リ-ダ-となり平和を発信することになるそうですm(__)m

1809:ぽんたさん、初めて聞きました。 by kiki on 2011/04/05 at 02:05:02 (コメント編集)

世界のカルマを引き受けたっていう考え方もあるんですね。
元気に日本が復活して、平和な世界をつくる発信地になれば、
本当にいいですね。

わたしも、とても動揺していたことに気づいて、
また、自分の心の中から、平静を取り戻すよう心がけ、
やっと戻りました。一緒ですね。

どんな事があっても、そこに美しさを観る。
この事が、ハンパじゃ出来ないぐらい激動の世だけど、
この震災でいろんなところで感動のシーンを見聞きし
きっと本来人はそうである事を思うものです。
今まで日常で修行して来た事を、
真剣に地道に実行する、その時ですね。

大きな不安と恐れを、変貌させて、希望に変える。
この今の経験自体が、カルマの昇華であると実感はしています。
具体的対処法を考え実行しながら、その作業を続けなければならないですね。
不安と恐れに翻弄されながら、情報を探りだそうと躍起になると、
深みにはまってしまいます。

ここのバランスをとりながら、姿勢を崩さないことが、
大きなテーマというか、カギのような気がしています。

自分の内面がどうであるかを、繊細にチェックしながら、
丁寧にひとつひとつ、統合させ昇華させていく。
宇宙の進化は、地球の進化に呼応して、
そして、それぞれの魂に呼応している。
その人類の進化表であるマヤ暦はもう最終章が始まった。
それを感じながら、進化の過程に、落ち着いて対応したいです。

その、神さまのお話もまた、教えてくださいね。
いつもありがとうございます。

2411:自神満満 by fly on 2011/06/06 at 17:51:25 (コメント編集)

活を入れた応援メッセージみたいなものです。

豆腐の角に頭をぶつけても 死なないが

なぜかそのレベルの場面で心廃れる者はいる

一体何が言いたいって?

答えることができない

それは自神がよく知ってることだろう?

豆腐の角がレンガとなり レンガがダイヤとなる

状況の悪化で気分が悪いのはあなた自神を置いてきたからだ

また見つけたいのなら 全部捨ててけよ 気のすむまで

自神しかなくなるまで そうなるまでずっと

満たされない欲求は実を言うと

あなたの肉体は満たされても 自神は満たされないから

じゃあどうするかって それを見つけたいなら

自神を持ってすすみゃいいのさ ずんずんと

肉体で分からなくても自神は分かってくるだろう

ホントの平和と愛を手に入れろ

さあ魂の奥から自神満満に、なれ!

2445:アリガトウ by fly on 2011/06/07 at 21:44:02 (コメント編集)

空の見える丘で

星を追いかけた日々を

共に生きてきた

数多の魂に

今伝えたい

今もこれからも

けして 消えずに残った

アリガトウの讃歌

見上げていよう

どんな暗闇も

そこに希望を 根ざすのならば

恐れはしない

永遠の旅に疲れるとき

蒼き故郷を振り返り

また訪れよう そしてもう出ていくと

今はかりそめの想い胸に

誓う 神々たちよ

われわれのこの光から

根ざす平和が つき果てぬよう

ただ歩いてゆくのだと

だからこそ今 これだけ残し

これだけ託し

また新たなる世界へ

桃源の志士たちよ

心の中へ 集うときぞ

永遠となる 記憶の奥の

アリガトウの意思のもと

さあ叡智よ ここからこのさきへと

永遠の夢を語り合おう

絶えず移って 全てをつなぐ

アリガトウを賛美しよう

アリガトウ アリガトウ

アリガトウ アリガトウ

2457: by fly on 2011/06/08 at 21:48:27 (コメント編集)

気づくと死んでいた

いつのまにか いつのまにか

目覚めたときにはもう消えていた

すっきりと すっきりと

あんなにしがみついてた全てはもう

消えていた 消えていた

だから上っ面を表現するこの自分も

もういない もういない

考えないのではない 考えることもない

想うこともない 思い出すこともない

ただ在ること 生きることが

たとえられる表現を既に超えているからだ

何も見えずとも 何も言わずとも

もう気にしない 恐れることも 忘れることも

全部消えているから

神がいないだって? 冗談じゃない

こんなに繋がっている距離にいるのに

外が消えたとき 内が見えて

今までの測り方もなくなり

無限の意識を漂っているから

そう もう疑うこともなくなっている

だからさよなら そしてこんにちは

今日は今日のまま 何も在らぬまま

されど無数の存在がある

私は消え あなたも消え

そう 無 そのものであるから

もう 語りはしない

2488:一輪の花のごとく~今、伝えたいこと~ by fly on 2011/06/13 at 10:43:26 (コメント編集)

一輪の花のごとく

朝日燦燦 光り輝く 野原の上で

たたずみ 咲いている花

いつものように 緑鮮やかに 喜びあふれて

雨の日も 風の日も 常に我慢強く

感謝と愛のエールを 世界へ送っている

あの場所で どんな時も 恐れないで

優しさと 慈悲を私に 今日も与えている

一輪の 花のごとく

穏やかに 咲き続けるように

一輪の 花のごとく

純粋な心に なりたい

或日 大きな 車輪の音と喧騒の声

聞こえて 騒がしくなる

なにも出来ずに 花はつぶされ 喧騒の中

私は 立ちすくんでいた

一瞬で 永遠の 時が流れていた

悲しみと怒りこみあげ 全てを否定してた

だけれども 目を落として あの花の

けなげな想いが 私をすっきりと 洗い流す

有る春の 朝日の中

あんなに 美しく咲いていた

一輪の 花のごとく

私もまた 咲いていきたい

一瞬 一瞬ごとに

強く 咲くよう教えてくれた

一輪の 花のごとく

今を 懸命に 生きたい

2519:スパイラル by fly on 2011/06/17 at 17:53:34 (コメント編集)

何億年の 波を渡って 築きあげてきた

滅亡も 分離さえも 常に 起きていたけど

それも 古代から今へ 続く 命の詩

今思う ああこの時を どんなに 望んだのか

目覚めたから私は決めている もう過ちは繰り返さないと

ゆっくりと ゆっくりと 命を磨き 生きる旅へと

戸惑うこの心を何度でも 昇り昇って火を興す

あざやかな光を浴びたら もう間違いはしない

真実は切実に スパイラルから届いていき

暗闇を晴らしたから

もう愛を忘れない

ゆっくりと ゆっくりと 私は昇りつめてゆく

2665:暗闇から光へ by fly on 2011/07/06 at 17:45:21 (コメント編集)

立ちはだかる壁 順風満端な旅の途中

何の予感もせず それは起ってしまった

冷酷非道の 悪魔さえも逃げ出したくなるほどの

心の傷の痛みは 何よりも感じてしまっていた

歯を食いしばって忘れようと 耐えていこうとすると

そのたびにちっぽけな 自分が見えてくるようで

見たくはないはずなのに もう消えてほしいのに

どんなに目を閉じていても 干渉してくるのがわかる

なんてこともないことだと わざとらしく振舞ってしまう

傷に傷を塗るのは もうこれこれっきりだと 笑って済ませてしまうほどにまた生まれてみたいだけ

あなたとの別れも 否定して覚えてはいない

否定するだけなのに こんなに心苦しいのはなぜ?

そのうち何だか 涙が出てきてしまうはどうして?

もう何回も枯れるほどに 流してしまったというのに

こんな悲しみでも気付いたことがある 私はあなたしか知らなかったのだと

今までの嘘で隠した分だけ それはあなたの受けた苦しみだと知った

私があなた無しで生きられないことが 今の私を表わしていて

私の暗闇をさらけ出している あなたの声が聞こえてしまった

現実を受けいれたのは あなたの歴史では貴方だけであり 私の現実は私を蘇生させる

いずれ朽ち果てるのも あなたが何者でもなく 真実の声を語る救世主に変身するための一歩だと知ったから

そしてあなたの考えたこと 想ってきたことが まったく違っていたとしても 今なら許してしまう

私の暗闇は誰のものでもないし 沸き立つ光のありかを今にもつかもうとしているから

まったく同じだったことが 実は同じじゃなかったと知らないなら 私の世界が貴方を犯していたかもしれない

けれど貴方が結んだ絆は たしかに私と繋がっていて 良くも悪くもそのつながりが世界を照らしていた

消えたしまったしても 悲しみや苦しみに耐えられなくなっても 私が貴方の世界から学び私が学んだことが

私とあなたをどこかでまた 会える世界を築くように 私の一歩はこの時から女神の輝きへと移っていた

そしてあふれでる笑顔から 失敗した記憶はこの時から 今の安らぎのための幻想だと悟ってしまったんだ 



3423:闇がもたらす感情の意味 by kiki on 2011/11/26 at 12:28:56 (コメント編集)

いつも、闇にヒントが潜む
闇によってもたらされる自らの感情
それを引き出すためだ

真正面から勇気を持って闇に挑む
それは勇気をもって
自分自身の点検をすることだ

時期が来たんだ
闇を光に変えられるだけの
準備が出来たんだ
喜ばしい事じゃないか

引き出された感情
苦しく痛い

どこから来たか
自ら発したエネルギーが
めぐりめぐって
戻ってきたんだよ

それは、発した時と逆に
”裏返し”に見える
今度は、向かってくるんだからね

時期は来た
自分に戻ってくる
理屈はいらない
染みわたらせ味わうだけ

もたらしてくれたものに感謝を
それは、役目をはたしてくれた

どこへいくの
やるべき過程をこなし
完結するだけ
そしてその経験によって
自分自身の光になる

そこまでくると
闇はもう闇でなくなっている
恵みであると悟る
闇は実は光であると知る

くれぐれも言っておくけど
感情が、自分自身ではない
感情を観察することで、
それは、進化の道具に使える

本当の自分に出会う道しるべにも使える

3712:neature art by fly on 2012/04/28 at 23:47:12 (コメント編集)

空を飛び立つ 鳥の群れ

地に根を下ろす 高き大木

川を流れる 水のせせらぎ

その舞台へ立ち 一呼吸し

自然の景色と 一体となり

私がそこへ 導かれた時

自然の芸術が 完成する

生き生きとした 心を洗う

その瞬間に 身震いをする

その光景の 神々しさが

私の世界を 潤せていた

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (40)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (13)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (97)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (91)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR