カウンター アクセスカウンター 日本が世界中から愛される真の理由 最終章 - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

日本が世界中から愛される真の理由 最終章

tonami五連の水車とチューリップ
foto:katakuri
トルコ国旗日の丸小1

◇エルトゥールル号の恩返し(12)

1世紀を跨いだ奇跡

エルトゥールル号の遭難から95年後の1985年、
イラクのフセイン大統領の無差別撃墜予告を受け
世界中がパニックに陥った。

どの国もイランに取り残された自国民の救出に全力を注いだ。
しかし、
最も対応の遅れた日本は自国民の救出に他国を頼るしか手段はなかった。
脱出期限の当日
旧ソ連の救援機は自国民を優先し、日本人の搭乗は全て拒否。
他国の救援機で40余名の日本人が脱出したが、依然200人以上の日本人がいた。

絶望的状況の中、日本が最後に頼ったのはトルコだった。
トルコ政府との交渉は、
野村豊駐イラン大使とトルコの駐イランのビルセル大使.

伊藤忠商事の森永とトルコのオザル首相(後に大統領)の
2つのルートで行われたが
それはいずれも、両者が個人的に親しいという理由だけで試みられた。
断られても仕方のない頼み。
「なぜ日本は救援機を出さないのか」と言われれば返す言葉もない。
しかし、
一縷の望みをかけ、森永はオザル首相に電話をかけた。

「トルコ人を優先して救出するのは当然ですが、
どうか日本人をトルコ人と同じように扱ってくださいませんか。
今、日本が頼れる国はトルコしかありません」
「……………」 長い沈黙。

そして、
オザル首相の口から出た運命の言葉…
OK、こちらに全て任せてくれ。
我々は今こそ日本人に恩返しをしなければならないからね。

オザル首相当時
foto:親日国トルコ

イランには依然多くのトルコ人も取り残されている。
トルコ人救出を優先させても、何ら責められるいわれもない。
それでもオザル首相は日本人の救出を引き受けた。

直ちにオザル首相の指示を受けたトルコ航空が
救援機のパイロットを募ると、
なんと!その場にいた全員が手を挙げて志願した

その中から危険な任務を任された2人は、
いずれもDC型機を操るベテランだった

トルコ航空

午後3時に1番機が到着。日本人を乗せ午後5時10分に離陸。
なんとか撃墜開始予告時間前に国境を越えた。
2番機の離陸は午後7時30分。イスタンブール空港に無事着陸。
命がけで来てくれたトルコ人スタッフ。
そのおかげで、215名の日本人の命は救われたのです。

toruko金角湾
miurku 線1

この時、自国の救援機に乗れなかったトルコ人もいた。
彼らは、車を飛ばして陸路で脱出。
トルコ政府が日本人の救出を優先してくれたためだ。
しかし、その件でトルコ政府や日本を批判するトルコ人は
誰一人いなかった。
それは陸路で脱出を余儀なくされた人たちまで含めて…


miurku 線1
続く。
********************
お茶猫小
猫作家:ほぼさんより♪


harufuji1
トルコ国旗日の丸小1

◇エルトゥールル号の恩返し(最終章)

未来も変わらぬ絆

フセインの爆撃予告のタイムリミット寸前の救出劇…

しかし、
なぜトルコ航空機が危険を冒してまで日本のために?
繰り返すが、
当時その理由は日本政府もマスコミにも理解できなかった。

前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は、
その理由について、次のように語られた。


あの一件は、エルトゥールル号の借りを返しただけなのです。
エルトゥールル号の事故に際し、あの当時の大島の島民の皆さんや、
大勢の日本人の皆さんがなしてくださった献身的な救助活動を
今もトルコの国民は忘れていません。

トルコでは、まだ幼い子供たちでさえ
エルトゥールル号にまつわる出来事を知っています。
それを今の日本人が知らないだけなのです。

それで、
テヘランで困っている日本人を助けようと
トルコ航空機が飛んだのです


実際、トルコでは
エルトゥールル号の事件は学校の教科書にも載っていて
国民誰もが知っている歴史的事実であるという。

そう、
エルトゥールル号の事故に際して
当時の日本人が為した献身的な救助と待遇。

それをトルコの人々は95年という長い年月を経ても
忘れていなかったのだ

kannsyaチューリップ

現在、
日本の学校でこの事実を教えられることはない。
しかし、
大多数の人間が知らなくても
トルコと日本の間に架けられた友情という橋は、確かにそこに存在するのだ。
(2011現在、ネットによって、大勢の日本人が
この事実を知るようになっている。)

この時イランで助けられた日本人の商社マンや銀行マンは、
1999年8月17日に発生したトルコ北西部大地震の義援金集めに奔走。

日本政府の対応も、この時は珍しく迅速で、緊急物資や無償援助の提供、
レスキューや医療チーム、ライフライン、耐震性診断の専門家などを派遣し、
震災後の速やかな復興の一端を担った。

そして、2008年1月15日、1世紀も前に遡る両国の親善。
その原点を探る調査が、
エルトゥールル号の沈んだ船甲羅周辺で行われた。
エルトゥールル軍艦遭難場所船甲羅

調査団のトゥファン・トゥランル団長は、
「初めて船甲羅に潜り、燈台のある丘のほうを見た時、
大勢の水兵さんたちが自分を見ているような気がした」と語っている。
樫野崎灯台

発掘調査は
事故を物語るもの、個人を特定できるものなどの
引き上げ品の保存などが目的で、多くの遺品が回収された。

補足:
2008年串本市を訪問されたアブドゥッラー・ギュル大統領
献花される。
献花アブドゥッラー・ギュル大統領2008umi献花トルコ大統領1
日本とトルコとは
アジア大陸の東西に隔たる遠い国。
しかし、一艘の難破船を巡る善意から生まれた親善。

それは百年を超えてなお、強い絆として両国を結んでいる

miurku 線1

補足↓
60秒でわかるトルコという国柄

漫画で綴るエルトゥールル友好物語


関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1535:お茶猫と同じにほっとしました^^ by かたくり on 2011/03/21 at 13:39:33


 未来永劫
 トルコと日本の友情物語は
 続いて欲しいですし、語り継がないとって
 思いますね♪
トルコでの恩義に篤い
 語り継ぐ教育の素晴らしさを
 実感出来ますね。

 (´ω`*) ホッとしてます。

1537:かたくりさま^ω^ by ミルク on 2011/03/21 at 14:22:24

ようやく終わりました。(^^;しかし、手直しがまだございまして。

最終話のトルコ大使のコメントのこの部分 ↓

トルコでは、まだ幼い子供たちでさえ、エルトゥールル号にまつわる出来事を知っています。

↑また赤字フォントでお願いします。(大事な部分)

あと、(6)から(8)辺り、サブタイトルの両端にー ←ハイフンを付けたのですが、字と紛らわしいので、すみませんが、外して中央揃えにして下さい。そして、(12)のサブタイトルの一世紀の一の部分、1世紀に変更して下さい。

度々お手数かけます。m(_ _)m最後の画像資料です。

エルトゥールル号 遭難慰霊碑で追悼するトルコ共和国の
アブドゥッラー・ギュル大統領 ↓

http://cotodama-6000.iza.ne.jp/images/user_temp/20080524/266441_220_230.jpg

1546:国花チューリップは、トルコからヨーロッパへ by かたくり on 2011/03/21 at 23:05:14


 チューリップの花言葉

「博愛」「思いやり」「名声」「恋の宣言」

  色によっても違うらしい
   ↓

 http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_141.html

1564:胸に沁みました。。 by kiki on 2011/03/22 at 23:37:50 (コメント編集)

温かい心と心の交流。
これに勝る幸せはないと思います。
言葉も国境も関係無いんですね。
そう思えば、世界平和だって、実現出来そうなのに。。

混沌とした今、いろんな情報の迷宮にはまりそうになるけど、
ミルクさんが、こうして、今心を込めて、このお話を紹介して下さる意味が、
解る気がします。
ここにまた、ミルクさんの暖かさもまた、読む人に伝わっています。

思い合う、美しさ。
深い感謝を忘れない。
良い学びをありがとうございました。

心の焦点をどこに合わすか、という事に、
日々注意深くいるようにしています。

暖かさ、優しさ、思いやり、
感謝、希望、勇気。

”愛”という状態。

この危機的と思えるような状況の中で、冷静な判断もしながら、
内面を、平静に、愛で満たす。
。。高度です。。

まず、反対の想念が出てきますから。
それを、判断しないで観察してから、
丁寧に変換し続けています。

このお話を読んで、その為のチカラになりました。
どうもありがとう。




1570:kikiさま^ω^ by ミルク on 2011/03/23 at 00:13:05

ありがとうございます。m(_ _)mでもでも、今回も修正や訂正が多くて、かたくりさまにもお手間をかけました。(^^;

他人同士、ましてや人種も文化も異なる相手とここまでお互いの理解と友好、信頼関係を築く為には何をすべきか、
どれほどまでの誠実な努力をしなければならないのか、という事をミルク自身思い知らされました。

それは決して容易い事ではない、しかし、とても意義のある素晴らしい行為ですね。^ω^

kikiさまも心に深く染み入る素敵な詩にも、感銘を受けます。^ ^

これからも、kikiさまに出来る癒やしを与えて下さいね。
(●^ω^●)ノ☆♪

1572:お彼岸の時期に by かたくり on 2011/03/23 at 09:43:07

 日本人共通のご先祖様達を知る
 絶好の話題になりました♪

 日本人のご先祖様達は、
 このようにさりげなく
 深い愛情ある行為を
 実行出来る人々だという事が
 理解出来た事、そして
 トルコ人がこんなにも仁に篤い人々だという
 事が理解できた事。
 
 本来、人が持つ最高の気持ちを
 互いに分け与えられるという証明を
 した出来事だと思います。

 この他にも
 尊い行為をどのような状況下においても
 示してきた日本人の話があります。
 
 現在の日本人は、これらの事をお手本に
 それぞれの環境の中でそれぞれが
 さりげなく出来るのは何かを
 考えておくことは、大事ですよね。

 何時起きても対応出来るように・・・。
 σ(・・*)も奮闘努力を。(=^・^=)b

1573:本当に勉強になりましたm(__)m by ぽんた on 2011/03/23 at 11:07:28 (コメント編集)

日本とトルコの間に、このような義理人情物語が、あったなんて知りませんでした。ミルクさんが、紹介していただいたことにより本当に勉強になりましたm(__)mありがとうございましたm(__)m

1577:ぽんたさま^ω^ by ミルク on 2011/03/23 at 13:23:03

いえいえ、こんなミルクがやっていることでも、お役に立てれば嬉しいです。(^^

ぽんたさまからの新しい記事紹介も、楽しみにしています。
(●^ω^●)ノ☆♪

1580:心 温まる学び by クローバー on 2011/03/23 at 16:00:59 (コメント編集)

ミルクさん
素晴らしい連載ありがとうございました(*^_^*)

エルトゥールル号の遭難は、
とても痛ましい出来事だったけれど、
現代を生きる私達に残してくれた、
心の財産、宝物は計り知れなく大きいです。

私達は、このような事実を
埋もれさせてはいけませんね。
トルコの方々が 長きに渡り
恩を忘れず 後世に語り継ぎ、
感謝の気持ちを失わないでいてくれた…
凄い事だと思います。

今度は 私達日本人が学び、感謝しなければ!
今後も素晴らしい両国間の関係は揺るぎない♬

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(=´∀`)人(´∀`=)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

4023:親日国トルコとの外交。一面で安倍総理訪問を報道。 by かたくり on 2013/05/05 at 09:15:16


 yomiuri

「安倍首相訪問、
 1面で大々的に報じた親日国」

 
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130504-OYT1T00604.htm

  ★GW中も素晴らしい外交努力。
   お疲れ様です。
   これからは、親日国を大事に
   大切に外交して頂きたいですね。

   台湾、インドやトルコや
   中東の親日国、
   東南亜細亜の親日国も含めて
   大事に良い関係が構築される事を
   願いますね。
 

     

   トルコ

▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR