カウンター アクセスカウンター 「ひふみ神示(日月神示)」(上巻)岡本天明・筆ー超解釈(2) - 和気藹々 ほっとひといきブログ
FC2ブログ
RSS

「ひふみ神示(日月神示)」(上巻)岡本天明・筆ー超解釈(2)

ayameと富士

メリカもギリスは更なり、ドイツもイタリもオロシアも、外国は一つになりて神の国に攻め寄せてくるから、その覚悟で用意しておけよ。神界ではその戦の最中ぞ。学と神力との戦と申しておろがな。どこからどんなことできるか、臣民にはわかるまいがな。一寸先も見えぬほど曇りておりて、それで神の臣民と思うているのか.

 いまや政治的にも経済的(金融・食糧・エネルギー)にもアメリカに首の根っこを押さえられ、まさにアメリカの属国となってしまっているこの哀れな日本に、いまさらアメリカ、イギリス、ドイツ、ロシアなどの国が一つになって攻め寄せるというのは、どう考えても理解できません。この国は、アメリカがその気になればいつでも息の根を止められる状態にあるからです。
  しかしながら、いまあげた国々を実質的に支配している陰の世界政府の、その頂点に近い位置にいると思われるフリーメーソンのパッヂが、世界地図をバックに蛇が日本を飲み込もうとしている姿であることを考えますと、やはり日本は特別な破壊の対象なのだろうと思います。
  武力の戦いではなく、学と神力の戦いなのです。学はすなわち西洋の物質第一主義と科学万能主義。いまではその教えに完全に毒されてしまった日本人です。物質的な繁栄を追求してきた結果、世界に誇れる豊かな自然に囲まれた国土を、政治家とそれに連なる一部の特権階級が利権を得るためにコンクリートで固めて息のできない状態にしてしまいました。
  ハンバーガーなどアメリカではジャンクフード(くず食)と呼ばれている食べ物をはじめとして、肉食を中心に組み立てられた食生活の乱れは、日本人の魂までも波長の粗いものに変えてしまいました。「それで神の臣民と思うているのか」というお怒りももっともと思えるような情けない状態です。
(なわ・ふみひと氏解釈)

 一二三(ひふみ)の仕組みが済みたら三四五(みよいづ)の仕組みぞと申してありたが、世の本の仕組みは三四五の仕組みから五六七(みろく)の仕組みとなるのぞ。五六七の仕組みとは弥勒の仕組みのことぞ。獣(けもの)と臣民とハッキリ判りたら、それぞれの本性出すのぞ。今度は万劫末代のことぞ。気の毒できるから洗濯大切と申してあるのぞ。今度お役きまりたらそのままいつまでも続くのざから、臣民よくこの神示よみておいてくれよ。

 五六七(みろく)の仕組みとは「ミロクの世」のことを指していると思われます。つまり新しい世界のことです。そこでは獣と臣民とがハッキリわかるとのこと。そして、獣はその本性をあらわにするということです。仏教では六道輪廻といって、人は「天上→人間→修羅→畜生→餓鬼→地獄」と生まれ変わると教えています。最近の霊界通信によると、人は動物に生まれ変わることはないという説もありますが、まだ確たる証拠はありません。むしろ、その逆である場合、つまり人が牛や馬などの家畜に生まれ変わったという事例はいろいろ報告されています。
 私は、終末において獣側に分けられた人の行方について未だに確信が持てないのです。桑原啓善さんのように「最終的には人類はすべて救われるのだ(新しい世界に行くのだ)」という人がいる反面、聖書やひふみ神示を読むと、やはり獣側に行く人は次元上昇することはできないような気がします。
 新しい世界、つまりミロクの世では、その人の魂の状態は決定してしまうと述べられています。「今度お役きまりたら、そのままいつまでも続くのざから‥‥」ということです。獣の本性を出した者は、そのまま獣になってしまうのではないのかと気になります。(なわ・ふみひと氏解釈)

 喰う物がないと申して臣民不足申しているが、まだまだ少なくなりて、一時は喰う物も飲む物もなくなるのぞ。何事も行であるから喜んで行してくだされよ。滝に打たれ、蕎麦粉喰うて行者は行しているが、断食する行者もいるが、今度の行は世界の臣民みな二度とない行であるから、厳しいのぞ
 今度の御用に使う臣民、はげしき行さして神うつるのぞ。今の神の力は何も出てはおらぬのぞ。この世のことは神と臣民と一つになりて出来ると申してあろがな。早く身魂磨いてくだされよ
 外国は○、神の国はゝと申してあるが、ゝは神ざ、○は臣民ぞ、○ばかりでも何も出来ぬ。ゝばかりでもこの世のことは何も成就せんのぞ。それで神かかれるように早う大洗濯してくれと申しているのぞ。神急(せ)けるぞ。この御用大切ぞ。神かかれる肉体たくさん要るのぞ。今度の行は○を綺麗にする行ぞ。掃除できた臣民から楽になるのぞ。どこにおりても掃除できた臣民から、よき御用に使って、神からお礼申して、末代名の残る手柄立てさすぞ


 わが国が食べ物がなくなる状態は容易に想像することができます。いま野菜や魚などの生鮮食品においても、輸入に依存する率は年々高まる一方です。なによりも大豆やトウモロコシといった、牛や豚の餌となる飼料の90%以上が輸入によるものですから、世界的な異常気象がつづくなかで、これらの輸入が制限される日は確実に来ます。そして、そう遠くないと見ています。そうなれば、牛も豚も養うことができなくなるのです。 ひふみ神示では、「喰うものがなくなるのも行である」と教えています。私流に解釈しますと、飽食に明け暮れ、食べ物のありがたさを忘れた国民のカルマの清算であろうと思います。断食修行などと同じ効果で、そのような食べ物も十分にない状態では肉体の波動が高まりますから、神がうつりやすくなるのかも知れません。今回の立て直しは神と人とが一体になってやらなくてはできないわけですから、神がかかれる肉体がたくさん要るとおっしゃっています。私たちの魂と肉体の洗濯と掃除が急がれているということです。

 今は善の神が善の力弱いから善の臣民苦しんでいるが、今しばらくの辛抱ぞ。悪神総がかりで善の肉体に取りかかろうとしているから、よほどフンドシしめてかからんと負けるぞ。親や子に悪の神かかりて苦しい立場にして、悪の思うとおりにする仕組み立てているから気をつけてくれよ。神の、も一つ上の神の世の、も一つ上の神の世の、も一つ上の神の世は戦済んでいるぞ。三四五から五六七の世になれば、天地光りて何もかも見えすくぞ 
 悪の世であるから悪の臣民世に出てござるぞ。善の世にグレンとひっくり返ると申すのは、善の臣民の世になることぞ。今は悪が栄えているのざが、この世では人間の世界が一番おくれているのざぞ。草木はそれぞれに神のみことのまにまになっているぞ。一本の大根でも一粒の米でも何でも、貴くなったであろが。一筋の糸でも光り出てきたであろがな。

 高位次元の神霊界では、善の神と悪の神の戦いが先行して行なわれているようです。それが、一定の時間をかけてこの三次元の世界に移写されてくるわけです。すでに最高位の次元では決着はついているのですが、悪の神が最後の悪あがきをして、人間の肉体に取りかかろうとしているとのことです。善の臣民の親や子を人質にして、悪の思うとおりにしようとしているとは、何ともリアルな表現です。しかし、弥勒の世となれば、天地が光ってすべてがお見通しになるということです。 いまは悪の世となっているとのこと。そのために悪の臣民が世の中を牛耳っているというわけです。悪が栄えているのです。今の世の中を見渡せば、その意味は十分理解できます。それがグレンとひっくり返って、社会の下積みとなっている人たちの世の中になるということです。植物(草木)はすでにそのような神の命を反映しているのだそうです

 臣民が本当のつとめしたなら、どんなに尊いか、今の臣民には見当とれまいがな。神が御礼申すほどに尊い仕事出来る身魂ぞ殊に神の国の臣民みな、まことの光あらわしたなら、天地が輝いて悪の身魂は目あいておれんことになるぞ。結構な血筋に生まれていながら、今の姿は何事ぞ。神はいつまでも待てんから、いつ気の毒出来るか知れんぞ。戦恐れているが、臣民の戦くらい何が恐いのぞ。それより己の心に巣くうてる悪のみたまが恐いぞ。

 特に神の国の臣民(日本人)がまことの光を表したら、天地が輝く世の中になるということです。神がしびれをきらすと臣民に気の毒ができるから、我慢して待っていただいてるわけです。一番恐いのは、人の心に巣くっている悪の身魂と言われています。個人の利益優先の今の生き方のことを指していると思われます

クローバーライン小
★☆彡★
下記の神示は、深い意味がありそうですね。
現在言われている次元上昇(アセンション)や
エレニン彗星を思わせる記述があります。↓

★☆彡★
 あらしの中の捨て小舟ぞ。どこへ行くやら行かすやら。船頭さんにも分かるまい。メリカ、キリスは花道で、味方と思うた国々も、一つになりて攻めて来る。梶も櫂さえ折れた舟、どうすることもなくなくに、苦しい時の神頼み、それでは神も手が出せぬ。腐りたものは腐らして、肥料になりと思えども、肥料にさえもならぬもの、たくさん出来ておろうがな。北から攻めて来るときが、この世の終わり始めなり。天にお日様一つでないぞ。二つ三つ四つ出てきたら、この世の終わりと思えかし。この世の終わりは神国の始めと思え臣民よ。神々様にも知らすぞよ。神はいつでもかかれるぞ。人の用意をいそぐぞよ

 この神示は他とは違って七五調で歌われており、ひふみ神示の要約のような内容となっています。読んでいただければ理解できる内容ですが、「北から攻めて来る」「天にお日様一つでないぞ」という表現が気になります。ひふみ神示には「北に気をつけよ」という表現がたびたび出てきます。ロシアが攻めてくるという考え方もありますが、どうもそういうレベルのことではないようです
 太陽らしきものが2つ、3つ、4つと出てきたら、この世の終わりの始まり、つまり地球が次元上昇して新しい弥勒の世が始まるということです。その時には、神がかかれる肉体が必要となるとここでも強調されています。終末に複数の太陽が出るということはノストラダムスの予言にも書かれています。どうやらそれは彗星のようですが‥‥。
クローバーライン小

 一握りの米に泣くことあると知らしてあろがな。米ばかりでないぞ。何もかも臣民もなくなるところまで行かねばならんのぞ。臣民ばかりでないぞ。神々様さえ今度はなくなる方あるぞ。臣民というものは目の先ばかりより見えんから、呑気なものであるが、いざとなりての改心は間に合わんから、くどう気つけてあるのぞ。日本ばかりでないぞ。世界中はおろか三千世界の大洗濯と申してあろうがな。神にすがりて神の申す通りにするより外に道ないぞ。それで神々様を祀りて、上の御方からも下々からも朝に夕に言霊がこの国に満つ世になりたら、神の力現すのぞ。

 一握りの米さえ手に入らないことになるようです。いや、米ばかりか臣民もなくなり、神々様さえなくなる方あるとか。守護霊や背後霊として霊界にいる神的存在もなくなるケースが起こるのです。今回の立て替え・立て直しは、霊界も含めた大洗濯だからです。

 江戸と申すのは東京ばかりではないぞ。今のような都会みなエドであるぞ。江戸はどうしても火の海ぞ。それより外やり方ないと神々様申しておられるぞよ。神のこのふみ早う知らしてやってくれよ

江戸はどうしても火の海だとか。単に「東京」ということではなく、「都会全般」のことを言っていると念が押してあります。

 あちこちに臣民の肉体かりて予言する神がたくさん出ているなれど、九分九厘はわかりておれども、とどめの最後はわからんから、この方に従いて御用せよと申しているのぞ。砂糖にたかる蟻となるなよ。百人千人の改心なれば、どんなにでもできるなれど、今度は世界中、神々様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も、三千世界の大洗濯ざから、そんなチョロコイ事ではないのざぞ。ぶち壊しできても建て直しわかるまいがな。
 火と水で岩戸開くぞ。智恵や学でやると、グレンとひっくり返ると申しておいたが、そう言えば智恵や学は要らんと、臣民早合点するが、智恵や学も要るのざぞ。悪も御役であるぞ。この道理よく腹に入れてくだされよ。天の神々様、地に御降りなされて、今度の大層な岩戸開きの指図なされるのざぞ。


 「臣民の肉体かりて予言する」とあります。かくいう私の潜在意識の中にも、そういう高位次元からのメッセージが届いていて、私はそれを自分の考えと思ってご紹介しているのかもしれません。 今度の立て直しは「神々様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も」とあります。そういう霊的存在も改心させないといけないわけです。岩戸開きは火と水。火山の噴火や台風、洪水、地震からくる火災、山火事などが考えられます。あるいは、地球の人口削減を狙う陰の世界政府によって仕組まれる戦争なども「岩戸開き」のために引き起こされるのかも知れません。
 知恵や学は悪だということですが、その悪にも御役(働き)があるようです。この意味はまだわかりません。
天の神々様(霊界など高位次元の存在)が地に(この三次元の物質世界に)下りてこられるということですが、これは「人に懸かる」という形をとると思われます。懸かられた人にはその自覚はなく、すべて自分の考えで行動しているように感じるのです。このように、神は人を使ってこの世に介入するしかないのです。同様に悪神と呼ばれる存在も、波長の合う人に懸かって次元上昇の邪魔をすることがあるでしょう。

 神の申すこと違ったではないかと申す臣民も今に出てくるぞ。神は大難を小難にまつりかえているのに分からんか。えらいむごいこと出来るのを小難にしてあること分からんか。ひどいこと出てくること待ちているのは邪のみたまぞ。そんなことでは神の臣民とは申されんぞ。臣民は神に、わるいことは小さくしてくれと毎日お願いするのが務めぞ。

 大難を小難にするために、神は日夜の努力をされているわけです。天変地異をはじめ、終末には人類にとって悲惨な状態が起こると予測されていますが、それを待つ心は邪の心というわけです。神の臣民はやはり、大きな災害などが起こらないように祈る心が大切だと言われています。ここが、この神示の素晴らしいところです。ただ恐怖させるだけの、他の多くの神示とはひと味違います。

 神示は印刷することならんぞ。この神示説いて臣民の文字で臣民に読めるようにしたものは一二三(ひふみ)と申せよ。一二三は印刷してもよいのざぞ。印刷結構ぞ。この神示のまま臣民に見せてはならんぞ。(中略)
 日本ばかりでないぞ。国々のところところに仕組みして神柱つくりてあるから、今にびっくりすること出来るのざぞ。世界の臣民みなに喜ばれるとき来るのざぞ。五六七(みろく)の世近づいて来たぞ。富士は晴れたり日本晴れ、富士は晴れたり日本晴れ。善ひとすじとは神ひとすじのことぞ


 ひふみ神示の原文は「一、二、三」といった和数字が並べられたもので、読んでも何のことか全くわかりません。その原文は臣民に見せてはいけないとのことです。霊的素養のある人によって翻訳されたものは「一二三(ひふみ)」として、印刷してもよいとのことです。
 ひふみ神示の冒頭は「富士は晴れたり日本晴れ」という表現から始まっています。善ひとすじ、すなわち神ひとすじの世が近づいているということです。

 この神示(ふで)読んでうれしかったら、人に知らしてやれよ。しかし、無理には引っ張ってくれるなよ。この神は信者集めて喜ぶような神でないぞ。世界中の民みな信者ぞ。それで教会のようなことするなと申すのぞ。世界中大洗濯する神ざから、小さいこと思うていると見当とれんことなるぞ。

  この神示の内容は人に知らせ、気づきを広げなさいと言われています。しかし、気づきは自発的なものですから、きっかけは与えても無理には引っ張るなということです。「ひふみ教」の信者が増えることが神さまの喜びではないのです。なぜなら、世界中の人民は最初からみな信者だからということです。自覚しているかどうかは別にして‥‥。
  これから世界中の大洗濯をされる元の神さまですから、他の神さまと比較はできない高位次元の存在なのです。概念的には「地球神」という感じでしょう。その神が、霊的に澄んだ日本という国と、そこに住む人民を使って、いよいよ世界の大洗濯にかかっておられると考えていいと思います

※※※解釈・解説は、すべて(なわ・ふみひと氏)
クローバーライン小
★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*
ひふみ神示は、声に出して読むようにと言われています。
ご縁があって読まれている方は、
自分の周囲の見えない世界までが喜ぶと言われている
この神示を声を出して読んでみてください^^
 この神示(ふで)皆に読み聞かしてくれよ。一人も臣民おらぬ時でも声出して読んでくれよ。まごころの声で読んでくれよ。臣民ばかりに聞かすのでないぞ。神々さまにも聞かすのざから、そのつもりで力ある誠の声で読んでくれよ

今後日本だけじゃなく、世界中が激しい天変地異に見舞われる時になりました。
今こそ、チャンス到来なのだと思います。

かたくり

関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: Illust
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Translation翻訳

魂の掛け軸

最新記事

わきあいRSS記事画像

RSSリンクの表示

最新コメント

カテゴリ

ごあいさつ (10)
宇宙・UFO・ET関連 (11)
地球の変容とアセンション (42)
神秘・預言・予言 (28)
竹内文書・皇祖皇太神宮・古代史 (14)
出口王仁三郎・ひふみ(一二三・日月)神示 (98)
一二三(ひふみ・日月)神示:一二三祝詞 (6)
出口王仁三郎・ひふみ神示(一二三・日月神示) (92)
日本列島は世界のひな型・相似形 (13)
日本と世界の近代史 (5)
生命科学 ライフサイエンス(Life Science) (4)
災害・食糧危機・お役立ち情報 (22)
原爆・原発 (4)
日本再生を模索する普通の人々 (3)
日本の誇りと自慢 (6)
陰謀と世の中おかしいこと (10)
陰謀 (4)
本当に何かがおかしい (4)
温暖化問題とそして風力発電所問題 (1)
洗脳問題 (3)
あなたの洗脳度をチェックしてみましょう。 (2)
政治関連・国際情勢 (4)
日本が世界中から愛される秘話 (12)
世界の愛すべき秘話 (2)
ほっとする話 (6)
和気藹々 ほっとニュース (6)
ほのぼのニュース・発明・発見ニュース (3)
ブレイクタイム・軽い話 (1)
風刺・時事川柳 (1)
和気藹々 談話室♪ (19)
ほっとする音楽 YouTube 動画紹介 (9)
ほっとする音楽 (1)
個別推薦YouTube音楽動画 (8)
お勧め動画・URL (2)
マイ・フィーリング(心情・ポエム) (21)
このブログへの想い・難しいね! (5)
Each room (17)
ミルクの小話・ひとりごと (6)
ぽんたルーム (11)
更新および連絡・質問 (3)
未分類 (1)

検索フォーム

全記事表示リンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

和気藹々ブログ歴

47news

プロフィール

かたくりto ・ほっとひといきチーム

Author:かたくりto ・ほっとひといきチーム
ようこそ!和気藹々 ほっとひといきブログへ!
知的好奇心旺盛な癒し系からほのぼの系まで個性的なひといきチームとご一緒に♪

全国放射能測定値

全国の数値がわかります。

コガネモチ

忍者AdMax

未来の免許証!?

今後必要になる?

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR