カウンター アクセスカウンター アンゴルモア(モンゴル)大王の型を演じた出口王仁三郎聖師 - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

アンゴルモア(モンゴル)大王の型を演じた出口王仁三郎聖師

okina-oni

  yuri=lin   
  ノストラダムスの予言詩の
  ”アンゴルモア(モンゴル)大王”とは
  一体誰なのか?についてと
  その型示しをされた出口王仁三郎聖師。
  通常ではつながらないような人物同士ですが
  実は、きちんとつながっていた?
      かたくり
  yuri=lin

bard-Lin
 【転載始】
近代日本が産んだ最高の予言者、
大本教の出口王仁三郎聖師の演技には
「謎」とされる部分があります。
それは、
大正13年に出口王仁三郎聖師はボディガードとして合気道の創始者・植芝盛平等の少人数の側近を連れて、自ら「救世主」と称して蒙古に渡られました。
何故、出口王仁三郎聖師は救世主と称して蒙古に渡ったのか?
この謎が解けないからです


出口王仁三郎聖師は
何の型を演じようとされていたのでしょうか?。
それはモンゴル(蒙古)大王、
(ノ)ストラダムスの予言では「アンゴルモア」の大王
の型を演じようとされたからなのでしょう。

現在ではアンゴルモアの大王とは
モンゴル大王である
とされています。
一般的にはモンゴル大王とは、ジンギスカンのことだとなりますが、
ジンギスカン(成吉思汗)とは過去の方です。
出口王仁三郎聖師は蒙古のジンギスカンではなくて、
ジンギスカン伝説に関わる演技をされたわけです。
世の霊能者の中には、出口王仁三郎聖師のその演技で、このことに気付いて自分の前世がそのものだと公表しておられる方かあるようです。そこまでぐらいなら少しは頭が良い方ならば解るし、やろうとすると出来なくはないのですが、もっと仕掛けは大きいのです。

では、
このアンゴルモアの大王とは誰なのですか
と言いますと、
聖書に予言されます
終わりの時に人類を救う為に現れる主の御子のこと
なのです。

西洋ではどうしてもその存在は
イエスだと偏った概念に囚われてしまいますので、
隠した部分もあったのでしょう。

私の記憶も定かではありませんが、
ノストラダムスの予言に
確か次の様な内容の予言があったと思います。
いくら西洋の人が待ち望んでも
西洋からは決して現れない

東洋の叡智の馬小屋の飼い葉桶
西洋人は救世主はイエスの再来と思い込んでいますが、
東洋の叡智として出て来るのです。
だが、
最後に現れる救世主と呼ばれる存在は
一人ではなくて、
複数形だと言われています
ので、
それだけで話が終わるものでもないようです


大本教霊界物語の如意宝珠の中に
【妾は言照姫の命、様子あつて本名は今しばらく名乗りませぬ、奥に寝ませらるる玉照彦様は遠き未来においてミロク神政成就の神業に参加遊ばす尊き伊都能売之御霊、其方は大切に奉侍し、世継王山の麓に在す国武彦の命にお届けあれ、しからば其方は云ふに及ばず高姫、黒姫一派の、今迄瑞の御霊の大神に射向かひまつりし重大の罪を赦され、神界の御用に参加し、偉勲を建つる事を得む】
とあります。

この玉照彦とは、
霊界物語に中では主の末子とされる存在なのです。
霊界物語の他の場所では玉照さんは誰だろうとなっています。
それは玉照彦を担げば、その神霊達は
みろくの世においても高い地位を得ることが出来るので、
それが誰だか解らない様になっているのでしょう。

よく、伊都能売之御霊を言われる方がありますが、
それにはこの「玉照彦」が解っていなければならないのです。
玉照彦が伊都能売之御霊となっているからです。

大本教では、
玉照姫は大本開祖の前身、
玉照彦は聖師の前身とされたようですが、
大本教は型を演じる為のものであって、
予告編として演じられたと見るべきなのです。
何故ならば、まだ本番の時ではないからです。

なお、この霊界物語の中の世継王山と書かれているのは「四つ尾山」という下に藤山という頂を持った山のことでして、その藤山の麓に本興稲荷さんという熊野本宮別当家九鬼神道の九鬼氏のお稲荷さんが在って、大本教出口なお開祖が篤く信仰されていたのですが、これが国武彦の命の社となっているのかも知れません。
と言いますのも、九鬼氏は綾部と三田に分割される前は鳥羽水軍の鳥羽藩で、鳥羽藩の時代に某お稲荷様を勧請して祭っておられます。このお稲荷様の勧請元が神道名で国武彦の命様になるからです。そのことが解っている霊能者の方であれば、この国武彦の命の意味も解るはずなのですが、それだけの能力がある方は少ないと言えます。

聖書で神が言われている存在と
大本教霊界物語に書いてある存在は、
同一の存在のこと
なのです。
ですから西洋ではなくて東洋からなのです。

大本教の出口王仁三郎聖師はその存在(玉照彦)が自分だと思って救世主の演技されたのは事実なのでしょうが、大正13年という時期でしたので、まさか立替がそんな先のことだとは思われてもいなかったのではないでしょうか。

大本教が予言して来たことは
人類の滅亡ではないのです。
立替と呼ばれるものが起きるとしても
五六七(みろく)の世に渡ることなのです。
その指揮を取るのが玉照彦であり
伊都能売之御霊となっているわけ
です。

ノストラダムスと大本教の出口王仁三郎聖師、
まるで関係が無いように見えていて、
関係していたことが解ります。
ノストラダムスはユダヤ教徒。
聖書の神から降りていたのでしょう。

何も無ければそれはそれでいいのでしょうが、
これだけ仕組んでありますと、
そこらの神社の神様達がされることではありませんので、
準備万端整えておくことも賢い行為と言えるでしょう


 【転載終】
 ★参考
  ◎
wiki ノストラダムスさま
  ◎
wiki 出口王仁三郎さま

 ★元記事
  
人に内在する良心神(神言会)さま

bard-Lin


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
by まとめwoネタ速neo on 2012/05/14 at 16:13:11

        ノストラダムスの予言詩の   ”アンゴルモア(モンゴル)大王”とは   一体誰なのか?についてと   その型示しをされた出口王仁三郎聖師。   通常ではつながらないような人物同士ですが   実は、きちんとつながっていた?       かたくり?...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR