カウンター アクセスカウンター エネルギーヒーラー ギリランド氏の2013年予測 - 和気藹々 ほっとひといきブログ
fc2ブログ
RSS

エネルギーヒーラー ギリランド氏の2013年予測

nanohana itimen BB

  lin-tamaS
  今回の記事の中に
 ☆今こそ、過去の考え方から自由になり、囚われから解放され、
  地球と人類にとってベストな未来になるよう行動を起こすべき時です。
  すべての文化的、宗教的な境界線を越えて、自然を大事にして、
  互いに平和と調和の中で助け合い未来を創造する時がきたのです
 ☆
  上記のように書かれています。
  日本にも同じような事を言われている預言がありましたね。
  権現山「地球安全祈願塔」の言い伝え(預言)
 

(6)『それよりもっと恐ろしいのは、
  今から約100年後に天災と人災により
  地球上に大変動が発生し、
  約3年間にわたり地球が冷下、
  大地震・大津波・大暴風雨等悪天候が続き、害虫類が多発し、
  人類が滅亡する時期が来る。

  その時期に人類の滅亡を防ぐには唯ひとつ、
  そろ(れ)は天の神仏に地球の安全を
  今日から祈願する事である。

  その方法は
  全世界の人が人種・思想・宗教の別なく
  男も女も老いも若きも一致団結して
  地球の安全を祈願する事
である。


  こうしてみると
  古今東西そして、現代においても
  天変地異や気候変動等など変わりがないようです。
  あとは、こちらでも言われているように
  人間自身が気づいて【変容】努力する事という
  事実だけとなりましょうか?
  
   かたくり
  lin-tamaS

Lin-Bard  
  【転載始】
 今回は、年の初めにふさわしい、その年の予測です。

 スピリチュアル月刊誌『アネモネ』(ビオ・マガジン社)、
2013年2月号からジェームズ・ギリランド氏による2013年予測を
抜粋して紹介したいと思います。

 ジェームズ・ギリランド氏は、作家、エネルギーヒーラーとのことで、「国際的なTVニュースやインターネット、ウェブ・ラジオ番組でも取り上げられている著名人」なんだそうです。
でも私は今回の『アネモネ』で初めて、その名を知りました。
 少しギリランド氏を紹介すると、3度の臨死体験で次元間を移動できるようになり、聖書でエゼキエルとして知られる存在、カゼキエルにサポートされているとのことです。現在はUFOコンタクトのメッカとして有名なアメリカ・ワシントン州南部にあるアダムス山のふもとにあるスピリチュアル・リトリートセンター「ECETI(イーセティ)」の代表を務めるとあります。

 ギリランド氏は、
カゼキエル以外にも様々な知的生命体とのコンタオクトがあり、
そうした存在から瞑想を通じてメッセージを受け取るそうです。
今回紹介するのは、
5次元のシリウスの猫族「バギート」という存在から受け取ったメッセージだそうです。
このシリウスの猫族は地球の古代から関わりがあり、古代エジプトでは「セクメト」、古代インドでは人間を守る役割を持つ「ナルシュリーンガー」と呼ばれていたそうです。その容姿は人間の女性と猫が合わさったようだということで、イラストが載っていたので紹介します。
 neko woman A

これから紹介するのは、2013年に起こると伝えられたものだそうです。

・・・<『月刊アネモネ』2013年2月号、p9~p11から抜粋開始>・・・
 『太陽フレアによる送電網のダウン』
 最初のテーマは、送電網です。

 2013年に入ると、太陽フレアの直撃が続き、
 コンピュータが次々とダウンする可能性があります。
 そうなると、地球全体の送電網が崩壊することでしょう。
 これは、活発な太陽活動によるものであり、今や、磁極のポールシフトが起こりつつあります。
 送電システムがダメージを受けると、送水や下水のポンプが作動しなくなります。
 銀行のATMも使えなくなるでしょう。

 そして、発電により成り立っているビジネスは機能しなくなります。
 ガソリン・スタンドのポンプでさえ、バックアップシステムがなければ作動しません。
 私たちの必要とする量を充分に満たし、クリーンで効率の良い代替エネルギーがすでにこの地球 上に存在しているので、直ちに公表され、導入されなければなりません。
  <続きます・・>



 『磁極のポールシフト』
 次のテーマは、磁極のポールシフトです。

 これは、わずか数ヵ月以内にも起きる可能性があります。
 もしポールシフトが起きれば、地軸が移動し始めてから終わるまでの時間は、
 およそ6日間に及ぶでしょう。

 人間の意識は磁気を帯びていて、記憶は磁気的なものでできています。
 ポールシフトによる磁気の変化で恐れ、怒り、嫉妬、争い、貪欲、文化的・宗教的に
 分裂した信念などの濃密で重い意識は、6日間の間に消去されていくことでしょう。

 意識の周波数が著しく低い人は、
そのアイデンティティがバラバラになって崩れ去ります。
暴君や、人をコントロールしようとしてきた人は、
自らの名前も認識できないくらい、意識を喪失していきます。
 彼らは正気を失い、自分の居場所を失くし、
もはや、地球の周波数と合わなくなるため、再び地球に生まれ変わることもありません。

ロシアの科学者によれば、もし14時間以上、磁気のない状態に置かれたなら、人間の意識は 消去されてしまい、元に戻すことは不可能とのことです。

もし、あなたが高い周波数を保っていれば、何の問題もありません。
高い周波数は、魂に繋がる心へとアクセスします
 それは、宇宙の根源への入口となるハートを通して行われるのです。
 周波数が高いというのは知性が高いという意味ではありません。
 というのも、
 愛、喜び、他者への奉仕の精神のない人はシフトできない からです。

 ポールシフトの期間中は、どこにも逃げ隠れすることはできません。
 地上にも地下にも、暴君のための城や王国は存在しなくなるのです。

 『地殻変動』
 磁極のポールシフトに引き続き、地殻変動が起きる可能性があります。

 これは、かつて違い昔に地球に隕石がぶつかり、
 それによって、現在まで地軸が傾いていることに起因します。
 隕石の衝突で本来の傾きからズレた地軸が傾く前の状態に戻ろうとして
 再び23~30度ほど移 動するでしょう。
 そうなると、北米は南のほうに移動します。

 磁極のポールシフトが起きることによって地球内部でマグマが流動的になり、
 過熱されて圧力が かかり、地殻変動が引き起こされます。
 この地殻変動により、火山活動が活発になり、地震が頻発します。

 空気中の湿度が高くなり、嵐や強風、洪水が継続して起きるでしょう。
 それによって、海岸線が大きく変化します。
 地軸が動くことで、地球内部のマグマが変動して、赤道あたりの地殻が隆起します。
 そして、赤道から遠く離れたところは陥没します。

 この地殻変動の間に、赤道近辺では41kmにわたって土地が隆起するところもあり、
 地球上の 海全体が様変わりすることでしょう。
 まるで、アトランティスやレムリア、ムー大陸の沈没、
 あるいは、ノアの洪水の再来と言えます。

 『4次元へのシフト』
 これまでに述べた変動の前に4次元へのシフトが起きるようです。
 このテーマは、より詳細に解説しましょう。

 4次元へのシフトは、「周渡数の上昇」と解釈すると 分かりやすいかも知れません。
 それは、個別に新しい時空、
 つまり今、よく言われているパラレルワールド( 平行宇宙)に移行することなのです。
 この移行は、その人の持つ周波数と意識レベルによって決まります。

 その人の意識の周波数が、現在の地球での運命とこれから先の運命を決めます。
 3次元の領域を卒業して、4次元に移行することにより、
 前述のポールシフトや地殻変動を体験しない人もいます。
 肉体の密度が希薄になると、3次元のレベルを超えてしまうからです。
 それは、この物質世界の人々や場所や出来事に対する執着から自由になったということであり、 識別力を習得して、宇宙の一なる意識に統合されたということなのです。
 これは、たやすいことではありません。

 中には「自分はすでに宇宙意識と統合している」と錯覚している人もいます。
 しかし、宇宙意識へと統合されていくプロセスは、
 多くのレベルを経て、ようやくなされるものです。
 その人の潜在意識に隠されていたものが浮上しては癒されていく、
 というプロセスを踏みます。

 あなたが「宇宙意識へと統合したい」と意図すれば、
 宇宙から、多くのサポートがやってきます。
 すると、自分の意図したことが素早く実現していき、
 あなたの意識レベルが明らかになっていきます。

 ネガティブな傾向がある人の場合、周りの人や地球に対して、
 否定的に対処しているのでネガティブな事態に遭遇することになります。
 作用・反作用の原理や、いわゆるカルマというものが、瞬時に現象化するのです。
 ウソやごまかしは、即座にばれてしまいます。
 そのようなネガティブな人に残された道は、
 意識を変革して、過去の囚われから解放され、自らを心のレベルではなく、
 魂の奥底から許し、本来の自分を取り戻すことしかありません。

 そのためには、自らを変革していくための“剣”が必要となりますが、
 自分が本当は何を望んでいるのかを見極めると同時に、
 その剣となるものにも、注意を払わねばなりません。
 今の社会では、ある事柄が見かけ通りではなく、人類 の思い込みや錯覚のうえで認識されていることが多いからです。

 人類を覚醒に導き、地球を癒すために人知を超えた力が、宇宙から働きかけてくれています。
 しかし、その精妙なエネルギーは、暴君やコントロールしようとする人の荒い波動には働きかけ ることができません。

 このような中、地球に肉体を持って生きている私たちは、
 自分の役割をきちんと果たしていく必要があります。
 これから現れようとしている物理的事象を、良い方向に変えていくために、
 現在、光明を得た聖者、憎侶、ヨガ行者たちが、
 これまでなかったほど高次元の存在たちとともに祈り、
 人類の意識 改革が進むように取り組んでいます。

 そのようにして人類の意識に光とエネルギーがもたらされると同時に、
 地球を取り巻くエネルギー・グリッドにも、光とエネルギーが注がれています。

 今こそ、私たちも彼らとともに祈り、取り組むべき時 です。

 現在の統治システムでは、この先社会的・経済的・環境的に持続できません。
 現状維持を続けることは自滅的であり、
 理にかなったことでも、現実的に可能なことでもありません。
 現実から目を背けて生きていく人は、
 地球が次元を移行するにあたり必要なレッスンを学ばねばならなくなります。

 地球はすでに周波数を上げ、進化することを選択しているので、
 人類はそのプロセスに適応していくしかないのです。

 このような壮大なシフトの背後に広大な多次元宇宙が控えています。
 人類が眠りから覚めて、奴隷のような状態から抜け出し、
 これから地球が迎える大きなイベントが素晴らい変容と学びになるようにと
 高次宇宙の存在たちは願っています。

 彼らは、人類を信じています。
 今後どのように乗り切っていけばよいか、地球とそこに住む人々は分かっている、と。

 頑張ってください。
 賢い選択をしてください。
 創造者、神なるものを知ってください。
 グレート・スピリットは字宙すべての創造されたものに宿っています。
 すべての存在を宿す統一されたひとつのフィールドがあるのです。

 今こそ、過去の考え方から自由になり、囚われから解放され、
 地球と人類にとってベストな未来になるよう行動を起こすべき時です。
 すべての文化的、宗教的な境界線を越えて、
 自然を大事にして互いに平和と調和の中で助け合い
 未来を創造する時がきた
のです。

 間もなく、私たちは宇宙の同胞と合流します。
 その時、高次元からの宇宙ファミリーや、アトランティスの崩壊時に地底世界へ移行した私たち の祖先である高次存在たちが姿を現すでしょう。
 ・・・<抜粋終了>・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 上記の文で私が特に注目したのは、磁場の変化で「恐れ、怒り、嫉妬、争い、貪欲、文化的・宗教的に分裂した信念などの濃密で重い意識は、6日間の間に消去されていく」という部分です。地球の振動数の上昇により、その環境変化に適応できない、つまり変容できない人々は、もはや地球に住むことはできないという話はよく聞きます。神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんやゲリー・ボーネルさんも同じことを言っています。それゆえ、今後は地球の人口は急速に減っていくと言っています。
 ただ私はそれが、自然災害や戦争、あるいはパンデミックフルー(伝染病の感染爆発)などが原因だと思っていました。それがシリウスの猫族バギートによれば、地球磁場の急激な変化により、「意識の周波数が著しく低い人は、そのアイデンティティがバラバラになって崩れ去ります。 暴君や、人をコントロールしようとしてきた人は、自らの名前も認識できないくらい、意識を喪失していきます」といいます。つまり、磁場の大変動によって生存できなくなるというのです。実は私は、これまでそうした認識がありませんでした。それゆえ、そんなこともあるのか、という思いです。

 磁場の変化で人の記憶がなくなることは、ドランヴァロ・メルキゼデクさんも言っています。
 以前引用したものですが、再度掲載します。

 ・・・<『StarPeople』2011年夏号、p12から抜粋開始>・・・
 もうすでに始まっていると言われるマグネティックポールシフトが物理的なポールシフトを招くと言われ、現在このマグネテイックポールシフトが実際に起きています。 もしこの物理的なポールシフトが起きたら、世界中が今回の日本の大震災のような状況になるでしょう。

このマグネティックポールシフトが原因で世界中の人々が体に不調をきたしています。

つい最近、私の妻がロシアで仕事をしている時、あるドイツ人に会いました。その人はモスクワで道を歩いている時に、急に動悸がして気分が悪くなり、貧血を起こして病院に運ばれました。病院で検査をした結果、医師は、「あなたの体には何も間題はありません。あなたが体験した症状は、マグネティックフイールド(磁気場) が動いたために感じたものです」と言いました。翌日ロシアの新聞でこの事実が記事として取り上げられ、体にこのような症状が出たらマグネティックポールシフトが原因であり、医師にできることはないという注意を促したようです。
 また、私たちはマグネティックポール(磁極) が体を通らずして、記憶を保持することができないと言われており、ロシアはこれについての研究結果をいち早く発表しました。 ミラースペースステーションで行われた実験で、約2~3週間マグネティックフイールドのない空間にいた研究員はあらゆる記憶をなくし自分の名前もわからなくなり、ドアをどうやって開けるかもわからなくなってしまったそうです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 次に太陽フレアについてですが、NASAは今年(2013年)5月頃に大規模な太陽フレアが起きる可能性を言っているそうです。
ドランヴァロさんも、マヤ人が2月18、19日に太陽フレアが起こると言っている話を紹介していますので、それを紹介します。

 ・・・<『StarPeople』2011年夏号、p12から抜粋開始>・・・
 ポールシフトの側面にあるのが、太陽フレアの話です。
2011年2月14、15日頃に、過去4年で最大規模のXクラスの太陽フレアが発生しました。今回の震災もこの太陽フレアが原因かもしれないという話もありますが、科学的には解明されていません。 現在2013年頃に起こると言われている巨大な大陽フレアが原因で、電子機器障害が起こって地球は壊滅的な被害を受けるだろうと言われています。

なぜならば、前回の巨大なソーラーフレアが起きた時よりも、現代生活のほとんどすべての面を支えている先進テクノロジーは電気やコンピュータに頼っているので、私たち人類が受ける影響が計り知れないからです。その時、コンピュータのハードディスクはすべて消去され、衛星にも大きく影響すると言われ、今からこの問題への注意が重要視されています。 マヤ人の計算では、これは2013年2月18、19日に起こるそうです。
 ・・・<抜粋終了>・・・

 こうした話を聞くと、シリウスの猫族バギートの予測を見るまでもなく、今年大規模な太陽フレアが起きる可能性は高そうです。そして送電網がやられ、電気が来ないでコンピューターが使えないという状況が生まれるかもしれません。

 ただ私は、今年大規模な太陽フレアが起こったとしても、さらにそれを上回る超大型の太陽フレアに襲われる可能性が、その先の未来にあると思っています。
この話は以前書いたことがありますが、重要だと思うので再度触れたいと思います。
ドランヴァロさんは、
マヤ人が予言する「時間の終焉」と呼ばれる人類の禊(みそぎ)の時期が来ることを以前から言っていました。
 マヤの預言では、その「時間の終焉」は青い星の兆候が現れ7~8年かけて行われるといいます。
その時期ですが、ドランヴァロさんは2007年10月24日のホームズ彗星の大バーストが、マヤの予言の青い星であると結論づけました。それゆえ、すでにその期間に入っていると考えているわけです。私は先月ドランヴァロさんがプロデュースしたATIHリトリートに参加してきたのですが、そこでファシリテーターの方が、「ドランヴァロは、2015年までは何が起こってもおかしくないと言っています」と言われたのをよく憶えています。
つまり2007年から始まり、2015年頃に「時間の終焉」が終わるということだと思います。

私はマヤの予言のように、青い星の兆候が現れ
人類の「時間の終焉」が7~8年かけて行われるという点はそうだと思います。
 しかしまだその時期は始まっていないと考えています。
その時期こそ空に青い星の兆候が現れ、人類が超大型の太陽フレアに襲われる時だろうと考えています。
 シリウスの猫族バギートは、磁極のシフトが地軸のシフトを誘発すると言っていますが、おそらく「時間の終焉」の最後のクライマックスが地軸のシフトであろうと考えています。
そしてそうした地球環境の劇的な変化に対応する道は、人類の変容(シフト)しかないと考えています。よく巨大津波が来るから標高の高いところに住んだ方がよいという話をする人がいます。しかし磁場の変化が人間の意識を喪失させるのならば、標高の高いところに住んでもなんにもなりません。地下に巨大な非難施設を造っているという話も聞いたりしますが、地軸が傾くような大変動が起きたら、意味があるのかと思います。
やはり、私たちに残された唯一の道は変容しかないと思うのです

(2013年1月31日)

  【転載終】

  ★元記事
   
本山よろず屋本舗 
bard-Lin 


関連記事
スポンサーサイト



 
人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4018:お久しぶりです by ぽんぽん on 2013/04/18 at 05:44:02

かなりいい線
いってると思います意識の変化は
大事だと思います
なかなか
参考になりました
お元気で

4019:ぽんぽんさん^^ お久しぶり~ by かたくり on 2013/04/21 at 20:59:42

 お久しぶり^^
 気候変化の激しい時期になりましたが
 お元気そうで何よりです^^

 これからは、自力で良き気力を出す努力が
 必要となってきます。
 今までの常識がさかさまの状態になったり、
 混沌とした状況になると思われます。
 
 凹みそうになったら^^
 朝一番の太陽へ手を合わせてみてください。
 きっと^^気持ちがすっきりすると
 思います。
 またぜひ^^辿り着いてくださしね~(笑)


▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (12)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (44)
神秘・預言・予言 (29)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (18)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (113)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (9)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (103)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (23)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (11)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (5)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (11)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (3)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR